グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

ベクロミン(セレスタミンジェネリック)

更新日:
  • ベクロミン(セレスタミンジェネリック)
新入荷商品
効果・効能アレルギー性鼻炎 花粉症 じんま疹 痒疹 皮膚疾患(湿疹、皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うかゆみ
カテゴリ 花粉症・鼻炎
商品到着目安 今購入すると、
10月29日~11月5日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
ベクロミン(セレスタミンジェネリック) 2.25mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
1000錠 10%OFF 定価13,000円 11,700円 351ポイント 11円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

おすすめポイント
  • ベクロミンは、ステロイド薬「ベタメタゾン」と、抗ヒスタミン薬「d-クロルフェニラミンマレイン」の2つの成分を配合したアレルギー治療薬です。
  • 2つの成分が配合されていることでより強く、アレルギー反応である湿疹や蕁麻疹、皮膚炎等のアレルギー症状を予防・抑える、抗炎症作用があります。

特徴

・ベクロミンは、Jean Marie社が開発したセレスタミンのジェネリック医薬品(※1)

・ベクロミンは、抗ヒスタミン薬とステロイド薬の2つの成分を配合したアレルギー治療薬。

・花粉症の症状が重い場合に使用されている。

・当サイトでは、有効成分ベタメタゾン0.25mg、d-クロルフェニラミン2mgの購入が可能。

(※1)ジェネリック医薬品とは・・・
元々存在している薬と同じ有効成分を使って作られ、同じ効果があると認められた医薬品のこと。
開発にかかるコストを抑えられるため、安く提供されている。
味や形状は飲みやすく改良されていることが多い。

ベクロミンはこんな方にオススメ

  • 花粉症で悩んでいる方
  • 湿疹、皮膚炎などのかゆみを伴うアレルギー諸症状で悩んでいる方
  • ハウスダストやペットの毛などで通年アレルギー症状が出ている方

効果

  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • じんま疹
  • 痒疹
  • 皮膚疾患(湿疹、皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うかゆみ

ベクロミンに配合されている2つの成分には、次のような効果があります。
ステロイド成分の「ベタメタゾン」には炎症を抑えたり、アレルギー反応である湿疹や蕁麻疹、皮膚炎等のアレルギー症状を予防して抑える抗炎症作用があります。
抗ヒスタミン薬の「d-クロルフェニラミン」は、炎症を引き起こす物質に関係がある「アラキドン酸」の働きを抑制することができるため、皮膚症状が改善されます。

副作用

主な副作用の症状は、次の症状があげられます。

・眠気
・不眠
・悪心、嘔吐
・食欲増加、不振
・下痢
・口渇
・倦怠感
・発疹

頻度不明の重大な副作用として、誘発感染症、質機能不全、血栓症などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

服用・使用方法

1回1~2錠を1日1~4回、食後・就寝前に服用してください。

症状によって、用量は適宜増減します。

使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

服用・使用時の注意点

ベクロミンに含まれる「ベタメタゾン」は、36時間から54時間のあいだが血中濃度の半減期です。
連用すると作用が重複して、副作用の原因になるため、服用の間隔を空ける必要があります。

症状などを考慮し、他の治療方法で十分に効果が期待できるのであれば、ベクロミンの服用は控えましょう。

ベクロミンを服用する際は、眠気やめまいなどが起こることがありますので、自動車の運転や機械の操作は避けてください。

ベクロミンを服用できない方

  • ベクロミンの成分「ベタメタゾン」、「d-クロルフェニラミン」に過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
  • 閉塞隅角緑内障の方
  • 前立腺肥大など、下部尿路に閉塞性疾患のある方
  • 低出生体重児、新生児の方
  • デスモプレシン酢酸塩水和物を投与中の方

ベクロミンを服用するのに注意が必要な方

  • 開放隅角緑内障の方
  • 眼内圧亢進のある方
  • 甲状腺機能亢進症のある方
  • 狭窄性消化性潰瘍の方
  • 幽門十二指腸通過障害の方
  • 循環器系疾患のある方
  • 有効な抗菌剤がない感染症の方
  • 有効な抗菌剤がない全身の真菌症の方
  • 消化性潰瘍の方
  • 精神病の方
  • 結核性の疾患がある方
  • 単純疱疹性角膜炎の方
  • 後嚢白内障の方
  • 高血圧の方
  • 電解質異常がある方
  • 血栓症がある方
  • 最近行った内臓の手術創がある方
  • 急性心筋梗塞の既往歴がある方
  • 感染症の方
  • 糖尿病の方
  • 骨粗鬆症の方
  • 腎不全の方
  • 甲状腺機能低下のある方
  • 肝硬変のある方
  • 脂肪肝の方
  • 脂肪塞栓症の方
  • 重症筋無力症の方
  • 高齢者の方
  • 妊娠中の方
  • 妊娠している可能性がある方
  • 授乳中の方

上記症状のある方は服用に注意し、必ず医師と相談してください。
中には原則として服用できない場合もあり、その際は治療上必要な場合のみ慎重に服用することもあります。
他に服用している薬がある場合は、飲み合わせにより薬の効果を強めたり弱めたりする恐れがあるため、必ず医師に伝えてください。

併用禁忌

・デスモプレシン酢酸塩水和物
併用によって、低ナトリウム血症が発現する恐れがあります。

併用注意

併用注意薬は、ベクロミンと併用して服用するにあたり注意が必要な薬です。

・バルビツール酸誘導体
・サリチル酸誘導体
・抗凝血剤
・経口糖尿病用剤
・インスリン製剤
・利尿剤(カリウム保持性利尿剤を除く)
・シクロスポリン
・エリスロマイシン
・非脱分極性筋弛緩剤
・リトドリン塩酸塩
・中枢神経抑制剤
・MAO阻害剤
・抗コリン作用を有する薬剤
・ドロキシドパ
・ノルアドレナリン
・アルコール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

有効成分

d-クロルフェニラミン(d-Chlorpheniramine Maleate)2mg
ベタメタゾン(Betamethasone)0.25mg

関連トピック

メーカー

Jean Marie

発送国

香港

ベクロミン(セレスタミンジェネリック)の口コミ

投稿された口コミはまだありません。

ベクロミン(セレスタミンジェネリック) を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る