こんにちは、ゲスト
上へ戻る

アボダート

更新日:
  • アボダート
  • アボダート
  • アボダート
  • アボダート
効果・効能男性型脱毛症の進行遅延 育毛
カテゴリ ザガーロのジェネリック
使用のタイミング1日1回
商品到着目安 今購入すると、
8月25日~9月1日前後(予定)
発送国 シンガポール
口コミ評価 (10件/平均:4.3点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK、梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
アボダート 0.5mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入
30カプセル 10
OFF

定価5,000円 4,500円(1カプセルあたり)
150円

135ポイント カートに入れる
60カプセル 19
OFF

定価10,000円 8,100円(1カプセルあたり)
135円

243ポイント カートに入れる
90カプセル 29
OFF

定価15,000円 10,800円(1カプセルあたり)
120円

324ポイント カートに入れる

商品詳細

※発送時期によりパッケージが異なります。

おすすめポイント
  • 病院処方のAGA治療薬ザガーロと同じ効果が得られる
  • 先発薬なので安心感が高い
  • ヘアサイクルを正常にし、長くて太い毛髪を作る

特徴

・アボダートは、イギリス・ロンドンに本社を置くGSK社で製造されている。

・1日1回1カプセルと、手軽に飲めるので、飲み忘れが少なくすむ。

・有効成分デュタステリドは、フィナステリド(プロペシア)より5-α還元酵素2型の阻害効果が3倍。

・黄色のカプセル型。

・当サイトでは、0.5mgの購入が可能。

こんな人にオススメ

  • プロペシアなどのAGA治療薬で効果を感じなかった人
  • AGAの進行が気になる人
  • より強力な薬を使いたい人

効果

  • 脱毛の進行を遅らせる
  • 発毛を促す
  • ヘアサイクルを正常にする
  • 前立腺肥大症の治療

アボダートの有効成分デュタステリドは、AGAの原因である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)がもつ、毛髪の発育を妨げてしまう作用を抑制します。
デュタステリドは、男性ホルモンをDHTに変換する酵素、5α-還元酵素1型2型の両方を阻害するため、2型のみに作用するフィナステリドよりも高い効果があります。

■1型とは
すべての皮脂腺に存在する酵素。

■2型とは
前頭部・生え際に多く存在する酵素。

アボダートは、イギリスでは前立腺肥大症の薬として認可されていて、日本では「アボルブ」という名称で製造されています。
DHTは薄毛の原因であるとともに、前立腺肥大の原因ともなります。DHTの生成をデュタステリドが抑えることにより、肥大した前立腺が縮小する効果があります。

※参考サイト:医療用医薬品 : アボルブ

副作用

主な症状 発生頻度
ED(勃起不全) 4.3%
性欲減退 3.9%
精子量減少 1.3%

その他に、頻度不明の副作用として精巣痛、蕁麻疹、そう痒症、下痢、肝臓機能障害、黄疸などがあります。

また、前立腺肥大の検査値に影響が出る可能性があるため、検査の際は医師にアボダートを服用している旨を伝えてください。


※アボダートにおける肝臓機能障害とは?
有効成分デュタステリドは肝臓で代謝されます。肝臓に負担が掛かるため、γ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)の数値が上昇する可能性があります。
もともと肝臓機能に障害のある方は十分に観察を行ったうえで服用してください。
異常が確認された際には直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※参考サイト:医療用医薬品 : ザガーロ

服用・使用方法

1日1回1カプセルを水またはぬるま湯で服用してください。

アボダートは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

推奨用量

男性成人には、通常0.1mgを1日1回経口投与することが推奨されています。
継続的な服用で初めて効果が実感できるため、6ヵ月以上の服用が推奨されています。

服用・使用時の注意点

・1日で服用できるのは0.5mgまでです。

・当サイトで取り扱っているアボダートの用量は0.5mgです。
中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

・服用期間中は献血できません。服用終了後、6ヵ月経過すると献血できます。

・カプセル状で、中は液体のため割ることができません。

アボダートを服用できない人

  • アボダートの服用で過去に過敏症の既往歴のある方
  • 20歳未満の方
  • 女性
  • 肝臓機能障害のある方
  • 妊娠または妊娠している可能性のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

男性ホルモンの生成を阻害するので、胎児の生殖器の成長に悪影響を及ぼす場合があります。
カプセル中の薬剤は皮膚を通して吸収されるので女性や小児は極力カプセルに触れないでください。
もし漏れた薬剤に触れてしまった場合、すぐに石鹸と水で洗い流してください。

併用注意

CYP3A4阻害薬
ベラパミル、ジルチアゼム、リトナビルなどの薬と併用することによって、デュタステリドの血中濃度が上昇する恐れがあります。

保管方法

・高温多湿を避けて、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。

・子供や女性の手の届かないところに保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。結露により性質が変わったりコーティングが溶けてしまうことがあります。

