こんにちは、ゲスト
上へ戻る

リスミー

更新日:
  • リスミー
  • リスミー
  • リスミー
  • リスミー
効果・効能不眠症
カテゴリ睡眠薬・睡眠導入剤
使用のタイミング就寝前
商品到着目安今購入すると、
6月14日~6月21日前後(予定)
発送国香港
口コミ評価(0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK、梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
リスミー 1mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入 お気に入り
100錠 28
OFF

定価20,100円 14,500円(1錠あたり)
145円

435ポイント カートに入れる
リスミー 2mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入 お気に入り
100錠 28
OFF

定価22,900円 16,500円(1錠あたり)
165円

495ポイント カートに入れる

商品詳細

リスミーは、日本の製薬会社である共和製薬が製造している、短時間型の睡眠薬です。

脳の神経を鎮める作用があり、気分をリラックスさせるとともに筋肉の緊張もほぐすことで、自然に近い眠りに促します。

リスミーは、服用してから約3時間で効果を感じ始め、その後は約7~10時間持続します。
そのため、寝つきが悪い方や、夜中に何度も目が覚めてしまう方におすすめです。

効果が強すぎず、副作用も少ないので、初めて睡眠薬を服用する方や高齢者にもおすすめです。

リスミーおすすめな人
  • 寝つきが悪い方
  • 睡眠中に目が覚めてしまい、その後なかなか寝付けない方
  • 朝早くに目が覚めてしまう方
※ご注文時期により、異なるパッケージでの発送となる場合がございます。
※リスミーは個人輸入でのみ入手ができ、amazonや楽天では取り扱いがありません。

特徴

・短時間型の睡眠薬

・効果が強すぎず、副作用が少ない

睡眠薬には、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型があり、リスミーは作用時間が比較的短い短時間型に属します。

リスミーは、ベンゾジアゼピン系に分類される医薬品です。
ベンゾジアゼピン系の医薬品には、効果が強い分副作用が強く出る商品もあります。
しかしリスミーは、効果が強すぎず、副作用の心配も少ないため、睡眠薬を初めて服用する方におすすめです。

また、他のベンゾジアゼピン系の医薬品に比べて、筋肉をゆるめる作用が弱いので、ふらつきや転倒のリスクが少なく、高齢者の方でも安心してお使いいただけます。

効果

リスミーは、主成分である「リルマザホン塩酸塩」の働きによって、脳の神経活動を抑えて眠気を促す作用があります。

また、抗不安作用と、筋肉をゆるめる作用もあるため、リラックスした状態で自然に近い睡眠ができることが特徴です。
この作用から、麻酔前投薬としても活用されています。

服用してから効果が現れるまでの時間は約3時間です。
少しずつ効果が出てきて眠気が強くなり、入眠した後は約6~10時間効果が持続します。

(測定法:HPLC)(mean±S.D.)
投与量
(mg)
n Cmax
(ng/mL)
Tmax
(hr)
AUC0-∞
(ng・hr/mL)
T1/2
(hr)
2 4 7.6±2.5 3.0±0.0 122.8±42.0 10.5±2.6

tmax(hr):ピーク時間 / t1/2(hr):半減期

※参考サイト:KEGG-リスミー添付文書情報

リスミーの用量は、1~2㎎です。年齢や疾患、症状により適宜増減できます。
用量が多いほど効果は強くなりますが、副作用が出やすくなる可能性があります。

おだやかに効果が続き、副作用の少ない睡眠薬ですが、効き方には個人差がありリスクもあるので、用法用量を守り正しく使用することが大切です。

持続時間

以下は、睡眠薬タイプ別の持続時間です。

睡眠薬タイプ ピークまでの時間 持続時間
超短時間型 1時間前後 2~5時間
短時間型 1~3時間 6~10時間
中間型 1~3時間 20~24時間
長時間型 3~5時間 24時間以上

