グー薬局

×
上へ戻る

カラゼピン(テグレトール・ジェネリック)

更新日:
効果・効能てんかん うつ病 統合失調症 三叉神経痛
カテゴリ てんかん・ADHD
抗うつ剤
統合失調症
商品到着目安 今購入すると、
7月22日~7月29日前後(予定)
口コミ評価 (1件/平均:4点)
  • 2020-06-18

    あべこべさん

    病院でもらっている薬がなくなったときの緊急用として常備しています。まだ使ってませんけど処方されている薬と同じ成分だから安心です。
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
カラゼピン(テグレトール・ジェネリック) 200mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
25錠 5%OFF 定価2,000円 1,900円 57ポイント 76円 カートに入れる
50錠 10%OFF 定価4,000円 3,610円 108ポイント 72円 カートに入れる
75錠 15%OFF 定価6,000円 5,130円 153ポイント 68円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

※こちらの商品は、発送先によって製造元がTERRAと印字されていたり、デザインが多少変わる場合があります。

TERRA社はカラゼピンを開発したMyfarma ilac San社と業務提携をしたパートナー会社であり、製造元やデザインが異なっていても中身は同一のためご安心ください。

カラゼピンは、日本国内でも処方されている抗てんかん薬、テグレトールのジェネリック医薬品です。

てんかん発作を抑える働きがあり、てんかんに伴う精神症状やうつ病、統合失調症、三叉神経痛の治療にも使用されています。

特徴

・カラゼピンは、抗てんかん薬として国内でも処方されているテグレトールのジェネリック医薬品。(※1)

てんかん発作を予防する効果があり、うつ病や統合失調症、三叉神経痛の治療にも使用されている。

・先発薬のテグレトールと同等の効果を、テグレトールよりも低価格で得ることができる。

・当サイトでは、200mg(25錠/50錠/75錠)の購入が可能。

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。 開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

カラゼピンはこんな人にオススメ

  • てんかん発作を予防したい人
  • うつ病を改善したい人
  • 統合失調症を改善したい人
  • 三叉神経痛を緩和したい人

効果

  • 精神運動発作
  • てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害
  • てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)
  • 躁病、躁うつ病の躁状態
  • 統合失調症の興奮状態
  • 三叉神経痛

カラゼピンの主成分カルバマゼピンは、脳の神経細胞の興奮を抑制する働きがあります。

通常、神経細胞は興奮と抑制のバランスが均衡に保たれていますが、てんかんの方は脳が過剰に興奮状態になることにより、てんかん発作が起こります。

カルバマゼピンは脳を興奮させる興奮性シグナルの通り道、ナトリウムチャネルの働きを抑える効果があります。

さらに、興奮性シグナルが神経細胞に侵入することを防ぐため、てんかん発作を予防できます。

また、脳神経を鎮めて気分の高ぶりを抑えるので、躁うつ病の躁状態や統合失調症の興奮状態を落ちつかせます。

その他にも、鎮静作用により三叉神経痛の緩和に役立ちます。

副作用

カラゼピンの主な副作用には、以下の症状があります。

主な症状 発生頻度
眠気 13.8%
めまい 9.1%
ふらつき 8.5%
けん怠・易疲労感 3.5%
運動失調 3.5%
脱力感 3.1%
発疹 2.9%
頭痛・頭重 2.7%
立ちくらみ 2.5%
口渇 2.1%

副作用の症状が現れた場合は、服用を中止して医師の診察を受けてください。

重大な副作用

重大な副作用として、以下の症状が現れる場合があります。

・再生不良性貧血
・汎血球減少
・白血球減少
・無顆粒球症
・貧血
・溶血性貧血
・赤芽球癆
・血小板減少
・中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)
・皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(※2)
・急性汎発性発疹性膿疱症
・紅皮症(剥脱性皮膚炎)
・SLE様症状
・過敏症症候群
・肝機能障害
・黄疸
・急性腎不全(間質性腎炎等)
・PIE症候群
・間質性肺炎
・血栓塞栓症
・アナフィラキシー(※3)
・うっ血性心不全
・房室ブロック
・洞機能不全
・徐脈
・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
・無菌性髄膜炎
・悪性症候群

これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

(※2)皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)とは・・・急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患のことです。

高熱や全身の倦怠感などの症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑や水疱などが発症し、表皮の壊死性障害を認める疾患です。ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

(※3)アナフィラキシーショックとは・・・アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。90%は皮膚症状に現れ、粘膜、呼吸器、消化器にも症状が現れる傾向があります。

症状には軽症、中等症、重症の3段階があり、特に重症の場合は意識がなくなることもあるため、少しでも異常を感じた場合はすぐに医師の診察を受けてください。

服用・使用方法

カラゼピンは成分の血中濃度を一定に保つために、なるべく毎日決まった時間に服用してください。

精神運動発作・てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害・てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)に用いる場合
通常、成人は最初に1日200~400mgを1~2回に分けて服用してください。
その後、効果が得られる目安量の600mgまで徐々に増量してください。

