グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)

更新日:
  • スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)
効果・効能治療抵抗性統合失調症
カテゴリ 統合失調症
商品到着目安 今購入すると、
10月29日~11月5日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
スキゾリル(クロザリル・ジェネリック) 100mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
100錠 5%OFF 定価3,800円 3,610円 108ポイント 36円 カートに入れる
200錠 10%OFF 定価7,600円 6,860円 205ポイント 34円 カートに入れる
300錠 15%OFF 定価11,400円 9,750円 292ポイント 32円 カートに入れる

商品詳細

※こちらの商品は、発送時期によりパッケージが異なる可能性があります。

おすすめポイント!
  • 治療抵抗性統合失調症に対し、高い治療効果が認められている。
  • 従来の治療薬で改善しなかった人のおよそ7割に有効な治療薬。

特徴

・スキゾリルは、日本でも処方される治療抵抗性統合失調症の治療薬、クロザリルのジェネリック医薬品。(※1)

・主成分のクロザピンには、中脳辺縁系ドパミン神経系を選択的に抑える効果がある。

・他の治療薬では症状が改善しなかった人にも有効。

・当サイトでは有効成分クロザピンの100mgが購入可能。

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。
開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

スキゾリルはこんな人にオススメ

  • 治療抵抗性統合失調症に悩んでいる人

効果

  • 治療抵抗性統合失調症

治療抵抗性統合失調症は、統合失調症の治療薬を服用しても改善効果が得られなかったり、薬の副作用によって服用が継続できずに症状が改善しない状態のことです。

スキゾリルの主成分クロザピンは、治療抵抗性統合失調症に対して高い治療効果が認められています。

クロザピンにはドパミンD2受容体遮断作用に依存しない、中脳辺縁系ドパミン神経系に対する選択的抑制効果があり、この効果によって統合失調症の症状を改善すると考えられています。

そのため、既存の治療薬では効果が得られなかった方の60~70%に対して有効な効果があります。

※参考サイト:Wikipedia|クロザピン

副作用

スキゾリルの主な副作用には、以下の症状があります。

・眠気
・吐き気
・めまい
・立ちくらみ
・便秘
・口の渇き
・頻脈
・震え
・体重増加

副作用の症状が気になったり悪化する場合は、スキゾリルの服用を中止して医師に相談してください。

重篤な副作用

重篤な副作用として、以下の症状が現れる場合があります。

・無顆粒球症
・白血球減少
・好中球減少症
・心筋炎
・心筋症
・心膜炎
・心嚢液貯留
・胸膜炎
・高血糖
・糖尿病性ケトアシドーシス
・糖尿病性昏睡
・悪性症候群
・てんかん発作
・痙攣
・ミオクローヌス発作
・起立性低血圧
・失神
・循環虚脱
・肺塞栓症
・深部静脈血栓症
・劇症肝炎
・肝炎
・胆汁うっ滞性黄疸
・腸閉塞
・麻痺性イレウス
・腸潰瘍
・腸管穿孔

これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

警告

スキゾリルを服用中は著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシスや糖尿病性昏睡など、重大な副作用が発現する恐れがあります。

服用にあたっては、あらかじめ上記のような副作用が発現する場合があることを家族にも十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿などの高血糖の症状に注意してください。

なお、これらの症状や何かしらの異常が現れた場合は、すぐに服用を中断して医師の診察を受けてください。

服用・使用方法

服用開始の初日は1日1回、12.5mgを服用してください。

2日目は1日1回、25mgを服用してください。

3日目以降は症状に応じて1日25mgずつ増量し、原則3週間かけて1日200mgまで増量してください。

ただし、1日の服用量が50mgを超える場合は、2〜3回に分けて服用してください。

その後は、維持量として1日200〜400mgを2〜3回に分けて服用してください。

症状に応じて適宜増減ができますが、1回の増量は4日以上の間隔をあけ、増量幅として1日100mgを超えないよう気をつけてください。

また、1日の最大服用量である600mgを超えないようにしてください。

服用・使用時の注意点

・服用量を必ず守って服用してください。

・初日の服用量はごく少量から開始し、副作用に注意しながら徐々に増量してください。

・口が乾いて不快な時には、冷たい水で口をすすいだり、小さな氷を口に含むことをお勧めします。

・喉が異常に渇いて水を大量に飲んでしまう時は、血糖値が高くなっている可能性があるためすぐに医師の診察を受けてください。

・急に服用を中止すると、副作用が出たり反動で体の具合が悪くなることがあります。中止する際は、医師の判断に従ってください。

・服用することで眠気が出たり、注意力や集中力、反射運動能力などの低下が起こることがあります。
そのため、自動車の運転など危険を伴う機械作業は行わないよう十分注意してください。

