グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

ボルタレン徐放錠

更新日:
  • ボルタレン徐放錠
効果・効能関節痛 筋肉痛 腰痛 抜歯後の痛み 熱による喉の痛み
カテゴリ 解熱・鎮痛
使用のタイミング食後に服用
持続時間5時間
商品到着目安 今購入すると、
11月2日~11月9日前後(予定)
口コミ評価 (1件/平均:5点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
ボルタレン徐放錠 100㎎
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
30錠 10%OFF 定価6,000円 5,400円 162ポイント 180円 カートに入れる
60錠 19%OFF 定価12,000円 9,720円 291ポイント 162円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

ボルタレン徐放錠(※1)は、関節痛や筋肉痛など様々な症状の腫れや痛みを緩和します。

熱による喉の痛みを伴う風邪にも有効で、頭痛や生理痛に対しても効果を発揮します。

当サイトでは、ボルタレン徐放錠を開発したノバルティス社が製造・販売している正規品を取り扱っています。

(※1)徐放錠とは・・・薬の成分がゆっくりと溶け出し、効果が長く続くように加工された錠剤のことです。
徐放錠は噛んだり砕いたりして服用すると、予定していた時間よりも短時間で薬の効果が現れてしまうことがあります。
その場合、血中濃度が急激に上がって副作用の危険性が増す可能性があるため、徐放錠は噛んだり砕いたりせず、そのまま服用する必要があります。

特徴

・関節痛や筋肉痛などの腫れや痛み、炎症を緩和する鎮痛・抗炎症薬。

・有効成分ジクロフェナクナトリウムによって、発熱や痛み、炎症を抑えられる。

・血中の薬物濃度が長時間持続することから、持続性製剤とも呼ばれている。

・当サイトでは、有効成分ジクロフェナクナトリウム100mgの購入が可能。

ボルタレン徐放錠はこんな人にオススメ

  • 関節痛や筋肉痛を和らげたい人
  • 腰痛に悩んでいる人
  • 抜歯後の痛みを軽くしたい人
  • 風邪にも使える鎮痛薬を探している人

効果

  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 腰痛
  • 抜歯後の痛み
  • 熱による喉の痛み
             

ボルタレン徐放錠の有効成分ジクロフェナクナトリウムには、炎症や発熱の原因となる物質、プロスタグランジンの生成を抑制する働きがあります。

この働きによって関節痛や筋肉痛、腰痛などの痛みや腫れ、炎症を緩和します。

関節リウマチや変形性関節症、頭痛や生理痛などの症状にも有効です。

熱による喉の痛みを伴う風邪にも効果があります。

ただし、熱や痛みの原因そのものを治すものではありません。

あくまでも、一時的に症状を抑えることのできる対処療法薬であることを理解して服用する必要があります。

※参考サイト:Wikipedia|ジクロフェナク

副作用

ボルタレン徐放錠の主な副作用には、以下の症状があります。

・胃痛
・腹痛
・吐き気
・嘔吐
・食欲不振
・下痢
・口内炎
・貧血
・発疹
・じんましん
・むくみ

副作用の症状が重症化することはまれですが、胃潰瘍など消化性潰瘍が起こる可能性もあるため、注意が必要です。

高齢者の方が服用する場合や、服用が長期になる時には副作用の症状に気をつけてください。

人によっては発疹ができたり喘息発作を起こす恐れがあるため、アレルギー体質の人や、もともと喘息がある人は注意してください。

もし副作用の症状が長引いたり、悪化する場合はいったん服用を中止して、医師の診察を受けてください。

重大な副作用

重大な副作用として、まれに以下のような症状が現れることがあります。

これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

・ショック
・アナフィラキシー(※1)
・出血性ショック
・穿孔を伴う消化管潰瘍
・消化管の狭窄、閉塞
・再生不良性貧血
・溶血性貧血
・無顆粒球症
・血小板減少
・中毒性表皮壊死融解症
・皮膚粘膜眼症候群
・紅皮症(剥脱性皮膚炎)
・急性腎不全(間質性腎炎、腎乳頭壊死等)
・ネフローゼ症候群
・重症喘息発作(アスピリン喘息)
・間質性肺炎
・うっ血性心不全
・心筋梗塞
・無菌性髄膜炎
・重篤な肝障害
・急性脳症
・横紋筋融解症
・脳血管障害

(※1)アナフィラキシーとは・・・アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状に現れ、粘膜、呼吸器、消化器にも症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症の3段階があり、特に重症の場合は意識がなくなることもあるため、少しでも異常を感じた場合はすぐに医師の診察を受けてください。