症状によって1日1,200mgまで増量することが可能です。
小児に対しては年齢、症状に応じて、1日100~600mgを数回に分けて服用してください。

躁病、躁うつ病の躁状態・統合失調症の興奮状態に用いる場合
通常、成人は最初に1日200〜400mgを1〜2回に分けて服用してください。
その後、効果が得られる目安量の600mgまで徐々に増量してください。

症状によって1日1,200mgまで増量することが可能です。

三叉神経痛に用いる場合
通常、成人は最初1日200~400mgを服用してください。
その後1日600mgまでを数回に分けて服用してください。

症状によって1日800mgまで増量することが可能です。
小児に対しては年齢、症状に応じて適宜減量してください。

服用・使用時の注意点

・効果を期待して用量の2倍・3倍を服用しても、効果が強く出るわけではないため服用量を必ず守ってください。

・効果を実感するまでに、1ヵ月程度かかる場合があります。

・急に服用量を減少したり、服用を中止すると重いけいれん発作を起こす可能性があるため、服用量の減少、服用中止を希望する際は、医師の判断に従ってください。

・服用することで眠気が出たり、注意力や集中力、反射運動能力などの低下が起こることがあります。そのため、自動車の運転など危険を伴う機械作業は行わないよう十分注意してください。

カラゼピンが服用できない方

・カラゼピンに含まれる成分に対し過敏症の既往歴がある方
・重篤な血液障害がある方
・第II度以上の房室ブロック、高度の徐脈(50拍/分未満)がある方
・ボリコナゾール、タダラフィル(アドシルカ)、リルピビリンを投与中の方
・ポルフィリン症の方

上記に該当する方がカラゼピンの服用を希望される場合は、必ず医師の指示に従ってください。

カラゼピンの服用に注意が必要な方

・心不全、心筋梗塞等の心疾患、または第I度の房室ブロックがある方
・排尿困難がある方
・眼内圧亢進がある方
・肝障害がある方
・腎障害がある方
・薬物過敏症の方
・甲状腺機能低下症の方
・高齢者の方
・妊娠中の方
・妊娠の可能性がある方
・授乳中の方

上記に該当する方がカラゼピンの服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

また、上記以外に治療中の病気や服用中の薬がある方も、カラゼピンの服用を希望する際には必ず医師に相談してください

併用禁忌

カラゼピンと相性が悪く、併用できない薬には以下のものがあります。

・ボリコナゾール(ブイフェンド)
・タダラフィル(アドシルカ)
・リルピビリン(エジュラント)
これらの薬の血中濃度が減少し、作用が減弱する恐れがあります。

併用注意

カラゼピンと併用するにあたって注意が必要な薬には、以下のものがあります。

・MAO阻害剤
相互に作用が増強される恐れがあります。

・炭酸リチウム
精神神経系症状(錯乱、粗大振戦、失見当識等)が現れたとの報告があります。

・メトクロプラミド
神経症状(歩行障害、運動失調、眼振、複視、下肢反射亢進)が現れたとの報告があります

・アルコール
相互に作用が増強される恐れがあるため、過度のアルコール摂取は避けてください。

・中枢神経抑制剤
・ハロペリドール
・チオリダジン
相互に作用が増強されることがあります。

・利尿剤(ナトリウム喪失性)
低ナトリウム血症・SIADHが現れることがあります。

・イソニアジド
イソニアジドの肝毒性を増強することがあります。
カラゼピンの血中濃度が急速に上昇し、中毒症状(眠気、悪心・嘔吐、めまい等)が現れることがあります。

・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
カラゼピンの代謝が促進され、血中濃度が低下する恐れがあります。

・グレープフルーツジュース
カラゼピンの代謝が抑制され血中濃度が上昇する恐れがあるため、カラゼピン投与時はグレープフルーツジュースを摂取しないよう注意してください。

・ミラベグロン
ミラベグロンの作用を減弱することがあります。

・シクロホスファミド
シクロホスファミドの作用を増強することがあります。

・カスポファンギン
カスポファンギンの血中濃度が低下する恐れがあります。

上記の他にも併用注意薬が多数あるため、参考サイトをご確認ください。

なお、併用注意薬以外の薬を服用している方がカラゼピンの服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。
結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
別の容器に移し替える必要がある場合は、飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・使用期限の過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

カルバマゼピン(Carbamazepine)200mg

メーカー

Myfarma ilac San 

発送国

香港

カラゼピン(テグレトール・ジェネリック)の口コミ

▼評価別に絞り込む▼

  • すべて
  • ★★★★★
  • ★★★★
  • ★★★
  • ★★
  • 2020-06-18

    あべこべさん

    26歳

    病院でもらっている薬がなくなったときの緊急用として常備しています。まだ使ってませんけど処方されている薬と同じ成分だから安心です。

カラゼピン(テグレトール・ジェネリック) を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

電話でご注文
050-5534-6647
※こちらは注文専用の電話番号です。お荷物の追跡状況をご確認したいという方は問い合わせフォームよりご連絡ください。
また、商品の効果や副作用に関しましては、薬機法の関係でお答えすることができませんので、予めご了承ください。
メールでご注文
メールでのご注文方法はこちらを参照ください。
メールでの注文方法
FAXでご注文
FAXでのご注文方法はこちらを参照ください。
FAXでの注文方法
目次へ戻る