こんにちは、ゲスト
上へ戻る

更新日:

ニキビに効く薬を紹介

ニキビに効く薬を紹介

ニキビは思春期以降に発症し、国内では9割以上の方が経験している慢性の炎症性疾患です。

軽視されることも多い疾患ですが、放置すると跡が残ることがあるため早期に適切な治療を受けることが必要になります。

この記事ではニキビに悩んでいる方を対象に、ニキビに効く治療薬の種類選び方、注意点などをご紹介していきます。

ニキビに効く薬

ニキビに効く薬

ニキビに効く治療薬には、主に次のような種類が挙げられます。

・イソトレチノイン
・ミノマイシン
・過酸化ベンゾイル、クリンダマイシン配合剤 など

※出典:cochranelibrary-Oral isotretinoin for acne
日本皮膚科学会-尋常性ざ瘡治療ガイドライン2023

これらは、いずれも抗炎症作用、抗菌作用を持つ治療薬です。
炎症やニキビの原因となる細菌の増殖を抑制するため、症状が悪化した重症のニキビにも効果が期待できます。

ただし、効率的に治療をするためにはニキビの種類に応じて、適切な種類の治療薬を選択することが重要です。

ニキビに効く薬の種類

ニキビ治療薬には、以下の一覧表の通り非常に多くの種類があります。

種類 特徴
過酸化ベンゾイル(べピオなど) ニキビの原因となる細菌の増殖を抑えたり、毛穴の閉塞を改善することでニキビを減らす医薬品。
ゲル剤とローション剤があり、病態に合わせて選択できる。
過酸化ベンゾイル/クリンダマイシンの配合剤(デュアック配合ゲル) ニキビの原因となる細菌の増殖を抑えたり、毛穴の閉塞を改善することでニキビを減らす過酸化ベンゾイルと、ニキビの原因であるアクネ菌に対する抗菌作用や皮膚への抗炎症作用などがあるクリンダマイシンの配合剤。
過酸化ベンゾイル/アダパレンの配合剤(エピデュオゲル) ニキビの原因となる細菌の増殖を抑えたり、毛穴の閉塞を改善することでニキビを減らす過酸化ベンゾイルと、ニキビを初期段階で治療し炎症の強いニキビへの移行を防ぐアダパレンの配合剤。
アダパレン(ディフェリンゲルなど) ニキビを初期の段階で治療し赤いニキビを減らし、炎症の強いニキビへの移行を防ぐ医薬品。
外用薬。
抗生物質
・ミノマイシン(内服薬)
・ゼビアックス(外用薬)
・アクアチム(外用薬)
・クリンダマイシン(外用薬)など
炎症の強い赤ニキビや黄ニキビの治療において使用する。
内服薬と外用薬がある。
イソトレチノイン ビタミンA誘導体の一種で皮脂分泌や角化異常を抑制する。
アクネ菌に対する抗炎症作用もある。
日本では未承認。
イソプロピルメチルフェノール アクネ菌の増殖を防ぐ
レゾルシン アクネ菌の増殖を防ぐ
イブプロフェンピコノール 炎症を抑える
グリチルリチン酸ニカリウム 炎症を抑える
グリチルレチン酸 炎症を抑える
イオウ 余分な皮脂を取り除く
アゼライン酸 小麦、大麦、ライ麦などの穀類に含まれる成分。
皮脂の分泌や角化異常を抑制する作用、抗炎症作用、抗菌作用などが報告されている。
漢方薬
・荊芥連翹湯
・清上防風湯
・十味敗毒湯など
ニキビ治療の補助的な役割で使用する。
ビタミン剤
・シナール
・ハイチオール
・ノイロビタン
・ユベラなど
体質改善やニキビ予防、ニキビ治療の補助的な役割で使用する。

ニキビ治療薬の種類が多い理由は、ニキビにはいくつかの進行段階があり、必要なケアが異なるためです。

ニキビ治療薬の作用には、ニキビの原因となる細菌の増殖や炎症を抑制したり、余分な皮脂を取り除き毛穴の閉塞を改善する作用などがあります。
これらを、ニキビの進行段階によって使い分けるのです。

そのため、ニキビ治療薬には多くの種類が存在しています。

皮膚科で処方される薬

皮膚科で処方されるニキビ治療薬には、主に以下のような種類があります。

・過酸化ベンゾイル
・アダパレン
・抗生物質
・イソトレチノイン など

以前は抗生物質が中心でしたが、現在では様々な種類のニキビ治療薬が処方されています。
いずれも効果が強い治療薬である反面、副作用のリスクがあるため市販はされておらず、購入には医師の診察が必要です。

