グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

トラマドール

更新日:
  • トラマドール
新入荷商品
効果・効能疼痛を伴う各種癌 慢性疼痛
カテゴリ 解熱・鎮痛
商品到着目安 今購入すると、
10月2日~10月9日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
トラマドール 50mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
20錠 5%OFF 定価2,000円 1,900円 57ポイント 95円 カートに入れる
40錠 15%OFF 定価4,000円 3,420円 102ポイント 85円 カートに入れる
60錠 20%OFF 定価6,000円 4,840円 145ポイント 80円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

トラマドールは、強力な痛み止めの効果を持つ鎮痛剤です。

オピオイドと呼ばれる強い痛み止めの中でも低用量の鎮痛剤のため、従来の鎮痛薬より薬物依存や副作用の心配が少ないとされています。

特徴

・トラマドールは、中度~高度の痛みに効果がある鎮痛剤。

・低用量のため、同様の効果を持つ鎮痛剤よりも便秘などの副作用が少ない。

・即効性が非常に高く、強烈な痛みを軽減させる効果がある。

・当サイトでは、有効成分トラマドール塩酸塩50mgの購入が可能。

トラマドールはこんな人にオススメ

  • がんによる痛みを軽減したい人
  • 手術後の痛みを抑えたい人
  • 慢性的な筋肉痛や関節痛に悩んでいる人
  • 即効性のある痛み止めを使いたい人

効果

  • 疼痛を伴う各種癌
  • 慢性疼痛
         

トラマドールの有効成分トラマドール塩酸塩は、鎮痛作用を持つオピオイドμ受容体と呼ばれるタンパク質に働きかけます。

トラマドール塩酸塩がオピオイドμ受容体を刺激することによって、痛みを感じにくくなり、がんによる痛みや慢性疼痛を抑えます。

また、トラマドール塩酸塩にはセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用もあります。

神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンは、鎮痛作用を持つ神経、下行性疼痛抑制系神経を活性化する働きがあります。

セロトニンやノルアドレナリンが取り込まれることなく多く分泌されることで、下行性疼痛抑制系神経がより活性化し、鎮痛作用をもたらします。

※参考サイト:Wikipedia|トラマドール

副作用

トラマドールは低用量の鎮痛剤のため、副作用は比較的副軽減されています。
ただし、以下の症状が副作用として現れる場合もあります。

・がん疼痛での副作用

主な症状 発生頻度
便秘 30.0%
吐き気 29.2%
嘔吐 19.5%
傾眠 18.7%
食欲減退 9.4%
浮動性めまい 8.6%
頭痛 6.4%

・慢性疼痛での副作用

主な症状 発生頻度
便秘 50.8%
吐き気 49.2%
傾眠 29.5%
嘔吐 19.0%
浮動性めまい 18.5%
口渇 9.3%
食欲減退 6.6%
頭痛 6.2%
倦怠感 5.6%

副作用の症状のうち、眠気(傾眠)は服用を継続するうちに慣れていくことで軽減します。

吐き気は少し長引くことがあり、便秘も続くことが多いので下剤などで対処できます。

副作用の症状がつらい、長引くといった時には、早めに医師と相談してください。

重大な副作用

重大な副作用として、まれに以下のような症状が現れることがあります。

これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

・ショック
・アナフィラキシー(※1)
・呼吸抑制
・痙攣
・依存性
・意識消失

(※1)アナフィラキシーとは・・・アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状に現れ、粘膜、呼吸器、消化器にも症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症の3段階があり、特に重症の場合は意識がなくなることもあるため、少しでも異常を感じた場合はすぐに医師の診察を受けてください。

服用・使用方法

1回1錠(50mg)を服用し、次の服用までは5時間以上空けてください。

トラマドールを初めて服用する場合は、1回0.5錠(25mg)からの服用が推奨されています。

1日の最大服用量である8錠(400mg)を超えないように注意してください。

割ったり噛み砕いたりせず、そのまま服用してください。水やぬるま湯と一緒に服用できます。

効果や副作用、服用・使用方法、注意点については、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。

当サイトでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。
ご使用の際は、必ず医師など専門家に相談してください。

