グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

クロフラニール

更新日:
効果・効能うつ病 遺尿症 ナルコレプシー(情動脱力発作)
カテゴリ 抗うつ剤
使用のタイミング毎日決まった時間に服用
商品到着目安 今購入すると、
8月17日~8月24日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
クロフラニール 10mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
100錠 5%OFF 定価3,000円 2,850円 85ポイント 28円 在庫なし
200錠 10%OFF 定価6,000円 5,400円 162ポイント 27円 在庫なし
クロフラニール 25mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
100錠 5%OFF 定価4,000円 3,800円 114ポイント 38円 カートに入れる
200錠 10%OFF 定価8,000円 7,200円 216ポイント 36円 カートに入れる
クロフラニール 50mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
100錠 5%OFF 定価5,000円 4,750円 142ポイント 47円 カートに入れる
200錠 10%OFF 定価10,000円 9,000円 270ポイント 45円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

クロフラニールは、うつ病やうつ状態を改善する働きがある抗うつ剤です。

日本国内で1973年に発売された抗うつ剤、アナフラニールのジェネリック医薬品で、アナフラニールと同等の効果をより低価格で購入することができます。

遺尿症(尿失禁)や、ナルコレプシー(過眠症)の情動脱力発作の治療薬としても使用されています。

特徴

・クロフラニールは国内でも処方されている抗うつ剤、アナフラニールのジェネリック医薬品。(※1)

古くからある第一世代の三環系抗うつ剤のため、作用が強く効果が期待できる。

・主成分クロミプラミンには、抑うつ状態を改善する働きがある。

・遺尿症やナルコレプシーの治療にも用いられている。

・当サイトではクロフラニール10mg/25mg/50mg(100錠・200錠)の購入が可能。

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。
開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。
味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

クロフラニールはこんな人にオススメ

・精神科領域におけるうつ病や、うつ状態で悩んでいる人
・強い効き目のある抗うつ剤を探している人
・遺尿症で悩んでいる人
・ナルコレプシーによる情動脱力発作を治療したい人

効果

  • うつ病・うつ状態
  • 遺尿症
  • ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

うつ病は、脳内のモノアミン(神経伝達物質の総称)が減少することで引き起こされます。

モノアミンは脳の神経細胞から放出され、アミントランスポーターという物質によって再度神経細胞へと回収されます。

クロフラニールの主成分クロミプラミンには、アミントランスポーターの働きを抑える効果があるため、神経細胞のモノアミン再回収を阻害します。

その結果、脳内から心を落ち着かせるセロトニンや、意欲を高めるノルアドレナリンなどの神経伝達物質が不足するのを防ぐため、うつ病の改善効果が期待できます。

また、クロミプラミンには膀胱の勝手な運動を抑え尿道の閉まりを良くする作用もあるので、遺尿症の治療にも使用されています。

ナルコレプシーに伴う情動脱力発作(激しい感情の刺激がきっかけとなって起こる、顔や手足、全身の力が抜ける症状)の治療薬としても、国内外で使用されています。

その他にも、痛みの神経を鎮める作用があるため、片頭痛や群発頭痛、神経痛などの治療に鎮痛補助薬として応用されることがあります。

副作用

クロフラニールの主な副作用には、以下の症状があります。

・うつ病、うつ状態での副作用

主な症状 発生頻度
口渇 17.9%
眠気 7.7%
立ちくらみ・めまい・ふらつき 7.3%
食欲不振 3.9%

・遺尿症での副作用

主な症状 発生頻度
食欲不振 15.7%
早朝覚醒 11.6%
口渇 9.1%

その他にも循環器障害、精神神経障害、抗コリン作用、光線過敏症、脱毛、発疹、そう痒感、血液障害、肝臓機能障害、消化器障害、内分泌、けん怠感、脱力感、頭痛、発汗、異常高熱、熱感などといった症状があります。