特に、イソトレチノインは強力な効果があるニキビ治療薬ですが、日本では未承認薬です。
購入するには自由診療をおこなっている病院で処方してもらうか、あるいは処方箋をもらった上で、個人輸入する方法があります。

なお、当サイトでもイソトレチノインのジェネリック医薬品の購入が可能です。

市販されている薬

市販されているニキビ治療薬には、主に次のような商品が登場しています。

○余分な皮脂を取り除く成分配合の市販薬
・クレアラシル ニキビ治療薬クリーム
・エスカメル

○細菌の増殖を防ぐ作用がある市販薬
・ペアアクネクリームW
・メンソレータムアクネス ニキビ治療薬

○抗炎症成分を配合した市販薬
・アポスティークリーム
・クレアラシル ニキビ治療薬クリーム

市販のニキビ治療薬は副作用などのリスクが少なくドラッグストアなどで手軽に購入できることがメリットです。

しかし、効果は処方薬と比較するとマイルドであるため、1ヶ月ほど使用しても症状が改善しない場合や、炎症が強い場合などは皮膚科を受診するようにしてください。

ニキビに効く薬の選び方

ニキビ治療薬は、症状の進行段階に合わせて選ぶことが重要になります。
症状の進行段階に応じて、以下のように効果的な治療や成分が異なるためです。

第一段階 第二段階 第三段階
皮脂(面皰)が毛穴にたまった状態。 面皰が炎症を起こしたり、化膿した状態。 皮膚の下に膿がたまった袋の嚢胞ができたり、硬く大きく触れる状態(硬結または結節)になったりする。
・白ニキビ(毛穴の先が閉じている状態)
・黒ニキビ(毛穴の先が開いている状態)
・赤ニキビ
・黄ニキビ

ニキビは皮脂が増えすぎることで毛穴が詰まり、その中でアクネ菌が増殖することで発症する皮膚疾患です。
ホルモンバランスの変化やストレスなど原因は様々で、進行するとニキビが炎症を起こしたり、化膿して嚢胞(のうほう)になったりします。

自分の進行状態に合わないニキビ治療薬を使用しても効果は期待できず、むしろ悪化する可能性もあるため選び方は重要です。
次の項目で紹介する内容をもとに、適切なニキビ治療薬を選ぶようにしましょう。

白ニキビに効く薬

白ニキビに効くニキビ治療薬は、以下の通りです。

市販薬 処方薬
・イオウが配合されている商品 ・アダパレン
・過酸化ベンゾイル
・アゼライン酸外用薬

白ニキビは、皮脂が過剰に分泌されて毛穴の詰まりが起こっている状態です。
このような状態は面皰(めんぽう)と呼ばれ、放置するとアクネ菌が毛穴の中で増殖してしまいます。

従って白ニキビの段階では、毛穴に溜まった余分な皮脂を取り除く作用のあるニキビ治療薬が推奨されます。

出典:日本皮膚科学会-尋常性ざ瘡治療ガイドライン2023

黒ニキビに効く薬

黒ニキビに効くニキビ治療薬は、以下の通りです。

市販薬 処方薬
・イオウが配合されている商品 ・アダパレンゲル
・過酸化ベンゾイルゲル
・アゼライン酸外用薬

黒ニキビは、皮脂や角質が毛穴に詰まり、空気に触れて酸化することで黒く変色した状態です。

そのため、毛穴の詰まりを改善する作用のあるニキビ治療薬が推奨されています。

出典:日本皮膚科学会-尋常性ざ瘡治療ガイドライン2023

赤ニキビに効く薬

赤ニキビには、以下のような種類のニキビ治療薬が効果的です。

市販薬 処方薬
・イソプロピルメチルフェノール
・レゾルシン
・イブプロフェンピコノール
・グリチルリチン酸ニカリウム
・グリチルリチン酸などが配合されている商品
・イオウが配合されている商品
・過酸化ベンゾイル/クリンダマイシンの配合剤
・過酸化ベンゾイル/アダパレンの配合剤
・過酸化ベンゾイルゲル
・抗生物質(内服薬・外用薬)
・アゼライン酸外用薬

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビにアクネ菌が侵入して、炎症が起こっている状態です。

そのため、抗生物質をはじめとした、炎症を抑える作用細菌の増殖を抑える作用を持ったニキビ治療薬の使用が推奨されます。

出典:日本皮膚科学会-尋常性ざ瘡治療ガイドライン2023

黄ニキビに効く薬

黄ニキビに効く主なニキビ治療薬は、以下の通りとなります。

市販薬 処方薬
・イソプロピルメチルフェノール
・レゾルシン
・イブプロフェンピコノール
・グリチルリチン酸ニカリウム
・グリチルリチン酸などが配合されている商品
・イオウが配合されている商品
・過酸化ベンゾイル/クリンダマイシンの配合剤
・過酸化ベンゾイル/アダパレンの配合剤
・過酸化ベンゾイル
・抗生物質(内服薬・外用薬)
・アゼライン酸外用薬