・他の薬と混ぜないように保管してください。成分が作用し合い、性質が変化したり形状が崩れる可能性があります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。どうしてもの場合は飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・期限の過ぎた商品の服用、使用はしないでください。

有効成分

デュタステリド(Dutasteride) 0.5mg

関連トピック

アボダートお役立ち情報

デュタステリドとは

メーカー

GSK

発送国

シンガポール

お役立ち情報

アボダートの効果がない場合にチェックするべきことや、偽物と本物の見分け方などのお役立ち情報を別ページにまとめています。

アボダートお役立ち情報

アボダートの口コミ

▼評価別に絞り込む▼

  • すべて
  • ★★★★★
  • ★★★★
  • ★★★
  • ★★
  • 2020-12-11

    石川さん

    36歳

    思ったよりも早く届きました。しばらく使ってみます。
  • 2020-12-04

    士郎さん

    50歳

    友人が育毛薬の中で一番効果があったとお勧めしてくれました。
    これからどう変化するのか楽しみです。
  • 2020-11-20

    コツコツさん

    41歳

    購入はじめてから1年、コツコツ継続したおかげで薄毛がストップ、黒々とした髪が復活してきました。継続が大事。
  • 2020-10-23

    esさん

    35歳

    季節の変わり目になると少ない髪が抜けてしまってましたが、アボダートを飲み始めてからは髪が抜けにくくなり、毛も1本1本が太くになり満足です。
  • 2020-10-05

    J造さん

    35歳

    ハゲ散らかしていたけどイチかバチか試してみたら半年で抜毛がとまりました!
    今のところアボダートだけ使ってるけど、毛も太くなっています。
    これでいいならジェネリックも安くてもっといいんじゃないの?とちょっと試してみたいので、乗り換えるかもw
  • 2020-08-27

    1975さん

    49歳

    今までザガーロを飲んでいましたが、お値段が安いということもありザガーロのジェネリックのアボダートに変更しました。
    ザガーロ自体で効果は徐々に感じていたので、その効果が持続しているように感じます。
  • 2020-07-03

    斎藤さん

    55歳

    今のところ現状維持の状態が続いています。しかし飲まなければもっと酷いことになっていたことでしょう。
  • 2020-05-28

    小池さん

    45歳

    錠剤タイプは初めて使いましたが、飲むだけなので続けやすいです。減ってきている後頭部に歯止めがかかりますように。
  • 2020-04-30

    長嶋さん

    40歳

    前使っていた薬よりも効き目があるように思います。額の広がりが少し収まったように感じるので、しばらくは飲み続けて頑張ります。まだ諦めたくないので。
  • 2020-04-13

    Jokerさん

    51歳

    他のAGA治療薬の効果が自分にはいまいちだったのでこちらを試したい。
  • 全ての口コミを見る

アボダート を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

アボダートのよくある質問

アボダートとザガーロ、アボルブの違い

アボダートはなぜ先発薬なのにザガーロとアボルブとは名称が違うのですか?

そもそもアボダートの方が2001年に製造・販売されているので本家本元といえます。ちなみに韓国では薄毛治療薬としてAvodartが販売されています。

日本では2009年に前立腺肥大症治療薬として承認され、日本のグラクソ・スミスクライン(GSK)で製造・販売されています。

男性型脱毛症(AGA)治療薬としては2016年に承認され、こちらも同じく製造・販売は日本のグラクソ・スミスクライン社です。

要するに日本での承認の関係上名前が違うだけで、アボダートとアボルブ、ザガーロは同じ薬なのです。
※ザガーロのみ0.1mgが作られています。

※参考サイト:デュタステリド-Wikipedia

アボダートと皮脂の多い方

アボダートは皮脂が多い人に向いていると聞いたのですが、なぜですか?

これは5α-還元酵素1型の性質によるものです。

5α-還元酵素1型は、体のほとんどの皮脂腺に存在します。
皮脂の分泌が多く、薄毛の方は1型が原因のことが多いため、アボダートのような1型にも2型にも効果のあるデュタステリド配合のAGA治療薬が向いているといわれているのです。

生え際への効果

生え際、いわゆるM字ハゲの方にも効果があるのでしょうか。

アボダートは5α-還元酵素1型、2型どちらにも効果を発揮します。

プロペシアに含まれる、フィナステリドも生え際には効果がありますが、デュタステリドはフィナステリドよりも1.5倍の発毛効果があるといわれています。
フィナステリドで生え際の発毛に不満だった方が、デュタステリドを試してみる、というケースが多いようです。

新入荷商品

目次へ戻る