スキゾリルが服用できない方

・スキゾリルに含まれる成分に対し、過敏症の既往歴がある方
・CPMSへの患者登録前(4週間以内)の血液検査で、白血球数が4,000/mm3未満又は好中球数が2,000/mm3未満の方
・CPMSの規定を遵守できない方
・CPMSで定められた血液検査の中止基準により、本剤の投与を中止したことがある方
・無顆粒球症、または重度の好中球減少症の既往歴がある方
・骨髄機能障害がある方
・骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤を服用中の方
・放射線療法、化学療法等の骨髄抑制を起こす可能性のある治療を行っている方
・持効性抗精神病剤を投与中の方
・重度の痙攣性疾患がある方
・治療により十分な管理がされていないてんかんの方
・アルコールや薬物による急性中毒の方
・循環虚脱状態の方
・中枢神経抑制状態の方
・重度の心疾患(心筋炎等)がある方
・重度の腎機能障害がある方
・重度の肝機能障害がある方
・麻痺性イレウスの方
・アドレナリン作動薬を投与中の方(※アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)

スキゾリルの服用に注意が必要な方

・糖尿病の方
・糖尿病の既往歴がある方
・糖尿病の家族歴がある方
・高血糖や肥満など糖尿病の危険因子を有する方
・軽度から中等度の好中球減少症の既往歴がある方
・てんかん等の痙れん性疾患がある方
・てんかん等の痙れん性疾患の既往歴がある方
・心・血管疾患、低血圧がある方
・心・血管疾患、低血圧の疑いがある方
・QT延長の家族歴がある方
・前立腺肥大の方
・閉塞隅角緑内障の方
・アルコールや薬物の依存・乱用がある方
・アルコールや薬物の依存・乱用の既往歴がある方
・不動状態、長期臥床、肥満、脱水状態等の危険因子を有する方
・軽度から中等度の腎機能障害がある方
・軽度から中等度の肝機能障害がある方
・妊娠中の方
・妊娠の可能性がある方
・授乳中の方
・小児の方
・高齢者の方

上記に該当する方がスキゾリルの服用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

また、上記以外に治療中の病気や服用中の薬がある方も、スキゾリルの服用を希望する際には必ず医師に相談してください。

併用禁忌

スキゾリルと相性が悪く、併用できない薬には以下のものがあります。

・骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤
・放射線療法
・化学療法
無顆粒球症の発現が増加する恐れがあります。

・持効性抗精神病剤
・ハロペリドールデカン酸エステル注射液(ハロマンス、ネオペリドール)
・フルフェナジンデカン酸エステル注射液(フルデカシン)
・リスペリドン持効性懸濁注射液(リスパダール コンスタ)
・パリペリドンパルミチン酸エステル持効性懸濁注射液(ゼプリオン)
・アリピプラゾール水和物持続性注射剤(エビリファイ持続性水懸筋注用)
血中から薬剤が消失するまでに時間を要します。

・アドレナリン作動薬
・アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)
・ボスミン
・ノルアドレナリン
アドレナリンの作用を反転させ、重篤な血圧低下を起こす恐れがあります。

併用注意

スキゾリルと併用するにあたって注意が必要な薬には、以下のものがあります。

・アルコール
・MAO阻害剤
・中枢神経抑制剤
・抗ヒスタミン剤
・ベンゾジアゼピン系薬剤
・麻薬系鎮痛剤等
鎮静、傾眠等の中枢神経抑制作用が強く現れる恐れがあります。

・ベンゾジアゼピン系薬剤
心循環系の副作用が相互に増強されると考えられています。

・抗コリン作用を有する薬剤
抗コリン作用を増強する恐れがあります。

・降圧剤
血圧低下、起立性低血圧が現れる恐れがあります。

・呼吸抑制作用を有する薬剤
呼吸抑制作用を増強する恐れがあります。

・リチウム製剤
悪性症候群発現の危険性が増加するとの報告があります。

・バルプロ酸
てんかん発作、せん妄が現れたとの報告があります。

・CYP3A4を誘導する薬剤
・リファンピシン
・カルバマゼピン
・フェニトイン等
・CYP1A2を誘導する薬剤
・オメプラゾール
・ニコチン(喫煙)等
本剤の血中濃度が低下し、効果が減弱される恐れがあります。
喫煙については、喫煙の中止によって本剤の血中濃度が増加する可能性があります。

・CYP1A2を阻害する薬剤
・フルボキサミン
・シプロフロキサシン
・CYP3A4を阻害する薬剤
・エリスロマイシン
・シメチジン
・アゾール系抗真菌剤
・イトラコナゾール
・ボリコナゾール等
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・セルトラリン
本剤の血中濃度が上昇する恐れがあります。

・カフェイン
カフェインの摂取により本剤の血中濃度が上昇し、5日間カフェインの摂取を中止すると本剤の血中濃度が50%減少したとの報告があります。

・パロキセチン
併用した際に、本剤の血中濃度が上昇したとの報告があります。

・QTを延長させる薬剤
・電解質異常を引き起こすことが知られている薬剤
QT延長が起こる恐れがあります。

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。
結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
別の容器に移し替える必要がある場合は、飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・使用期限の過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

クロザピン(Clozapine)100mg

関連トピック

ジェネリック医薬品とは

メーカー

インタスファーマ

発送国

シンガポール・インド

スキゾリル(クロザリル・ジェネリック)の口コミ

投稿された口コミはまだありません。

スキゾリル(クロザリル・ジェネリック) を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る