服用・使用時の注意点

・服用量を守り、過度な服用は控えてください。

・慢性疼痛に対して、服用開始後4週間を経過しても効果が得られない場合は、他の適切な治療への変更を検討してください。

・服用の必要がなくなった場合は、退薬症候の発現を防ぐために徐々に減量してください。

・75歳以上の高齢者の方が服用する場合、トラマドールの血中濃度が高い状態で持続することで、効果や副作用が増強する恐れがあります。そのため、1日の服用量は300mgを超えないことが推奨されています。

トラマドールが服用できない方

・トラマドールに含まれる成分に対し過敏症の既往歴がある方
・アルコール、睡眠剤、鎮痛剤、オピオイド鎮痛剤による急性中毒患者の方
・向精神薬による急性中毒患者の方
・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の方
・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中止後14日以内の方
・治療により十分な管理がされていないてんかん患者の方
・12歳未満の小児の方

トラマドールの服用に注意が必要な方

・オピオイド鎮痛剤を投与中の方
・オピオイド鎮痛剤に対し過敏症の既往歴がある方
・腎障害がある方
・肝障害がある方
・てんかんがある方
・痙攣発作を起こしやすい方
・痙攣発作の既往歴がある方
・薬物乱用がある方
・薬物依存傾向がある方
・呼吸抑制状態にある方
・脳に器質的障害がある方
・ショック状態にある方
・高齢者の方
・妊娠中の方
・妊娠の可能性がある方
・授乳中の方

上記に該当する方がトラマドールの服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

また、他の薬を服用中の方や治療中の病気がある方が服用を希望する場合も、医師に相談してください。

併用禁忌

トラマドールと相性が悪く、併用できない薬には以下のものがあります。

・モノアミン酸化酵素阻害剤
・セレギリン塩酸塩(エフピー)
・ラサギリンメシル酸塩(アジレクト)

外国において、セロトニン症候群を含む中枢神経系や心血管系(低血圧、高血圧)の重篤な副作用が報告されています。

モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の方や、投与中止後14日以内の方は服用を控えてください。

トラマドールの服用中止後にモノアミン酸化酵素阻害剤の投与を開始する場合には、2〜3日間の間隔をあけることが望ましいです。

併用注意

トラマドールと併用するにあたって注意が必要な薬には、以下のものがあります。

・オピオイド鎮痛剤
・中枢神経抑制剤(フェノチアジン系薬剤、催眠鎮静剤等)
併用により痙攣閾値の低下や呼吸抑制の増強を来す恐れがあります。

・リネゾリド
・三環系抗うつ剤
・セロトニン作用薬(選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)等)
セロトニン症候群が現れる恐れがあります。
痙攣発作の危険性を増大させる恐れがあります。

・アルコール
呼吸抑制が生じる恐れがあります。

・カルバマゼピン
本剤の鎮痛効果を下げ、作用時間を短縮させる可能性があります。

・キニジン
相互に作用が増強する恐れがあります。

・ジゴキシン
外国において、ジゴキシン中毒が発現したという報告があります。

・クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)
出血を伴うプロトロンビン時間の延長、斑状出血等の抗凝血作用への影響が見られたという報告があります。

・オンダンセトロン塩酸塩水和物
本剤の鎮痛作用を減弱させる恐れがあります。

・ブプレノルフィン
・ペンタゾシン等
本剤の鎮痛作用を減弱させる恐れがあります。
退薬症候を起こす恐れがあります。

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。
結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
別の容器に移し替える必要がある場合は、飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・表示されている使用期限を過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

トラマドール塩酸塩(Tramadol) 50mg

メーカー

Apotex 

発送国

香港

トラマドールの口コミ

投稿された口コミはまだありません。

トラマドール を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る