リスミーは短時間型の睡眠薬で、服用してから効果が現れるまでは3時間、持続時間は約6~10時間です。
おだやかに作用が持続するため、寝つきが悪い入眠障害だけではなく、夜中に何度も目が覚める中途覚醒などにも効果があります。

副作用

リスミーの服用では、次の副作用が現れることがあります。
服用後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行ってください。

【重大な副作用】

・呼吸抑制…0.1%未満
・炭酸ガスナルコーシス…頻度不明

・依存性
薬物依存…0.1%未満
けいれん発作…0.1%未満
譫妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状…0.1~5%未満
(連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止による)

・刺激興奮、錯乱…頻度不明

・一過性前向性健忘、もうろう状態…頻度不明

【その他の副作用】

・精神神経系
眠気、ふらつき、頭重感、めまい、頭痛…0.1~2%
頭がぼんやりする、ろれつがまわらない、いらいら感、妄想、興奮、ムズムズ感…0.1%未満

・肝臓
ALT上昇、AST上昇…0.1~2%
Al-P上昇、LDH上昇…0.1%未満

・循環器
動悸、不整脈…0.1%未満

・消化器
口渇、食欲不振、悪心・嘔吐…0.1~2%
下痢、便秘…0.1%未満

・骨格筋
倦怠感等の筋緊張低下症状…0.1~2%

・その他
むくみ、発汗、前胸部痛…0.1%未満
覚醒遅延傾向(麻酔前投薬として用いた場合)…頻度不明

服用・使用方法

【不眠症】
通常、成人にはリルマザホン塩酸塩水和物として1回1〜2mgを就寝前に経口投与する。
なお、年齢、疾患、症状により適宜増減するが、高齢者には1回2mgまでとする。

【麻酔前投薬】
通常、成人にはリルマザホン塩酸塩水和物として1回2mgを就寝前又は手術前に経口投与する。
なお、年齢、疾患、症状により適宜増減するが、高齢者には1回2mgまでとする。

※半錠のみ服用する場合、ピルカッターでカットする。

使用禁忌

次の方には投与しないこと

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・急性閉塞隅角緑内障の患者
・重症筋無力症の患者

服用・使用時の注意点

【不眠症】
・就寝の直前に服用させること。また、服用して就寝した後、睡眠途中において一時的に起床して仕事等をする可能性があるときは服用させないこと。

・本剤の影響が翌朝以後に及び、眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

・連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避けること。本剤の投与を継続する場合には、治療上の必要性を十分に検討すること。

使用に注意が必要な人

  • 肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下している患者
  • 衰弱している患者
  • 新障害のある患者
  • 脳に器質的障害のある患者
  • 腎障害のある患者
  • 腎不全患者
  • 肝機能障害患者
  • 妊婦
  • 授乳婦
  • 小児等
  • 高齢者

併用禁忌

特にありません。

併用注意

・アルコール
・中枢神経抑制剤
・MAO阻害剤
中枢神経抑制作用が増強されることがあるので、併用しないことが望ましい。やむを得ず併用する場合には慎重に投与すること。

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になることや、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

有効成分

リルマザホン塩酸塩水和物 1㎎/2㎎

参考サイト

リスミーの詳細は、下記サイトを参考に正確な情報提供を努めております。

【医薬品情報サイト】
KEGG
KEGG DRUG は、日本、米国、欧州の医薬品情報を化学構造と成分の観点から一元的に集約したデータベースとなっています。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

【医薬品の個人輸入に関して】
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について
グー薬局では、厚生労働省のサイトを参考に医薬品の個人輸入の情報を提供しております。 厚生労働省によると、個人の使用に限り個人輸入は認められております。また、医薬品又は医薬部外品は輸入できる数量が制限されております。あらかじめご確認ください。

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。

メーカー

共和薬品

発送国

香港

リスミーの口コミ

投稿された口コミはまだありません。

リスミー を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:
目次へ戻る