グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

低用量ピル

低用量ピルは、女性が主体的に選べる避妊方法です。毎日の服用で100%に近い避妊効果を得ることができます。

また、高い避妊効果だけでなくニキビなどの肌トラブルや多毛症の解消、生理不順やPMS(月経前症候群)の症状緩和にも役立ちます。

グー薬局では、低用量ピルの中でも人気のマーベロンやトリキュラー、ダイアン35など様々な低用量ピルを取り扱っています。

低用量ピル売れ筋ランキング

低用量ピル一覧

閲覧履歴

低用量ピルとは

低用量ピルとは、女性ホルモンの成分が含まれた経口避妊薬(OC:oral contraceptives)です。

毎日1錠の服用を継続することで、配合されているホルモン成分の働きにより、100%に近い避妊効果を得られます。

元々、経口避妊薬は高容量ピルや中容量ピルなど、ホルモン量の多いものが使用されていました。

しかし、避妊効果を得られる一方で吐き気などの副作用の症状が重かったため、副作用や体への負担を減らすために、低用量ピルが開発されました。

低用量ピルは、高容量ピルや中容量ピルに比べると含まれるホルモン量が少ないため、その分副作用が軽減されています。

副作用が少なくなった分より服用しやすくなり、低用量ピルは現在では最も服用されている経口避妊薬となっています。

低用量ピルは、コンドームなどの避妊具よりも確実に避妊が行えるため、海外では多くの女性が避妊のために服用しています。

低用量ピルの避妊効果

低用量ピルには、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されています。

低用量ピルを服用すると、この2種類のホルモンの働きによって体が妊娠中に近い状態になります。

この状態を脳は妊娠したと錯覚するため、排卵が抑えられます。

また、子宮頚管の粘液を変化させることで、精子が子宮に侵入することを防ぎます。

さらに、仮に受精したとしても子宮内膜の増殖を抑制することで、受精卵が子宮に着床することを防ぎます。

ただし、高い避妊成功率を確実に得るためには、毎日欠かさず1錠の服用を継続することが必要となります。

飲み忘れが続くと避妊効果が下がってしまうので、低用量ピルは服用する時間を決めて毎日の服用を習慣化することが不可欠です。

低用量ピルで得られる避妊以外の効果

低用量ピルは、服用することで月経周期が安定するため、生理不順が解消されて毎月正しく生理がくるようになります。

また、酷い生理痛の痛みを軽減したり、生理の出血量を減らすので月経過多の症状を改善します。

さらに、生理前・生理時に感じる頭痛や腰痛、イライラ、気分のムラ、うつ、脱力感といったPMS(月経前症候群)の症状緩和にも役立ちます。

その他にも、ニキビなどの肌トラブルや多毛症を解消するなど、避妊効果以外にも女性に嬉しい様々な効果を得ることができます。

そのため、本来の避妊効果を得るためだけでなく、月経痛の改善や生理周期の安定化、PMS(月経前症候群)の症状を和らげることを目的として低用量ピルを服用する人も増えています。

※参考サイト:Wikipedia|経口避妊薬