グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

アフターピル

アフターピルは、避妊なしの性行為をした・避妊に失敗してしまったという性行為の後に服用する緊急避妊薬です。
性行為から24時間以内に服用できれば98%以上の確率で避妊でき、72時間以内の服用であれば84%の確率で妊娠を阻止できます。
服用できる時間にタイムリミットがあることと早い服用が避妊成功の鍵となることから、事前に購入している人が多い商品です。
グー薬局では多数のアフターピルを取り扱っています。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピル一覧

閲覧履歴

アフターピルとは

アフターピルとは、避妊をしなかった・できなかった性行為や、避妊していたけれど失敗してしまったという時に服用する緊急避妊薬です。
別名モーニングアフターピルとも呼ばれています。

アフターピルには女性ホルモンが多く含まれていて、服用することで女性ホルモンが体に作用し、排卵を抑制します。

また、子宮内膜を変化させることで受精卵の着床を防ぐことから、高い避妊効果が得られます。

アフターピルは高い確率で妊娠を阻止できますが、避妊効果を得られるのは性行為から72時間(3日)以内と制限があります。

性行為から12時間以内に服用できれば99.5%の確率で妊娠を阻止でき、24時間以内の服用であれば98.2%、72時間以内だと84%の妊娠阻止率があります。

服用する時間が短ければ短いほど妊娠を阻止できる確率が高くなるため、できるだけ早いタイミングで服用することが避妊成功の鍵となっています。

アフターピルの避妊方法

アフターピルの避妊方法には、ヤッぺ法とノルレボ法という2種類の方法があります。

従来はヤッぺ法というやり方が主流でしたが、今主流となっているのはノルレボ法です。

【ヤッぺ法】
中容量の避妊薬(プラノバール)を性行為後72時間以内に2錠服用する。

※1錠服用したあと、12時間後に2錠目を服用する。

特徴:安価だが副作用が起きやすい。
金額:約5,000円|妊娠阻止率約57%

【ノルレボ法】
ノルレボ錠(黄体ホルモン:レボノルゲストレル)を性行為後72時間以内に1錠服用する。

特徴:高価だが副作用が起きにくく、ヤッぺ法よりも避妊効果が高い。
金額:約15,000円|妊娠阻止率約85%

アフターピルの効果

アフターピルは、含まれている女性ホルモンが体に作用することで避妊効果を得ることができます。

排卵前に服用した場合は排卵を抑制して遅らせます。

排卵後に服用した場合は、子宮内膜を変化させることで受精卵の着床を阻害します。

他にも、子宮頚管の粘液を変化させて精子の侵入を防ぐことから、高い確率で避妊できます。

アフターピルの副作用

従来行われていたヤッぺ法では副作用が強いという問題点がありましたが、現在主流となっているノルレボ法は、副作用は比較的軽いとされています。

しかし、ノルレボ法でも大量のホルモンを1度に服用することになるので、体への負担は少なからずあります。

ノルレボ法でアフターピルを服用することで起きる副作用には、以下の症状があります。

・吐き気
・頭痛
・消退出血
・不正出血

最も多い副作用の症状は吐き気です。病院ではこの吐き気を抑えるために、アフターピルと吐き気止めを一緒に処方する所も多いです。

また、約5割の人に消退出血(通常の生理よりも量の少ない出血)の症状が現れるため、アフターピルを服用した後は生理用ナプキンの着用をお勧めします。

アフターピルの服用方法

アフターピルは、性行為から72時間以内に必ず服用してください。

水やぬるまと一緒に飲んでも問題ありません。

飲んだ後は副作用が現れることも考えて、できるだけ安静に過ごすことを心がけてください。

服用時の注意点

アフターピルは1度に服用できるのは1錠までです。2錠以上飲んだからといって避妊効果は変わりません。

むしろ過剰に服用することで副作用の症状が強く出るなど、体に負担をかける可能性があるので注意してください。

アフターピルを服用後、2時間以内に吐いてしまった場合は、避妊効果を得られない可能性があります。

アフターピルの効果を体に吸収するためには2時間程度かかるため、もし吐き出してしまった場合は、もう1度アフターピルを1錠服用してください。

必ず72時間以内に服用してください。72時間を超えて服用した場合、高い避妊効果を得られなくなります。

アフターピルを服用後、避妊に成功したかを確認するためにも早期妊娠検査薬の使用をお勧めします。

また、確実な結果を知りたい場合は病院で1度診察を受けてください。