グー薬局

×
上へ戻る
更新日:

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)

効果・効能うつ病 不安障害 強迫性障害 パニック障害 社会不安障害
カテゴリ 抗不安薬
抗うつ剤
使用のタイミング1日1回夕食後
商品到着目安 今購入すると、
6月10日~6月17日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
パロキセチン(パキシル・ジェネリック) 20mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
30錠 10%OFF 定価3,000円 2,700円 81ポイント 90円 カートに入れる
60錠 19%OFF 定価6,000円 4,860円 145ポイント 81円 カートに入れる
パロキセチン(パキシル・ジェネリック) 40mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
30錠 10%OFF 定価5,000円 4,500円 135ポイント 150円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

パロキセチンはパキシルのジェネリックで、パロキセチン塩酸塩水和物が主成分のうつ病や不安障害の治療薬です。
他にもパニック障害や社会不安障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)の治療でも使われます。
パロキセチンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤で、脳内のセロトニンの働きを強める働きがあります。

特徴

・パロキセチンは、Zydus Pharmaceuticals社で製造されている。

・パロキセチンは、パキシルのジェネリック。(※1)

・パロキセチン塩酸塩水和物は、不足したセロトニンの働きを強めることで、心のバランスを保ち、不安やうつ症状が改善する働きがある。

・白い丸型の錠剤。

・当サイトでは、20mg/40mgの購入が可能。

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。
開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。
味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

こんな人にオススメ

  • 精神科領域におけるうつ病・うつ状態で悩んでいる人
  • 社会不安障害で悩んでいる人
  • 強迫性障害で悩んでいる人
  •  

効果

  • うつ病
  • 不安障害
  • 強迫性障害
  • パニック障害
  • 外傷後ストレス障害
  • 社会不安障害

パロキセチンの有効成分パロキセチン塩酸塩水和物は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。
うつ病ではセロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きが弱り、不安や悲観的な気分、眠れないなどの症状が現れます。
パロキセチンはセロトニンがシナプスで取り込まれるのを防ぐという特徴があるので、気分の落ち込みを抑制していきます。

副作用

主な副作用の症状は次の通りです。
主な症状 発生頻度
傾眠 23.6%
吐き気 18.8%
めまい 12.8%
頭痛 9.3%
肝機能検査値異常 8.4%
便秘 7.9%

上記の症状が現れた場合は、使用を中止した後に医師または薬剤師にご相談ください。

稀に起きる重大な副作用としてアナフィラキシーショック(※2)、横紋筋融解症(※3)、悪性症候群、血球減少、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害などがあります。
万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

(※2)アナフィラキシーショックとは?

アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください

(※3)横紋筋融解症とは?

横紋筋融解症は、横紋筋細胞が融解し筋細胞内の成分が血中に流出する症状です。
骨格筋が壊死を起こし筋細胞中の成分が血液中に浸出し、筋肉が傷害されて筋肉痛や脱力感等の症状があらわれ、次第に疼痛や麻痺・筋力減退・赤褐色尿などの症状が発現します。
これらの症状や異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※参考サイト:医療用医薬品 : パキシル

服用・使用方法

■うつ病・うつ状態
1日1回夕食後、20〜40mgを水またはぬるま湯で服用してください。
投与は1回10〜20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。
なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

■パニック障害
1日1回夕食後、30mgを水またはぬるま湯で服用してください。
投与は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。
なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減します。

■強迫性障害
1日1回夕食後、40mgを水またはぬるま湯で服用してください。
投与は1回20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。
なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減します。

■社会不安障害
1日1回夕食後、20mgを水またはぬるま湯で服用してください。
投与は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。
なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

■外傷後ストレス障害
1日1回夕食後、20mgを水またはぬるま湯で服用してください。
投与は1回10~20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。
なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

服用・使用時の注意点

眠気、注意力、集中力、反射運動能力等の低下が起こることがあります。
自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事しないよう十分注意してください。

パロキセチンを服用できない人

  • パロキセチンの服用で過去に過敏症の既往歴のある方
  • MAO阻害剤を服用している方、あるいは投与中止後2週間以内
  • ピモジドを服用している方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