これらは単体での使用だけでなく、過酸化ベンゾイル/アダパレン配合剤と内服タイプの抗生物質の併用も効果的とされています。

黄ニキビは、赤ニキビがさらに悪化した状態です。
アクネ菌に加えて黄色ブドウ球菌なども侵入し、痛みやかゆみ、化膿を伴うようになります。

そのため、黄ニキビの段階では抗炎症作用または殺菌作用のある治療薬の使用が推奨されます。

出典:日本皮膚科学会-尋常性ざ瘡治療ガイドライン2023

ニキビに効かない薬

ニキビに効かない治療薬は、ニキビの症状の進行段階により異なります。
ニキビは、進行段階によって効果的な治療や成分が異なり、適切ではない治療薬を使用すると効かない場合があります。

例えば、白ニキビ黒ニキビでは毛穴の詰まりが起きているものの、炎症や細菌の増殖は進んでいない状態です。
そのため、抗炎症作用や殺菌作用などを持つ抗生物質を使用しても、効果は期待できません。

また、赤ニキビ黄ニキビは炎症や化膿が起きている状態になります。
この状態では漢方薬ビタミン剤など、補助的に使用される治療薬は、効果が期待できません。

このように、進行段階によってニキビに効かない治療薬が異なるため注意しましょう。

ニキビに効く薬の注意点

ニキビに効く薬の注意点

ニキビ治療薬を使用する際には、以下のような注意点があります。

・症状に合った治療薬を選択する
・用法用量や使用方法を守る

これらの注意点を守らずにニキビ治療薬を使用すると、十分な効果が得られないだけでなく、悪化したり副作用を引き起こすことにつながる可能性があります。

ニキビは進行段階によって適切な治療薬が異なるため、症状の進行段階に合った種類のニキビ治療薬を選択することが大切です。

また、ニキビ治療薬には、主に赤みやかゆみ、乾燥などの副作用があります。
また、抗生物質では長期間の使用や自己判断での中止が禁じられています。

そのため、ニキビ治療薬を使用する際は、症状に合った種類を用法用量や、使用方法を守って使用しましょう。

日常生活での注意点

ニキビを治療するためには、日常生活でもいくつかの注意点があります。

・ストレスの少ない、規則正しい生活を意識する
・ニキビをつぶしたり、触ったりしない
・1日2回、洗顔料を使用して洗顔する など

ニキビの原因のひとつは、過剰なストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れです。

また、ニキビは自分で潰したり触ったりして外部から刺激が加わったり、衛生状態が悪くなったりすると治りにくくなります。
そのため、ストレスの少ない規則正しい生活を送り、適切なケア洗顔をおこなって清潔に保つことが大切なのです。

なお、当サイトではニキビケアに効果のある商品も取り扱っています。
毎日のケアに取り入れてみてください。

まとめ

ニキビに効く薬について、ここまでにお伝えしたポイントをまとめました。

・ニキビに効く治療薬にはイソトレチノイン、ミノマイシン、過酸化ベンゾイル/クリンダマイシン配合剤などが挙げられる
・ニキビに効く治療薬は、症状に合わせて選ぶ
・ニキビに効く治療薬を使用するときの注意点は、症状に合った治療薬を用法用量と使用方法を守って使用すること

ニキビは多くの方が経験する、身近な疾患です。
早期に治療することが大切になるため、ニキビに効く治療薬は闇雲に使うのではなく、症状に合うものを正しく使用することが重要です。

よくある質問

よくある質問

ここではニキビに効く治療薬について、よくある質問についてご紹介していきます。

ニキビには飲み薬と塗り薬どっちが効く?

飲み薬と塗り薬のどちらが効果的かは、ニキビの状態や治療にかけられる時間などによって異なります
飲み薬と塗り薬は、それぞれにメリットとデメリットがあるためです。

例えば、塗り薬はニキビに直接塗るため早期改善が期待できますが、ニキビの数が多い場合は塗布に時間がかかります。

一方、飲み薬は薬を塗る手間がかからず、体の内側からニキビにアプローチできますが、効果が現れるまでに時間がかかります。

そのため、飲み薬と塗り薬ではニキビの状態や治療にかけられる時間などにより、どちらが効果的か異なるのです。

ニキビの薬は何日で効く?

ニキビ治療薬の効果を実感するまでの期間は、種類や体質によって差があります

ベピオゲルを例に挙げると、早い方では使い始めてから2週間ほどで効果が現れ始めます。
しかし3ヶ月ほどかかることも珍しくないため、効果を実感できなくても諦めずに継続することが重要です。