グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る
更新日:2019/12/30

プロペシアのジェネリック

プロペシアは世界初のAGA(男性型脱毛)の治療薬です。
主成分であるフィナステリドが抜け毛を促進させる物質の働きを抑えます。
現在60カ国以上の国で使用されており、日本のAGAクリニックでも最も多く処方される薬です。
現在は、プロペシアのジェネリック医薬品も多く登場しており、より購入しやすくなっています。

プロペシアのジェネリック売れ筋ランキング

プロペシアのジェネリック一覧

閲覧履歴

プロペシアとは

プロペシアは主成分のフィナステリドにより、AGAの原因となる男性ホルモンの働きを抑え、発毛を促す効果があります。
世界で初めてAGAの治療薬として認可された薬で、日本では2008年に認可されました。
プロペシアが認可されて以降、一気にAGAの知名度は広がり、多くの人が治療に取り組んでいます。

なお、プロペシアを飲むことで、髪の毛をすぐに生やすことはできません。
プロペシアは髪のヘアサイクル(※発毛から脱毛までのサイクル)を正常に戻すことでAGAを改善する効果があります。
AGAの人は、ヘアサイクルが乱れており、髪が成長せずに抜けてしまうことで、髪が少なくなっていきます。

髪のヘアサイクルを整えるには、長い期間が必要です。
そのため、続けやすいジェネリックを選んだり、価格の安いサイトを見つけることは大切なことです。

プロペシア・ジェネリックの効果

プロペシア・ジェネリックには、先発薬である世界初のAGA治療薬、プロペシアと同じ主成分フィナステリドが含まれています。
フィナステリドには、主に下記の3つの効果があります。

■男性型脱毛症の進行を抑制
■増毛効果
■髪質(長さや太さ)の改善

AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が毛髪の成長を妨げることで起こります。

ジヒドロテストステロンは毛髪が生え変わるヘアサイクルを乱すため、毛髪が太く長く成長する前に抜け落ちてしまい、薄毛や抜け毛が進行します。

それに対し、フィナステリドにはジヒドロテストステロンの生成を阻害する効果があります。

ジヒドロテストステロンを減少させることで、毛髪のヘアサイクルが正常な状態へと改善されます。

ヘアサイクルが正常に戻ると、細くて短い毛髪から長く硬い髪へと成長するため、薄毛や抜け毛が改善されます。

フィナステリドの脱毛の進行を抑制する効果は、国内の臨床試験では半年で服用者の48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%の人に薄毛の改善効果が見られたという結果が出ています。

また、フィナステリドは頭頂部の薄毛や抜け毛だけでなく、額の生え際の薄毛や抜け毛にも効果があります。

プロペシア・ジェネリックの服用期間

プロペシア・ジェネリックは、服用してすぐに髪を生やすものではありません。

乱れたヘアサイクルを正常に戻すためにも、プロペシア・ジェネリックは1日1回の服用を6ヵ月以上継続する必要があります。

人によっては、服用してから3ヵ月でAGAに対する効果が発現することもありますが、効果の発現には個人差があります。

そのため、通常は効果が確認できるまで6ヵ月間は継続服用してください。

なお、服用量を増量しても効果が増強することは確認されていません。

そのため、効果の早期発現や効果増強を期待して、服用量を増量することは控えましょう。

プロペシア・ジェネリックを服用する時は、最低でも6ヵ月以上は継続することを意識して服用してください。

プロペシア・ジェネリックの値段

プロペシア・ジェネリックは、先発薬であるプロペシアよりも低価格で購入できるというメリットがあります。

当サイトで取り扱っているプロペシアは、28錠で7,740円です。

一方、プロペシア・ジェネリックの値段は、フィナクスであれば30錠1,280円フィンペシアであれば30錠1,350円で購入できます。

先発薬のプロペシアと同様の効果を得られると同時に、プロペシアの値段より6,000円以上も安く購入できるため、経済的にAGAを治療できます。