グー薬局

×
上へ戻る
更新日:2019/12/30

ザガーロのジェネリック

ザガーロは日本の病院やクリニックでも処方されているAGA(男性型脱毛)の治療薬です。 有効成分のデュタステリドが、髪のヘアサイクルを整え、発毛を促します。 現在は、ザガーロのジェネリック医薬品も多く登場しており、より購入しやすくなっています。

ザガーロのジェネリック売れ筋ランキング

ザガーロのジェネリック一覧

閲覧履歴

ザガーロとは

ザガーロは主成分のデュタステリドにより、AGAの原因となる男性ホルモンの働きを抑え、発毛を促す効果があります。
日本では2015年に厚生労働省の認可が下り、2016年6月から処方されるようになりました。
国内で2番目に認可されたAGA治療薬であり、既存の治療薬よりも有効範囲が広く、強力な効果があるとして注目を浴びています。

ちなみに、ザガーロもプロペシアと同じく継続的に服用することで効果を得ることができます。

ザガーロのジェネリック医薬品で得られる効果

ザガーロは、プロペシアに続いて日本で2番目に認可されたAGA(男性型脱毛)の治療薬です。

ザガーロのジェネリック医薬品には、先発薬であるザガーロと同じ有効成分のデュタステリドが含まれています。

有効成分デュタステリドには、AGA(男性型脱毛)の進行を遅延する効果があります。

AGA(男性型脱毛)は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が、毛髪の成長を妨げることが原因で起こります。

ジヒドロテストステロンは、髪の毛が生え変わる周期のヘアサイクルを乱して、髪の毛の成長期を短くします。

成長期が短くなると、髪の毛は太く長く成長する前に抜け落ちてしまうため、薄毛や抜け毛が進行します。

デュタステリドは、AGA(男性型脱毛)の原因となるテストステロンの発生を抑える働きがあります。

この働きによってAGA(男性型脱毛)の進行を遅延させ、発毛や増毛を促します。

プロペシア以上の効果が期待できる

ザガーロのジェネリック医薬品に含まれる有効成分デュタステリドは、臨床試験において同じAGA(男性型脱毛)治療薬であるプロペシアよりも高い抜け毛防止効果が確認されています。

また、プロペシアは前頭部と頭頂部の薄毛部分のみに効果がありますが、てデュタステリドは前頭部と頭頂部だけでなく、側頭部や後頭部の薄毛部分に対しても効果を発揮します。

抜け毛防止の効果の高さや、より広範囲の薄毛に対して効果があることから、ザガーロのジェネリック医薬品にはプロペシア以上の強い効果が期待できます。

ザガーロのジェネリック医薬品の服用期間

ザガーロは、同じAGA(男性型脱毛)治療薬であるプロペシアと同様、服用してすぐに髪を生やすものではありません。

乱れたヘアサイクルを正常に整えるためには長期間の服用が必要であり、ザガーロのジェネリック医薬品は1日1回の服用を6ヵ月以上継続することが推奨されています。

人によっては、早ければ服用後3ヵ月でAGAに対する効果が発現する場合もありますが、効果の発現には個人差があります。

そのため、通常は効果が確認できるまで、6ヵ月は続けて服用する必要があります。

ザガーロのジェネリック医薬品を服用する時は、最低でも6ヵ月以上は継続することを意識して服用してください。

なお、服用量を増量しても効果が増強されるものではありません。

過剰な服用は控え、服用量を守ってAGA(男性型脱毛)を治療することが大切です。

ザガーロのジェネリック医薬品の値段

ザガーロのジェネリック医薬品は、先発薬であるザガーロよりも低価格で購入できます。

ザガーロは病院で処方される場合、30錠で9,000円程度かかるため、ジェネリック医薬品の方がより安価に購入できます。

当サイトで取り扱っているザガーロのジェネリック医薬品は、デュタストロンであれば30錠2,700円デュタスであれば30錠3,150円で購入することができます。

また、内容量がザガーロの3倍の100錠あるベルトリドは、ザガーロと同程度の価格の9,000円で購入が可能です。

AGA(男性型脱毛)の治療には、治療薬の継続的な服用が必要不可欠です。

そのため、ザガーロと同様の効果を得られ、ザガーロよりも低価格で購入できるジェネリック医薬品は高い人気があります。