パロキセチンを服用するのに注意が必要な人

  • 躁うつ病患者の方
  • 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者の方
  • 脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある患者の方
  • 衝動性が高い併存障害を有する患者の方
  • てんかんの既往歴のある患者の方
  • 緑内障のある患者の方
  • 出血の危険性を高める薬剤を併用している患者、出血傾向又は出血性素因のある患者の方
  • 高齢者の方(65歳以上)
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方

上記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。
他に服用している薬がある場合は、飲み合わせにより薬の効果を強めたり弱めたりする恐れがあります。

併用禁忌

・MAO阻害剤
セレギリン塩酸塩(エフピー)、ラサギリンメシル酸塩(アジレクト)などの薬と併用すると、セロトニン症候群などセロトニン作用による症状が現れる恐れがあります。

・ピモジド(オーラップ)
QT延長,心室性不整脈などの心血管系の副作用が発現するおそれがあります。

併用注意

併用注意薬は、パロキセチンと併用して服用するにあたり注意が必要な薬です。

・トラマドール、メサドン、ペンタゾシン、L-トリプトファンを含有する製剤(アミノ酸製剤、経腸成分栄養剤)
・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
・メチルチオニニウム塩化物水和物(メチレンブルー)
・選択的セロトニン再取り込み阻害薬
・炭酸リチウム
・トラマドール
・フェンタニル
・リネゾリド
セロトニン作用が増強され、セロトニン症候群があらわれるおそれがあります。

・フェノチアジン系抗精神病剤(ペルフェナジン、リスペリドン)
併用により悪性症候群があらわれるおそれがあります。

・三環系抗うつ剤(アミトリプチリン塩酸塩、ノルトリプチリン塩酸塩、イミプラミン塩酸塩)
これらの薬剤の作用が増強されるおそれがあります。

・抗不整脈剤(プロパフェノン塩酸塩、フレカイニド酢酸塩)
これらの薬剤の作用が増強されるおそれがあります。

・β-遮断剤(チモロールマレイン酸塩、メトプロロール酒石酸塩)
作用が増強され、重度の血圧低下が報告されています。

・アトモキセチン
併用によりアトモキセチンの血中濃度が上昇したとの報告があります。

・タモキシフェン
タモキシフェンの作用が減弱されるおそれがあります。併用により乳がんによる死亡リスクが増加したとの報告があります。

・抗てんかん剤(フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、リファンピシン)
・キニジン、シメチジン
・ホスアンプレナビルとリトナビルの併用時
・ジゴキシン
パロキセチンのの作用が減弱するおそれがあります。

・出血傾向が増強する薬剤(定型抗精神病薬、フェノチアジン系薬剤、三環系抗うつ薬、アスピリン等の非ステロイド系抗炎症剤(ワルファリンカリウム等)
皮膚の異常出血(斑状出血、紫斑等)、出血症状(胃腸出血等)が報告されています。

・アルコール(飲酒)
作用が増強されることがあります。

※参考サイト:医療用医薬品 : パキシル

保管方法

・高温多湿を避けて、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。

・子供の手の届かないところに保管してください。

・1錠を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・他の薬と混ぜないように保管してください。
成分が作用し合い、性質が変化したり形状が崩れる可能性があります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
どうしてもの場合は飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・期限の過ぎた商品の服用、使用はしないでください。

有効成分

パロキセチン塩酸塩水和物(Paroxetine Hydrochloride Hydrate) 20mg/40mg

メーカー

Zydus Pharmaceuticals 

発送国

シンガポール

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)の口コミ

投稿された口コミはまだありません。

パロキセチン(パキシル・ジェネリック) を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:
電話でご注文
050-5534-6647
※こちらは注文専用の電話番号です。お荷物の追跡状況をご確認したいという方は問い合わせフォームよりご連絡ください。
また、商品の効果や副作用に関しましては、薬機法の関係でお答えすることができませんので、予めご了承ください。
メールでご注文
メールでのご注文方法はこちらを参照ください。
メールでの注文方法
FAXでご注文
FAXでのご注文方法はこちらを参照ください。
FAXでの注文方法
目次へ戻る