グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

アリピプラゾールMT(エビリファイ・ジェネリック)

更新日:
  • アリピプラゾールMT(エビリファイ・ジェネリック)
  • アリピプラゾールMT(エビリファイ・ジェネリック)
効果・効能統合失調症 双極性障害における躁症状 うつ病、うつ状態 小児期の自閉スペクトラム症の易刺激性
カテゴリ 統合失調症
商品到着目安 今購入すると、
10月29日~11月5日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
アリピプラゾールMT(エビリファイ・ジェネリック) 5mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
100錠 10%OFF 定価3,500円 3,150円 94ポイント 31円 在庫なし
アリピプラゾールMT(エビリファイ・ジェネリック) 5mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
150錠 11%OFF 定価3,750円 3,370円 101ポイント 22円 カートに入れる

商品詳細

おすすめポイント!
  • 統合失調症の陽性・陰性症状の両方を改善する効果がある。
  • 従来の抗精神病薬に比べて、副作用が比較的少ない。

特徴

・アリピプラゾールMTは、日本国内でも処方されている統合失調症の治療薬、エビリファイのジェネリック医薬品。(※1)

・有効成分アリピプラゾールには、ドーパミンの量を適切に調整する働きがある。

・統合失調症の陽性症状・陰性症状の両方を改善する効果がある。

・双極性障害の躁症状や、うつ病・うつ状態を改善する効果もある。

・小児期自閉スペクトラム症の易刺激性の症状にも有効。

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

アリピプラゾールMTはこんな人にオススメ

  • 統合失調症の陽性症状に悩んでいる人
  • 統合失調症の陰性症状に悩んでいる人
  • 双極性障害における躁症状に悩んでいる人
  • うつ病・うつ状態に悩んでいる人
  • 小児期の自閉スペクトラム症の易刺激性に悩んでいる人

効果

  • 統合失調症の陽性症状
  • 統合失調症の陰性症状
  • 双極性障害における躁症状
  • うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)
  • 小児期の自閉スペクトラム症の易刺激性

統合失調症は、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンが正常に分泌されないことによって、様々な症状が現れます。

脳内でドーパミンが過剰に分泌された場合は、幻覚や幻聴、妄想など統合失調症の陽性症状が生じます。

脳内でセロトニンが過剰に分泌された場合は、無感情や意欲の低下、自閉など統合失調症の陰性症状が生じます。

アリピプラゾールMTの有効成分アリピプラゾールは、ドーパミン・システム・スタビライザーと呼ばれ、ドーパミンの働きを調整する効果があります。

この効果によりドーパミンが過剰に分泌された時にはその働きを抑え、逆に不足した時にはドーパミンの働きを高めます。

また、アリピプラゾールにはセロトニンへ働きかける作用もあるため、脳内のホルモンバランスを整えることで陽性症状と陰性症状の両方が改善されます。

さらに、アリピプラゾールは双極性障害における躁症状やうつ病、うつ状態を改善する働きもあります。

その他にも、自閉症やアスペルガー症候群など、小児期自閉スペクトラム症の易刺激性の症状を和らげるのにも有効です。

副作用

アリピプラゾールMTの主な副作用には、以下の症状があります。

・体の勝手な動き
・じっとできない
・指や手足の震え
・こわばり
・不眠
・眠気
・傾眠
・不安感
・頭痛
・めまい
・吐き気
・便秘
・体重増加
・生理への影響

副作用の症状が気になったり悪化する場合は、アリピプラゾールMTの服用を中止して医師に相談してください。

重篤な副作用

重篤な副作用として、以下の症状が現れる場合があります。

・悪性症候群
・遅発性ジスキネジア
・麻痺性イレウス
・アナフィラキシー
・横紋筋融解症
・糖尿病性ケトアシドーシス
・糖尿病性昏睡
・低血糖
・痙攣
・無顆粒球症
・白血球減少
・肺塞栓症
・深部静脈血栓症
・肝機能障害

これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

警告

アリピプラゾールMTを服用中は、糖尿病性ケトアシドーシスや糖尿病性昏睡など重大な副作用が発現する恐れがあるため、高血糖の徴候や症状に注意してください。

特に糖尿病またはその既往歴がある方、その危険因子を有する方は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ服用することとしてください。

また、服用にあたっては血糖値の測定等の観察を十分に行ってください。

服用にあたっては、あらかじめ上記のような副作用が発現する場合があることを家族にも十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感等の異常に注意してください。