なお、重篤な副作用として悪性症候群やセロトニン症候群(※2)、てんかん発作、横紋筋融解症、無顆粒球症、汎血球減少、麻痺性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、QT延長、心室頻拍、心室細動、肝機能障害、黄疸などが生じることがあります。

これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

(※2)セロトニン症候群とは・・・抗うつ剤などを服用中に、脳内のセロトニン濃度が過剰になって起こる副作用です。

体温の上昇や心拍数の増加、振戦、筋強剛、混乱、錯覚などの症状が現れます。

セロトニン症候群は悪性症候群と比べると副作用の発現が速いため、上記の症状が出たり何かしらの異常を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

服用・使用方法

※成分の血中濃度を一定に保つために、なるべく毎日決まった時間に服用してください。

うつ病、うつ状態に用いる場合
1日50〜100mgを1〜3回に分けて服用してください。
最大で225mgまで増量できますが、年齢や症状によって適宜増減してください。

遺尿症に用いる場合
6歳未満の幼児は、1日10〜25mgを1〜2回に分けて服用してください。
6歳以上の小児は、1日20〜50mgを1~2回に分けて服用してください。
年齢や症状によって適宜増減してください。

ナルコレプシーに伴う情動脱力発作に用いる場合
1日10〜75mgを1〜3回に分けて服用してください。

服用・使用時の注意点

・抗うつ剤の中でも強力な効き目をもつ薬のため、過度な服用は控えてください。

・効果を期待して用量の2倍・3倍を服用しても効果が強く出るわけではないため、服用量を必ず守ってください。

・効果を実感するまでに、2~3週間以上かかる場合があります。

・飲み始めや服用量の増量時にかえって気分が不安定になるときは、早めに医師と相談してください。

・急に服用を中止すると反動で症状が悪化したり、体の具合が悪くなることがあります。中止する際は、医師の判断に従ってください。

・服用することで眠気やめまいを起こすことがあるため、自動車の運転など危険を伴う機械作業は行わないよう十分注意してください。

クロフラニールが服用できない方

・クロフラニールに含まれる成分に対し過敏症の既往歴がある方
・三環系抗うつ剤に対し過敏症の既往歴がある方
・閉塞隅角緑内障症の方
・心筋梗塞の回復初期の方
・前立腺疾患などによる尿閉がある方
・QT延長症候群がある方
・MAO阻害剤阻を投与中の方
・MAO阻害剤阻の投与を中止してから2週間以内の方

クロフラニールの服用に注意が必要な方

・開放隅角緑内障の方
・排尿困難症状がある方
・眼内圧亢進などがある方
・心不全、心筋梗塞、狭心症、不整脈等の心疾患がある方
・甲状腺機能亢進症の方
・てんかん等の痙れん性疾患がある方
・てんかん等の痙れん性疾患の既往歴がある方
・躁うつ病の方
・脳の器質障害がある方
・統合失調症の素因がある方
・衝動性が高い併存障害がある方
・自殺念慮、または自殺企図の既往がある方
・自殺念慮のある方
・副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫等)がある方
・重篤な肝障害がある方
・重篤な腎障害がある方
・低血圧の方
・低カリウム血症の方
・高度な慢性の便秘の方
・妊娠中の方
・妊娠の可能性がある方
・授乳中の方
・高齢者の方
・小児の方(4歳以上に投与することが望ましい。)

上記に該当する方がクロフラニールの服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

また、上記以外に治療中の病気や服用中の薬がある方も、クロフラニールの服用を希望する際には必ず医師に相談してください。

併用禁忌

クロフラニールと相性が悪く、併用できない薬には以下のものがあります。

・MAO阻害剤
・セレギリン塩酸塩(エフピー)
・ラサギリンメシル酸塩(アジレクト)

