グー薬局

×
上へ戻る
更新日:2020/01/30

睡眠改善薬

睡眠改善薬は、一時的な不眠を改善する際に使われる薬です。
長期的な不眠症ではなく、なんらかの理由で一時的に眠れない・眠りが浅いというような場合に使われます。
睡眠改善薬は、かぜ薬や鼻炎薬などに含まれる抗ヒスタミン剤が配合されており、その作用で一時的な不眠を改善するというものです。
グー薬局では、たまに眠れないという人や、時差ボケなどで睡眠リズムが崩れて眠れないなど、一過性の不眠を改善する睡眠改善薬を取り扱っています。

睡眠改善薬売れ筋ランキング

睡眠改善薬一覧

  • アレルギー・メディスン(ドリエル・ジェネリック)

    アレルギー・メディスンは、世界的に有名なドリエルのジェネリック医薬品です。
    主成分であるジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン作用により、アレルギー症状を緩和します。
    その際、眠りを催すため、一時的な不眠や眠りが浅く夜中に目が覚める症状にも効果があります。

    在庫あり
    (2件)

    1錠7円~

  • ソミナー

    ソミナーは、短時間型睡眠薬と抗ヒスタミン薬の役割を持っています。
    アレルギー症状が原因で眠れない方や不眠症を改善したいけど、睡眠薬を使うのに抵抗がある方にオススメです。

    在庫あり
    (0件)

    1錠36円~

閲覧履歴

閲覧履歴

睡眠改善薬とは

睡眠改善薬は、一過性の不眠症を改善する薬です。

一過性の不眠というのは、慢性的な不眠症ではなく、何かしらの理由で一時的に眠れないというものです。

大切な場面を控えており、緊張やストレスで寝付けない、時差ボケなど睡眠リズムが乱れたため眠れないなど、一時的に不眠症の症状が出ている人に有効です。
一時的ではなく、慢性的に不眠症の症状が出ているという人は、睡眠改善薬ではなく、睡眠薬(睡眠導入剤)が有効になります。


睡眠薬(睡眠導入剤)と睡眠改善薬の大きな違いは、成分です。
睡眠導入剤は、かぜ薬などに含まれる抗ヒスタミン剤の眠くなるという作用を利用したものです。
そのため、副作用が少なく、緩やかな眠りが得られるのが特徴で、自然に眠ることができます。


睡眠薬は、脳神経に働きかけるので、効果・副作用ともに強い傾向があります。
慢性的な不眠症には睡眠薬のほうが使われます。