グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

エコスピリン(アスピリン・ジェネリック)

更新日:
効果・効能関節リウマチ リウマチ熱 変形性関節症 強直性脊椎炎 関節周囲炎 結合織炎 術後疼痛 歯痛 症候性神経痛 関節痛 腰痛症 筋肉痛 捻挫痛 打撲痛 痛風 頭痛 月経痛 急性上気道炎(風邪) 川崎病
カテゴリ 解熱・鎮痛
片頭痛
商品到着目安 今購入すると、
8月13日~8月20日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
エコスピリン(アスピリン・ジェネリック) 75mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
98錠 10%OFF 定価1,800円 1,620円 48ポイント 16円 カートに入れる
196錠 15%OFF 定価3,600円 3,080円 92ポイント 15円 カートに入れる
エコスピリン(アスピリン・ジェネリック) 150mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
98錠 10%OFF 定価2,700円 2,430円 72ポイント 24円 カートに入れる
196錠 15%OFF 定価5,400円 4,620円 138ポイント 23円 カートに入れる
エコスピリン(アスピリン・ジェネリック) 325mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
70錠 10%OFF 定価3,600円 3,240円 97ポイント 46円 カートに入れる
140錠 15%OFF 定価7,200円 6,160円 184ポイント 44円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

エコスピリンは、解熱剤や鎮痛剤として有名なアスピリンのジェネリック医薬品です。

主成分アスピリンの働きにより、鎮痛・抗炎症効果や解熱効果が得られます。

特徴

・抗炎症、鎮痛、解熱作用があるアスピリンのジェネリック医薬品。(※1)

・頭痛や生理痛、歯痛、関節痛、風邪など様々な症状に使用できる。

・抗血小板作用により、脳梗塞や心筋梗塞の予防のために用いられることもある。

・当サイトでは75m/150mg/325mgの購入が可能。

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

エコスピリンはこんな人にオススメ

  • アスピリンと同じ効果がある薬を使いたい人
  • 関節リウマチや筋肉痛などの痛みを緩和したい人
  • 風邪の症状を改善したい人
  • 頭痛や生理痛に使える薬を探している人

効果

  • 関節リウマチ
  • リウマチ熱
  • 変形性関節症
  • 強直性脊椎炎
  • 関節周囲炎
  • 結合織炎
  • 術後疼痛
  • 歯痛
  • 症候性神経痛
  • 関節痛
  • 腰痛症
  • 筋肉痛
  • 捻挫痛
  • 打撲痛
  • 痛風
  • 頭痛
  • 月経痛
  • 急性上気道炎(風邪)
  • 川崎病
             

エコスピリンの主成分アスピリンは、炎症や発熱の原因となる物質、プロスタグランジンの合成を抑制する働きがあります。

痛みや腫れを抑え、炎症を鎮めて熱を下げるため、頭痛や生理痛、歯痛、関節リウマチや筋肉痛など様々な症状に効果があります。

また、アスピリンには血を止めたり固める効果を持つ血小板を抑制する効果もあります。

アスピリンの効果によって血栓ができにくくなるため、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなると言われています。

その他にも、子どもに発症する川崎病(※2)の治療にも使用されています。

(※2)川崎病とは・・・子どもが発症する病気であり、全身の血管に炎症が起こります。
高熱、両目の充血、唇の乾燥、発疹、首のリンパ節の腫れ、手足のむくみなど様々な症状が全身に現れます。
アスピリンの血管の炎症を抑える効果や、血栓を予防する効果が治療に使用されています。

※参考サイト:Wikipedia|川崎病

副作用

エコスピリンの副作用には、以下の症状があります。

・食欲不振
・嘔吐
・悪心
・発疹
・頭痛
・胃痛
・腹痛
・胃腸障害
・胃部不快感
・食道炎
・口唇腫脹
・吐血
・蕁麻疹
・便秘
・下痢
・めまい
・むくみ
・胸やけ
・頭痛
・貧血
・浮腫
・鼻炎様症状
・そう痒
・腎障害
・血圧低下
・血管炎