また、これらの症状が現れた場合はすぐに服用を中断して、医師の診察を受けてください。

服用・使用方法

・統合失調症に用いる場合
1日6〜12mgを開始用量とし、1日6〜24mgを維持用量として1回〜2回に分けて服用してください。

年齢や症状に応じて適宜増減が可能ですが、1日量である30mgを超えないよう注意してください。

・双極性障害における躁症状に用いる場合
1日1回、12~24mgを服用してください。

適宜増減が可能ですが、開始用量は24mgとし、1日量である30mgを超えないよう注意してください。

・うつ病やうつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)に用いる場合
1日1回、3mgを服用してください。

年齢や症状に応じて適宜増減が可能ですが、増量幅は1日量として3mgとし、1日量は15mgを超えないよう注意してください。

・小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性に用いる場合

※小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性に用いる場合は、原則として6歳以上18歳未満の方のみ服用してください。

1日1mgを開始用量とし、1日1~15mgを維持容量として服用してください。

症状により適宜増減が可能ですが、増量幅は1日量として最大3mgとし、1日量は15mgを超えないよう注意してください。

服用・使用時の注意点

・服用量を必ず守って服用してください。

・服用量は少量より開始し、増量する場合は効果や副作用に注意しながら段階的に増量してください。

・服用後、定常状態になるまでに約2週間ほどかかるため、2週間以内に増量することは控えてください。

・長期にわたっての漫然とした服用は控えてください。

・喉が異常に渇いて水を大量に飲んでしまう時は、血糖値が高くなっている可能性があるためすぐに医師の診察を受けてください。

・脱力感や倦怠感、冷や汗、震え、眠気、もうろうとするなどの症状が現れる場合は、血糖値が下がっている可能性があるため注意してください。

・急に服用を中止すると、反動で体の具合が悪くなることがあります。中止する際は、医師の判断に従ってください。

・服用することで眠気が出たり、注意力や集中力、反射運動能力などの低下が起こることがあります。そのため、自動車の運転など危険を伴う機械作業は行わないよう十分注意してください。

アリピプラゾールMTが服用できない方

・アリピプラゾールMTに含まれる成分に対し、過敏症の既往歴がある方
・バルビツール酸誘導体、麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
・アドレナリンを投与中の方(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)

アリピプラゾールMTの服用に注意が必要な方

・肝障害がある方
・心・血管疾患がある方
・心・血管疾患の疑いがある方
・てんかん等の痙れん性疾患がある方
・てんかん等の痙れん性疾患の既往歴がある方
・糖尿病の方
・糖尿病の既往歴がある方
・糖尿病の家族歴がある方
・高血糖の方
・肥満等の糖尿病の危険因子を有する方
・自殺念慮、または自殺企図の既往がある方
・自殺念慮のある方
・脳の器質的障害がある方
・衝動性が高い併存障害を有する方
・妊娠中の方
・妊娠の可能性がある方
・授乳中の方
・小児の方
・高齢者の方

上記に該当する方がアリピプラゾールMTの服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

また、上記以外に治療中の病気や服用中の薬がある方も、アリピプラゾールMTの服用を希望する際には必ず医師に相談してください。

併用禁忌

アリピプラゾールMTと相性が悪く、併用できない薬には以下のものがあります。
br> ・アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)
・ボスミン
アドレナリンの作用を逆転させ、血圧降下を起こす恐れがあります。

併用注意

アリピプラゾールMTと併用するにあたって注意が必要な薬には、以下のものがあります。

・中枢神経抑制剤
・バルビツール酸誘導体
・麻酔剤等
中枢神経を抑制する恐れがあります。

・降圧剤
相互に降圧作用を増強することがあります。

・抗コリン作用を有する薬剤
抗コリン作用を増強させることがあります。

・ドパミン作動薬
・レボドパ製剤
ドパミン作動作用を減弱する恐れがあります。

・アルコール(飲酒)
相互に中枢神経抑制作用を増強させることがあります。

・CYP2D6阻害作用を有する薬剤
・キニジン
パロキセチン等
アスプリトの作用が増強する恐れがあります。

・CYP3A4阻害作用を有する薬剤
・イトラコナゾール
・クラリスロマイシン等
アスプリトの作用が増強する恐れがあります。

・肝代謝酵素(特にCYP3A4)誘導作用を有する薬剤
・カルバマゼピン
・リファンピシン等
本剤の作用が減弱する恐れがあります。

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
別の容器に移し替える必要がある場合は、飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・使用期限の過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

アリピプラゾール(Aripiprazole)5mg/15mg

関連トピック

ジェネリック医薬品とは

メーカー

トレントファーマ

発送国

シンガポール・インド

アリピプラゾールMT(エビリファイ・ジェネリック)の口コミ

投稿された口コミはまだありません。

アリピプラゾールMT(エビリファイ・ジェネリック) を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る