グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

カンピシリン

更新日:
【500mg、7月中旬発送予定】
効果・効能淋菌 梅毒 赤痢菌 咽頭炎 麦粒腫 副鼻腔炎
カテゴリ 淋病
梅毒
商品到着目安 今購入すると、
8月10日~8月17日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
カンピシリン 250mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
100錠 20%OFF 定価6,000円 4,800円 144ポイント 48円 カートに入れる
カンピシリン 500mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
100錠 20%OFF 定価8,000円 6,400円 192ポイント 64円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

カンピシリンは、淋病や梅毒、咽頭炎など、様々な症状に効果があるペニシリン系の抗生物質です。

おすすめポイント!
  • 強力な殺菌作用
  • 安く買える抗生物質

特徴

・カンピシリンは、ザイダスカディラ社が製造販売しているビクシリンの(※1)ジェネリック医薬品

・主に梅毒の治療に使われるが、性感染症以外にも幅広い症状に効果がある

・250㎎は青色、500㎎はオレンジ色のカプセル型

・当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。
開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。
味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

カンピシリンはこんな人にオススメ

・病院へ行かず性感染症を治療したい
・再発した時のために常備しておきたい
・安値で抗生物質を購入したい

効果

  • 梅毒
  • 淋病
  • ものもらい
  • リンパ節炎
  • 咽頭炎
  • 肺炎
  • 中耳炎

カンピシリンの主成分「アンピシリン」には、細菌を破壊して死滅させ、抗菌する効果があります。

副作用

カンピシリンの主な副作用は以下の通りです。

・発熱
・発疹
・蕁麻疹
・下痢
・悪心
・食欲不振

また、重い副作用としてはアナフィラキシーショック、皮膚粘膜眼症候群、溶血性貧血、急性腎不全、大腸炎などが挙げられています。

カンピシリンを服用して身体に異変を感じた場合は、使用を中止して医師の診断を受けてください。

※参考サイト:KEGG

服用・使用方法

1回250㎎~500㎎を1日4~6回服用することが推奨されています。

しかし、年齢や症状によって服用量、服用期間は異なるため、カンピシリンを使用する前に医師へ相談してください。

服用・使用時の注意点

・飲み忘れた場合、1日以内であれば気付いた時点で1回分を服用してください。
次に飲む時間が近い場合はその時間まで待ち、1回分を服用してください。

・症状が完治した後も、残っている細菌を完全に死滅させるまでの間服用を続ける必要があります。

・ペニシリンに対してアレルギーを起こした経験がある場合は、カンピシリンを使用できません。

・カンピシリン服用後、抗菌作用により腸内細菌が駆除されてしまい、下痢を起こす場合があります。
下痢の症状が出た際は、乳酸菌系整腸剤の併用を検討しましょう。

服用に注意が必要な人

・ペニシリン系の抗生物質を使用してアレルギー症状を起こしたことのある方

・喘息、蕁麻疹などアレルギー症状の病気をもっている方

・腎臓が悪い方

・避妊薬を服用している方(併用で効果を減弱させる恐れがあります)

併用禁忌

併用禁忌薬は特にありません。

保管方法

・直射日光、高温多湿の場所を避け、常温で保管してください。

・子どもの手が届かない場所に保管してください。

・万が一薬が残った場合は、保管せず廃棄してください。

・他の薬剤と混合させて保管することは控えてください。
誤飲や、成分が作用し合って性質変化の原因になります。

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください。

有効成分

アンピシリン(Ampicillin) 250mg/500mg

メーカー

ザイダスカディラ 

発送国

インド

カンピシリンの口コミ

投稿された口コミはまだありません。

カンピシリン を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る