副作用の症状が重症化することはまれですが、胃潰瘍など消化性潰瘍が起こる可能性もあるため、注意が必要です。

アレルギー体質の人や、もともと喘息がある人は注意してください。

もし副作用の症状が長引いたり、悪化する場合はいったん服用を中止して、医師の診察を受けてください。

重大な副作用

重大な副作用として、まれに以下のような症状が現れることがあります。

これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

・ショック
・アナフィラキシー(※3)
・脳出血等の頭蓋内出血
・肺出血
・消化管出血
・鼻出血
・眼底出血等
・中毒性表皮壊死融解症
・皮膚粘膜眼症候群
・剥脱性皮膚炎
・再生不良性貧血
・血小板減少
・白血球減少
・喘息発作の誘発
・肝機能障害
・黄疸
・消化性潰瘍
・小腸、大腸潰瘍

(※3)アナフィラキシーとは・・・アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。

90%は皮膚症状に現れ、粘膜、呼吸器、消化器にも症状が現れる傾向があります。

症状には軽症、中等症、重症の3段階があり、特に重症の場合は意識がなくなることもあるため、少しでも異常を感じた場合はすぐに医師の診察を受けてください。

服用・使用方法

・頭痛や生理痛、歯痛、関節リウマチや筋肉痛などに用いる場合

1回0.5〜1.5gを1日1.0〜4.5g服用してください。

年齢や症状により適宜増減は可能ですが、1日の最大量である4.5gを越えないよう注意してください。

・急性上気道炎(風邪)に用いる場合

1回0.5〜1.5gを服用してください。

年齢、症状により適宜増減は可能ですが、原則として1日2回までの服用とし、1日の最大量である4.5gを越えないよう注意してください。

・川崎病に用いる場合

急性期有熱期間は、体重1kgあたり30〜50mgを1日3回に分けて服用してください。

解熱後の回復期から慢性期は、体重1kgあたり3〜5mgを1日1回服用してください。

症状に応じて適宜増減が可能です。

服用・使用時の注意点

・服用量を守り、過度な服用は控えてください。

・空腹時の服用は避けてください。
空腹時に飲む場合は、軽食を取るか牛乳を飲んだ後に服用することで、胃の負担を軽減できます。

・関節リウマチの症状に用いる場合、効果が現れるまでに2~4週間程度かかる場合があります。

・効果の強い薬のため、服用することで胃の痛みやむかつきなどが生じることがあります。

・原則として長期の服用は避けてください。
長期にわたって服用が必要な場合は、定期的に検査を受けてください。

・あくまでも対症療法の薬のため、長期的に漫然と服用せずに原因疾患の治療も行ってください。

・感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染による炎症に対して用いる場合は適切な抗菌剤を併用してください。

・他の消炎鎮痛剤との併用は避けてください。

エコスピリンが服用できない方

川崎病以外の方

・エコスピリンの成分に対し過敏症の既往歴がある方
・サリチル酸系製剤に対し過敏症の既往歴がある方
・消化性潰瘍がある方
・重篤な血液の異常がある方
・重篤な肝障害がある方
・重篤な腎障害がある方
・重篤な心機能不全がある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)がある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)の既往歴がある方
・出産予定日12週以内の妊婦の方

川崎病の方(※川崎病による心血管後遺症を含む)

・エコスピリンの成分に対し過敏症の既往歴がある方
・サリチル酸系製剤に対し過敏症の既往歴がある方
・消化性潰瘍がある方
・出血傾向がある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)がある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)の既往歴がある方
・出産予定日12週以内の妊婦の方

エコスピリンの服用に注意が必要な方

・消化性潰瘍の既往歴がある方
・血液の異常又はその既往歴がある方
・出血傾向がある方
・肝障害又はその既往歴がある方
・腎障害又はその既往歴がある方
・心機能障害がある方
・過敏症の既往歴がある方
・気管支喘息がある方
・高齢者の方
・妊娠中の方
・妊娠の可能性がある方
・授乳中の方
・小児の方
・アルコール常飲者の方
・手術や心臓カテーテル検査又は抜歯前1週間以内の方
・非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍があり、エコスピリンの長期投与が必要かつミソプロストールによる治療を行っている方