服用・使用方法

1回25mg~50mgを水またはぬるま湯と一緒に服用してください。

※1錠100mgのため、ピルカッターを使って4分割(25mg)したり、半分(50mg)にカットすることで服用量を調整できます。

服用回数は1日3回、1日の最大服用量は100mgとされているため、100mgを超えないよう注意してください。

初めてボルタレン徐放錠を服用される場合、1日の服用回数は原則2回までとし、1日の最大服用量は100mgが推奨されています。

空腹での服用は避けることが望ましいため、朝食後・昼食後・夕食後のいずれかのタイミングで服用してください。

服用間隔は、4時間以上あけてください。

服用・使用時の注意点

・服用量を守り、過度な服用は控えてください。

・空腹時の服用は避けてください。
空腹時に飲む場合は、軽食を取るか牛乳を飲んだ後に服用することで、胃の負担を軽減できます。

・関節リウマチの症状に用いる場合、効果が現れるまでに2~4週間程度かかる場合があります。

・原則として長期の服用は避けてください。
長期にわたって服用が必要な場合は、定期的に検査を受けてください。

・高齢者の方や小児の方が服用する場合、副作用の発現に特に注意し、必要最小限の服用にとどめてください。

・あくまでも対症療法の薬のため、長期的に漫然と服用せずに原因疾患の治療も行ってください。

・感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染による炎症に対して用いる場合は適切な抗菌剤を併用してください。

・他の消炎鎮痛剤との併用は避けてください。

・服用中に眠気やめまいなどが現れることがあるため、自動車の運転など危険を伴う機械作業を行わないよう十分注意してください。

※効果や副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。
当サイトでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。
ご使用の際は、必ず医師や薬剤師など専門家にご相談してください。

ボルタレン徐放錠が服用できない方

・ボルタレン徐放錠の成分に対し過敏症の既往歴がある方
・消化性潰瘍のある方
・重篤な血液の異常がある方
・重篤な肝障害がある方
・重篤な腎障害がある方
・重篤な高血圧症がある方
・重篤な心機能不全がある方
・直腸炎、直腸出血又は痔疾のある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)がある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)の既往歴がある方
・インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症がある方
・妊娠中の方
・妊娠の可能性がある方
・授乳中の方
・トリアムテレンを投与中の方

ボルタレン徐放錠の服用に注意が必要な方

・消化性潰瘍の既往歴がある方
・血液の異常又はその既往歴がある方
・出血傾向のある方
・肝障害又はその既往歴のある方
・腎障害又はその既往歴のある方
・腎血流量が低下しやすい方
・高血圧症のある方
・心機能障害のある方
・SLE(全身性エリテマトーデス)の方
・過敏症の既往歴のある方
・気管支喘息のある方
・潰瘍性大腸炎の方
・クローン病の方
・高齢者の方
・小児の方
・非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍があり、本剤の長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている方

上記に該当する方がボルタレン徐放錠の服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

また、他の薬を服用中の方が服用を希望する場合も、医師に相談してください。

併用禁忌

ボルタレン徐放錠と相性が悪く、併用できない薬には以下のものがあります。

・トリアムテレン(トリテレン)
急性腎不全が現れたとの報告があります。

併用注意

ボルタレン徐放錠と併用するにあたって注意が必要な薬には、以下のものがあります。

・CYP2C9を阻害する薬剤(ボリコナゾール等)
本剤のCmaxとAUCが増加することがあります。

・ニューキノロン系抗菌剤(エノキサシン等)
痙攣を起こす恐れがあります。

・リチウム
・強心配糖体(ジゴキシン等)
・メトトレキサート
これらの薬剤の血中濃度を高め、その作用を増強することがあります。

・アスピリン
相互に作用が減弱されることがあります。
消化器系の副作用を増強させる恐れがあります。

・非ステロイド性消炎鎮痛剤
相互に胃腸障害等が増強されることがあります。

・副腎皮質ステロイド剤(プレドニゾロン等)
相互に副作用、特に、胃腸障害等が増強されることがあります。

・降圧剤
・β-遮断剤
・ACE阻害剤
・アンジオテンシンII受容体拮抗剤等
これらの薬剤の降圧作用を減弱することがあります。
腎機能を悪化させる恐れがあります。

・利尿剤(ヒドロクロロチアジド、フロセミド等)
これらの薬剤の作用を減弱させることがあります。

・カリウム保持性利尿剤(スピロノラクトン、カンレノ酸)
・抗アルドステロン剤(エプレレノン)
これらの薬剤の作用を減弱させることがあります。
腎機能障害患者における重度の高カリウム血症が発現する恐れがあります。

・抗凝血剤及び抗血小板薬(ワルファリン、レビパリン、クロピドグレル、エノキサパリン等)
出血の危険性が増大するとの報告があります。

・シクロスポリン
シクロスポリンによる腎障害を増強するとの報告があります。
高カリウム血症が現れる恐れがあります。

・ドロスピレノン・エチニルエストラジオール
高カリウム血症が現れる恐れがあります。

・コレスチラミン
本剤の血中濃度が低下する恐れがあります。

・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)、フルボキサミン、パロキセチン
消化管出血が現れることがあります。

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。
結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
別の容器に移し替える必要がある場合は、飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・表示されている使用期限を過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

ジクロフェナクナトリウム(Diclofenac Sodium)100mg

メーカー

ノバルティス

発送国

香港・シンガポール

ボルタレン徐放錠の口コミ

▼評価別に絞り込む▼

  • すべて
  • ★★★★★
  • ★★★★
  • ★★★
  • ★★
  • 2020-10-13

    しのぶさん

    38歳

    腰痛持ちなので痛み止めがかかせません。通販ならどこにも出かけずに買えるから助かります。

ボルタレン徐放錠 を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る