グー薬局

×
上へ戻る
更新日:

プレマリン

効果・効能更年期障害 不妊 月経前症候群 卵巣欠落症状 卵巣機能不全 膣炎 機能性子宮出血 膣乾燥 不感症 尿失禁
カテゴリ 更年期障害
商品到着目安 今購入すると、
6月2日~6月9日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
プレマリン 0.625mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
28錠 10%OFF 定価3,000円 2,700円 81ポイント 96円 カートに入れる
56錠 15%OFF 定価6,000円 5,130円 153ポイント 91円 カートに入れる
84錠 19%OFF 定価9,000円 7,290円 218ポイント 86円 カートに入れる
112錠 24%OFF 定価12,000円 9,180円 275ポイント 81円 カートに入れる
140錠 29%OFF 定価15,000円 10,800円 324ポイント 77円 カートに入れる
280錠 37%OFF 定価30,000円 18,900円 567ポイント 67円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

プレマリンは古くから使用されている有名な女性ホルモン剤です。
女性ホルモンを補うことで更年期障害の症状を改善します。
更年期障害だけでなく、不妊治療、月経前症候群、卵巣欠落症状、膣炎、機能性子宮出血などの治療にも用いられます。

特徴

・プレマリンは、アメリカのファイザー社で開発された女性ホルモン剤。

・プレマリンの主成分である結合型エストロゲンは、女性ホルモンを補うことで、ホルモンバランスを整え、更年期障害などの改善効果がある。

・天然のホルモン剤なので、安心して利用できる。

・プレマリンは、クリームタイプ(プレマリン膣クリーム)と錠剤タイプがある。

・錠剤タイプは白い丸型の錠剤で、身体全体を改善する働きがあり、クリームタイプは塗った患部にのみ効果が出る。

・服用を続けることで骨粗鬆症予防になるといわれている。

・当サイトではプレマリン0.625mgが購入可能。

こんな人にオススメ

  • 更年期障害の症状で悩んでいる人
  • ホルモンバランスを整えたい人
  •  

効果

・更年期障害の諸症状の改善
・不妊
・月経前症候群
・卵巣欠落症状
・卵巣機能不全
・膣炎
・機能性子宮出血
・膣乾燥
・不感症
・尿失禁

プレマリンの主成分である結合型エストロゲンは、更年期障害などの改善効果があります。
更年期障害は、女性の場合、卵巣機能低下によるエストロゲンの欠乏、エストラジオールの欠乏によりホルモンバランスが乱れ起こる症候群です。
女性ホルモンを補うことで、ホルモンバランスを整え、ホルモンバランスの乱れによる様々な症状を改善できます。
また、自然な形で排卵や生理を起こすサポートをすることから、月経前症候群によるつらい症状を緩和したり、不妊治療にも使われることがあります。

副作用

主な副作用として、以下の症状が現れることがあります。

・乳房の張りや痛み
・不正出血
・吐き気や嘔吐
・頭痛
・めまい
・食欲不振

これらの症状はホルモン環境の変化によって起こりますが、2~3ヵ月くらいで体が慣れてくるので心配はありません。

ただし、副作用の症状がつらい、長引くといった時は無理に服用せず医師に相談してください。

重い副作用

重い副作用として、まれに血栓症(※2)が起こる場合があります。
血栓症と思われる症状が出た場合は、すぐに服用を中止して医師に相談してください。

また、発生頻度は極めて低いですが、長期使用において乳がん・子宮頸がんの発症リスクが少し高まる可能性があります。
乳がんについては自己検診の指導を受け、定期的に自己チェックを行ってください。

なお、不正出血が続く場合は子宮がんの検査を行う必要があります。
いずれにしても半年または1年に1回、これらの検査を含めた定期検診を受けることを推奨しています。

(※2)血栓症とは・・・
血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞することです。
四肢や肺、心臓、脳、網膜などに現れます。
下肢の急激な疼痛、腫脹、突然の息切れや胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力、麻痺、構語障害、急性視力障害などの症状があります。

服用・使用方法

1日1回水かぬるま湯で服用してください。

更年期症状など
1日0.625gm~1.25mgを服用してください。

機能性子宮出血または膣炎 
1日0.625mg~3.75mgを服用してください。

年齢や症状などにより服用量は異なりますので、注意してください。

服用・使用時の注意点

・適切な用量を守り使用してください。
中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

プレマリンが服用できない人

  • 結合型エストロゲンとエストロゲンに対して過敏症の既往歴のある人
  • 乳がんの既往歴のある人
  • 血栓性静脈炎、またはその既往歴のある人
  • 肺塞栓症、またはその既往歴のある人
  • 重篤な肝障害のある人
  • 妊娠、または妊娠の可能性がある人
  • 授乳中の人

※服用の際は、医師または薬剤師にご相談の上、使用してください。

併用禁忌

現在報告されておりません。

併用注意

併用注意薬は、プレマリンと併用して服用するにあたり注意が必要な薬です。

・イプリフラボン
これらの薬の作用を増加させる恐れがあります。

・血糖降下剤
これらの薬は対糖能を低下させ、血糖を上昇させます。

・副腎皮質ホルモン
これらの薬の代謝を抑える恐れがあります。

保管方法

・高温多湿を避けて、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。

・子供の手の届かないところに保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・期限の過ぎた商品の服用、使用はしないでください。

有効成分

結合型エストロゲン(Conjugated Estrogens) 0.625mg

メーカー

ファイザー 

発送国

シンガポール・インド

プレマリンの口コミ

投稿された口コミはまだありません。

プレマリン を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:
電話でご注文
050-5534-6647
※こちらは注文専用の電話番号です。お荷物の追跡状況をご確認したいという方は問い合わせフォームよりご連絡ください。
また、商品の効果や副作用に関しましては、薬機法の関係でお答えすることができませんので、予めご了承ください。
メールでご注文
メールでのご注文方法はこちらを参照ください。
メールでの注文方法
FAXでご注文
FAXでのご注文方法はこちらを参照ください。
FAXでの注文方法
目次へ戻る