こんにちは、ゲスト
上へ戻る

カベルゴリン

更新日:
  • カベルゴリン
効果・効能パーキンソン病 乳汁漏出症 血性排卵障害 早漏
カテゴリ 不妊治療薬・マタニティー
早漏防止サプリ
使用のタイミング1日1回
商品到着目安 今購入すると、
12月25日~1月1日前後(予定)
発送国 香港・シンガポール・インド
口コミ評価 (1件/平均:5点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK、梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
カベルゴリン 0.25mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入
8錠 10
OFF

定価2,900円 2,610円(1錠あたり)
326円

78ポイント カートに入れる
16錠 20
OFF

定価5,800円 4,690円(1錠あたり)
293円

140ポイント カートに入れる
24錠 29
OFF

定価8,700円 6,210円(1錠あたり)
258円

186ポイント カートに入れる
カベルゴリン 0.5mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入
8錠 11
OFF

定価4,350円 3,910円(1錠あたり)
488円

117ポイント カートに入れる
16錠 20
OFF

定価8,700円 7,040円(1錠あたり)
440円

211ポイント カートに入れる
24錠 28
OFF

定価13,040円 9,500円(1錠あたり)
395円

285ポイント カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

おすすめポイント!
  • 日本国内でも処方されている
  • 男性の早漏抑制としても有効

特徴

・カベルゴリンは、サン・ファーマ社が製造販売しているパーキンソン病などの治療に使用される薬。

・日本国内ではカバサールという名称で、様々な症状の改善薬として処方されている。

・女性の場合は排卵障害や乳汁露出症、男性の場合は早漏抑制の症状改善に期待できる。

・当サイトでは0.25mg、0.5mgの2種類が購入可能。

効果

  • パーキンソン病
  • 乳汁漏出症
  • 高プロラクチン血性排卵障害
  • 高プロラクチン血性下垂体腺腫(外科的処置を必要としない場合に限る)
  • 早漏抑制
  • 産褥性乳汁分泌抑制

有効成分のカベルゴリンには、ドパミン受容体を刺激して分泌を促し、パーキンソン病の症状を軽減させる効果があります。

また、排卵障害や乳汁露出症、早漏の原因になる「プロラクチン」というホルモンの分泌を抑制する働きもあるため、これらの症状改善にも有効とされています。

こんな人におすすめ

  • パーキンソン病を患っている
  • 高プロラクチン血症による排卵障害がある
  • 乳汁露出症
  • 早漏で悩んでいる

副作用

カベルゴリンを服用した時に現れる主な副作用は以下の通りです。

・むくみ
・吐き気
・頭痛
・動悸
・蕁麻疹
・倦怠感
など。

また、発症頻度は不明ですが、重い副作用として突発的睡眠や肝機能障害、狭心症などが報告されています。

カベルゴリンを服用後、体調に異変を感じた場合は服用を中止して医師へ相談してください。

参考サイト:KEGG│カベルゴリン

服用・使用方法

■パーキンソン病

1週目:1日1回0.25㎎
2週目:1日1回0.5㎎
3週目:1日1回1㎎

朝食後に服用してください。
経過観察をしながら、1週間ごとに0.5㎎ずつ増量していきます。

※上限は1日3㎎までです。

■乳汁露出症/高プロラクチン血性排卵障害/高プロラクチン血性下垂体腺腫(外科処置を必要としない場合のみ)

通常、成人は1週間に1回(同じ曜日)、就寝前に服用します。

最初は1回量0.25㎎から服用を開始して、経過観察をしながら2週間以上の間隔で0.25㎎ずつ増量してください。

年齢や症状によってことなりますが、1回量の上限は1.0mgまでです。

■産褥性乳汁分泌抑制

出産後、成人は1.0mgを1回のみ食後に服用します。

服用・使用時の注意点

・少量から服用を開始し、吐き気や悪心などの症状や血圧等の観察を十分に行いながら増量してください。

・カベルゴリンを服用して得られる効果には個人差があります。

・服用や使用に関しては全て自己責任となり、当サイトでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

使用に注意が必要な人

・肝機能障害を患っている、または既往歴がある
・消化性潰瘍や消化管出血を患っている、または既往歴がある
・低血圧症
・妊娠中または妊娠している可能性がある
・65歳以上の方

上記に該当する方は、使用する前に必ず医師へ相談してください。

併用注意薬

■血圧下降剤
・ドパミン拮抗剤
・フェノチアジン系薬剤
・クロルプロマジン等
・ブチロフェノン系薬剤
・ハロペリドール等
・メトクロプラミドなど

併用することで作用を弱める恐れがあります。

■マクロライド系抗生物質
・クラリスロマイシン

カベルゴリンの副作用を強める恐れがあります。

保管方法

・高温多湿を避け、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。

・他の薬剤やサプリメントと混ぜて保管することは避けてください。
成分の作用により、性質・形状変化の原因になります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。

・期限の過ぎた商品の服用、使用はしないでください。

有効成分

カベルゴリン(cabergoline) 0.25mg/0.5mg

メーカー

サンファーマ

発送国

香港・シンガポール・インド

カベルゴリンの口コミ

▼評価別に絞り込む▼

  • すべて
  • ★★★★★
  • ★★★★
  • ★★★
  • ★★
  • 2021-02-27

    よしたかさん

    43歳

    副作用の眠気が心配だったけどほぼ眠くなることはなかったから安心して使えた。

カベルゴリン を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る