上記に該当する方がエコスピリンの服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

また、他の薬を服用中の方や治療中の病気がある方が服用を希望する場合も、医師に相談してください。

併用禁忌

現在、報告されておりません。

併用注意

エコスピリンと併用するにあたって注意が必要な薬には、以下のものがあります。

・抗凝固剤(クマリン系抗凝固剤など)
クマリン系抗凝固剤の作用を増強し、出血時間の延長や消化管出血等を起こすことがあります。

・抗凝固剤(血液凝固阻止剤等)
・血小板凝集抑制作用を有する薬剤
・血栓溶解剤
併用により出血の危険性が増大する恐れがあります。

・糖尿病用剤
糖尿病用剤の作用を増強し、低血糖を起こすことがあります。

・メトトレキサート
メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化器障害等)が増強されることがあります。

・バルプロ酸ナトリウム
バルプロ酸ナトリウムの作用を増強し、振戦等を起こすことがあります。

・フェニトイン
総フェニトイン濃度を低下させるが、非結合型フェニトイン濃度は低下させないとの報告があります。

・炭酸脱水酵素阻害剤(アセタゾラミド等)
アセタゾラミドの副作用を増強し、嗜眠、錯乱等の中枢神経系症状や代謝性アシドーシス等を起こすことが報告されています。

・副腎皮質ホルモン剤
サリチル酸中毒を起こすことが報告されています。

・リチウム製剤(炭酸リチウム)
類薬(インドメタシン等)でリチウム中毒を起こすことが報告されています。

・チアジド系利尿剤(ヒドロクロロチアジド等)
類薬(インドメタシン等)でチアジド系利尿剤の作用を減弱させることが報告されています。

・尿酸排泄促進剤
薬剤の作用を減弱させることがあります。

・乳酸ナトリウム
本剤の作用を減弱させることがあります。

・非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤(インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム等)
薬剤の血中濃度を低下させる恐れがあります。
消化器系の副作用を増強させる恐れがあります。
出血及び腎機能低下を起こすことがあります。

・非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤(オキシカム系消炎鎮痛剤、ピロキシカム等)
両剤、又は一方の薬剤の副作用の発現頻度を増加させる恐れがあります。

・非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤(スリンダク)
消化器系の副作用の発現率が上昇します。
スリンダクの活性代謝物(スルフィド体)の血中濃度が低下します。

・非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤(イブプロフェン、ナプロキセン、ピロキシカム)
本剤の血小板凝集抑制作用を減弱するとの報告があります。

・ドネペジル塩酸塩
消化性潰瘍を起こすことがあります。

・β遮断剤
降圧作用が減弱することがあります。

・ループ利尿剤(フロセミド等)
薬剤の利尿作用を減弱させる恐れがあります。
サリチル酸中毒が発現する恐れがあります。

・ニトログリセリン
ニトログリセリンの作用を減弱させる恐れがあります。

・タクロリムス水和物(シクロスポリン)
腎障害が発現することがあります。

・ザフィルルカスト
ザフィルルカストの血漿中濃度が上昇することがあります。

・プロスタグランジンD2
・トロンボキサンA2受容体拮抗剤
ヒト血漿蛋白結合に対する相互作用の検討において、本剤によりこれら薬剤の非結合型分率が上昇することがあります。

・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)
皮膚の異常出血(斑状出血、紫斑等)や出血症状(胃腸出血等)が報告されています。

・アルコール
消化管出血が増強される恐れがあります。

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。
結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
別の容器に移し替える必要がある場合は、飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・表示されている使用期限を過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

アスピリン(Aspirin)75mg/150mg/325mg

関連トピック

ジェネリック医薬品とは

痛風とは

メーカー

ユーエスブイ 

発送国

シンガポール・インド

エコスピリン(アスピリン・ジェネリック)の口コミ

投稿された口コミはまだありません。

エコスピリン(アスピリン・ジェネリック) を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る