発汗や不穏、全身痙攣、異常高熱、昏睡などが現れることがあるため、併用は避けてください。

もしMAO阻害剤を投与されていた方がクロフラニールを服用する場合は、少なくとも2週間の間隔を置いてください。

また、クロフラニールからMAO阻害剤に切り替える時には、2~3日間の間隔を置いてください。

併用注意

クロフラニールと併用するにあたって注意が必要な薬には、以下のものがあります。

・副交感神経刺激剤
・ピロカルピン
・セビメリン
上記薬剤の作用が減弱されることがあります。

・抗コリン作用を有する薬剤
・トリヘキシフェニジル
・アトロピン等
口渇や便秘、尿閉、視力障害、眠気等が現れることがあります。

・アドレナリン作動薬
・アドレナリン
・ノルアドレナリン
・フェニレフリン等
心血管作用(高血圧等)を増強することがあります。

・アトモキセチン
相互に作用が増強する恐れがあります。

・中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体等)
・全身麻酔剤(ハロタン等)
・抗不安剤(アルプラゾラム等)
・アルコール
・サリドマイド
中枢神経抑制作用が増強されることがあります。

・フェノチアジン系精神神経用剤(レボメプロマジン等)
鎮静、抗コリン作用の増強が現れることがあります。

・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)
・フルボキサミン
・パロキセチン等
クロフラニールの血中濃度が上昇し、作用が増強されることがあります。
セロトニン症候群が現れる恐れがあります。

・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)
・ミルナシプラン
・リチウム製剤
・三環系抗うつ剤(アミトリプチリン、イミプラミン等)
・トラマドール塩酸塩
・リネゾリド
セロトニン症候群が現れる恐れがあります。

・肝酵素誘導作用をもつ薬剤
・バルビツール酸誘導体
・フェニトイン
・カルバマゼピン
・リファンピシン等
クロフラニールの血中濃度が低下し、作用が減弱する恐れがあります。

・フェニトイン
他の三環系抗うつ剤(イミプラミン)で、フェニトインの作用が増強するとの報告があります。

・抗不整脈剤(キニジン、プロパフェノン)
・メチルフェニデート
・シメチジン
・黄体・卵胞ホルモン製剤
・シナカルセト
・サキナビル
クロフラニールの作用が増強されることがあります。

・テルビナフィン
他の三環系抗うつ剤(イミプラミン)で、活性代謝物の血中濃度が上昇するとの報告があります。

・ホスアンプレナビル
クロフラニールの血中濃度が上昇する可能性があります。

・降圧剤
・グアネチジン
降圧剤の作用を減弱することがあります。

・インスリン製剤(インスリン)
・スルフォニル尿素系糖尿病用剤(グリベンクラミド、グリクラジド)
クロフラニールとの併用により、過度の血糖低下をきたすことがあります。

・クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)
他の三環系抗うつ剤(ノルトリプチリン)との併用により、クマリン系抗凝血剤の血中濃度半減期が延長するとの報告があります。

・スルファメトキサゾール・トリメトプリム
クロフラニールとの併用により、抑うつが再発又は悪化することがあります。

・電気ショック療法
痙攣閾値を低下させ、痙攣状態に陥る恐れがあります。

・QT間隔延長を起こすことが知られている薬剤
・スニチニブ
・ダサチニブ
・マプロチリン等
QT間隔延長や心室性不整脈(Torsade de pointesを含む)など、重篤な副作用を起こす恐れがあります。

・デスモプレシン
低ナトリウム血症性の痙攣発作を起こすことがあります。

・ゾニサミド
高血圧や失神、不全収縮、発汗、てんかん、動作・精神障害の変化や、筋強剛等の副作用が現れる恐れがあります。

上記の他にも服用している薬がある場合は、クロフラニールを服用する前に必ず医師に相談してください。

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。
結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
別の容器に移し替える必要がある場合は、飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・使用期限の過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

クロミプラミン(Clomipramine)10mg/25mg/50mg

メーカー

Sun Pharm 

発送国

香港・シンガポール・インド

クロフラニールの口コミ

投稿された口コミはまだありません。

クロフラニール を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る