こんにちは、ゲスト
上へ戻る

オルリファスト

更新日:
  • オルリファスト
  • オルリファスト
効果・効能脂肪阻害
カテゴリ ゼニカル・脂肪阻害
使用のタイミング1日3回、食事中または食後1時間以内に服用
商品到着目安 今購入すると、
11月18日~11月25日前後(予定)
発送国 香港
口コミ評価 (1件/平均:3点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK、梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
オルリファスト 60mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入
42錠 10
OFF

定価4,200円 3,780円(1錠あたり)
90円

113ポイント カートに入れる
84錠 20
OFF

定価8,400円 6,800円(1錠あたり)
80円

204ポイント カートに入れる
252錠 29
OFF

定価25,200円 18,140円(1錠あたり)
71円

544ポイント カートに入れる
オルリファスト 120mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入
42錠 10
OFF

定価4,500円 4,050円(1錠あたり)
96円

121ポイント カートに入れる
84錠 19
OFF

定価9,000円 7,290円(1錠あたり)
86円

218ポイント カートに入れる
252錠 29
OFF

定価27,000円 19,440円(1錠あたり)
77円

583ポイント カートに入れる

商品詳細

オルリファストは、主成分オルリスタットの効果により脂肪の吸収を阻害するダイエットピルです。

FDA(米国食品医薬品局)から肥満治療薬として承認されているゼニカルのジェネリック医薬品で、ゼニカルよりも低価格で購入できます。

特徴

・オルリファストは、脂肪の吸収を阻害するダイエットピル。

・肥満治療薬として海外で人気の高いゼニカルのジェネリック医薬品。(※1)

・ゼニカルと同様の効果をゼニカルよりも低価格で購入できる。

・脂肪の吸収そのものを抑えるので、食事制限が苦手な人でもダイエットできる。

・当サイトではオルリファスト60mg・120mg(42錠・84錠・252錠)の購入が可能。

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

オルリファストはこんな人にオススメ

  • 脂っこい食事が大好きな人
  • 食事制限が苦手な人
  • ダイエットがうまくいっていない人
  • 何度もリバウンドしてしまう人

効果

  • 脂肪吸収の阻害

わたしたちの体は、食事によって摂取した脂肪を消化酵素のリパーゼによって分解し、腸管から吸収します。

オルリファストの主成分オルリスタットには、リパーゼの脂肪吸収の働きを阻害する効果があります。

この効果により脂肪が腸管に吸収されるのを防ぎ、摂取した脂肪の30%を便と一緒に排出します。

そのため、普段から脂肪分の多い食事をしている人や、食事制限が苦手な人でも普段の食生活を送りながらダイエットすることができます。

※参考サイト:Wikipedia| リパーゼ
※参考サイト:Wikipedia|オルリスタット

副作用

オルリファストの主な副作用には、以下の症状があります。

・油性直腸排出
・おなら
・油性または脂肪性便
・排便回数の増加
・軟便
・ビタミン不足

オルリファストを服用中は、吸収されなかった脂肪が便と共に排出されるため、排便回数が増加しやすくなります。

もし副作用の症状が悪化したり長引く場合は、いったん服用を中止して医師の診察を受けてください。

また、オルリファストの主成分オルリスタットは、脂肪と一緒に脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収も阻害するため、ビタミン不足になる恐れがあります。

そのため、オルリファストを服用中はビタミンを積極的に摂取する必要があります。

<<おすすめのビタミンサプリはこちら>>

マルチビタミン

ビタミンD3マキシマムストレングス10000IU

南極クリルビタミン

服用・使用方法

1日3回、1回1錠を食事中または食後1時間以内に服用してください。

水やぬるま湯と一緒に服用できます。

1日の服用量は最大3錠までのため、それ以上の服用は控えてください。

服用・使用時の注意点

・飲み忘れた場合は、気づいた時点で1回分を服用してください。次回の服用時間が近い場合は、次回分から服用してください。

・まとめて2錠以上服用することは控えてください。

・脂肪分の少ない食事を摂取した際には、服用しないでください。

・服用中は、おならをした際に吸収されなかった脂肪が油として漏れてしまうことがあるため、下着や洋服を汚す恐れがあります。
そのため、生理用ナプキンの使用や、トイレットペーパーを下着に重ねておくなどの対策を行ってください。

オルリファストが服用できない方

・オルリファストの成分に対し過敏症の既往歴がある方
・慢性吸収不良症候群の方
・胆汁うっ滞の方
・重篤な肝臓病の方
・重篤な腎臓病の方
・糖尿病の方
・妊娠中の方
・妊娠の可能性がある方
・授乳中の方
・高齢者の方
・小児の方(12歳未満)※安全性と有効性が確立されていません。

オルリファストの服用に注意が必要な方

・肝臓病の方
・腎臓病の方
・甲状腺の病気の方
・拒食症や過食症など摂食障害がある方
・てんかん等の痙れん性疾患がある方
・てんかん等の痙れん性疾患の既往歴がある方
・HIV感染症の方

上記に該当する方がオルリファストの服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

また、上記以外に治療中の病気や服用中の薬がある方も、オルリファストの服用を希望する際には必ず医師に相談してください。

併用禁忌

オルリファストの併用禁忌薬は、現在調査中です。

併用注意

オルリファストと併用するにあたって注意が必要な薬には、以下のものがあります。

・シクロスポリン
オルリファストの血漿レベルを低下させる恐れがあります。

・レボチロキシン
甲状腺機能低下症の恐れがあります。

・ワルファリンを含む抗凝固剤
ビタミンKの吸収を抑える恐れがあります。

・アミオダロン
薬の効果を減少させる恐れがあります。

・抗てんかん薬
痙攣を起こす恐れがあります。

・抗レトロウイルス薬
ウイルスコントロールが喪失される恐れがあります。

※参考サイト:RxList|ゼニカル

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。
結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
別の容器に移し替える必要がある場合は、飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・表示されている使用期限を過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

オルリスタット(Orlistat)60mg/120mg

関連トピック

ジェネリック医薬品とは

メーカー

Lloyd Laboratories

発送国

香港

鑑定結果

オルリファストの鑑定書
グー薬局のオルリファストは第三者機関からの鑑定結果を受けております。
※左の画像をクリックすると拡大します。

オルリファストの口コミ

▼評価別に絞り込む▼

  • すべて
  • ★★★★★
  • ★★★★
  • ★★★
  • ★★
  • 2020-11-20

    さみーごさん

    40歳

    いつも30分くらい粘るんだけど、5分くらいでするっといった!にしても油がすごい(笑)

オルリファスト を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る