こんにちは、ゲスト
上へ戻る

メドロール

更新日:
  • メドロール
新入荷商品
効果・効能アレルギー性疾患 関節リウマチ 血液疾患など
カテゴリ アトピー性皮膚炎 気管支喘息
使用のタイミング1日1~4回
商品到着目安 今購入すると、
5月7日~5月14日前後(予定)
発送国 シンガポール
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK、梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
メドロール 8mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
14錠 5%OFF 定価2,000円 1,900円 57ポイント 135円 カートに入れる
28錠 15%OFF 定価4,000円 3,420円 102ポイント 122円 カートに入れる
メドロール 16mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1錠あたり 購入
14錠 5%OFF 定価3,000円 2,850円 85ポイント 203円 カートに入れる
28錠 15%OFF 定価6,000円 5,130円 153ポイント 183円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

おすすめポイント!
  • アレルギーやアトピーが要因の、様々な疾患を改善する事ができる。
  • 外用薬で治らない湿疹や、アトピー性皮膚炎を改善する事ができる。

特徴

・炎症をしずめたり、過剰な免疫の反応を抑える効果がある。

・体内の副腎皮質ホルモンの不足を補う補充療法が可能。

・当サイトでは、有効成分メチルプレドニゾロンの8mgと16mgが購入可能。

メドロールはこんな人にオススメ

  • アトピー性皮膚炎で悩んでいる人
  • ハウスダスト、動物アレルギーなどのアレルギー性疾患で悩んでいる人
  • 気管支喘息、喘息性気管支炎で悩んでいる人

効果

  • 内分泌疾患(急性副腎皮質機能不全(副腎クリーゼ)等)
  • 膠原病(リウマチ熱(リウマチ性心炎含む)等)
  • アレルギー性疾患(気管支喘息等)
  • 血液疾患(溶血性貧血(免疫性又は免疫性機序の疑いがあるもの)等)
  • 神経疾患(脳脊髄炎(脳炎、脊髄炎を含む)等)
  • 消化器疾患(限局性腸炎等)
  • 呼吸器疾患(びまん性間質性肺炎(肺線維症)等)
  • 結核性疾患(結核性髄膜炎等)
  • 循環器疾患(ネフローゼ及びネフローゼ症候群等)
  • 重症感染症
  • 新陳代謝疾患(特発性低血糖症等)
  • その他内科的疾患(サルコイドーシス等)
  • 外科領域(臓器・組織移植等)
  • 整形外科領域(関節リウマチ等)
  • 泌尿器科領域(前立腺癌)
  • 眼科領域(眼窩・内眼・眼筋・視神経の炎症性疾患の対症療法等)
  • 皮膚科領域(湿疹・皮膚炎群等)
  • 耳鼻咽喉科領域(アレルギー性鼻炎等)

メドロールは、人の体内にある副腎皮質ホルモンが不足した場合に起こる、様々な症状を改善するステロイド薬です。
副腎皮質ホルモンとは、ストレスがかかった時に体内の副腎から作られるホルモンで、脂肪や糖の代謝、免疫系の調整を行う大切な役割を果たすホルモンです。

このホルモンが不足する事により、関節リウマチや膠原病などの免疫系が関わっている炎症性の疾患や、アレルギー性の疾患であるアレルギー性鼻炎、アトピー、湿疹や喘息などの症状が現れます。
メドロールを服用する事で不足していたホルモンが補充され、これらの症状が改善します。

副作用

主な副作用には、以下の症状があります。

月経異常、膵炎、クッシング様症状、下痢、胃痛、悪心・嘔吐、腹部膨満感、胸やけ、食欲亢進、食欲不振、口渇、 血圧上昇、めまい、不眠、多幸症、頭痛、関節痛、筋力低下、筋肉痛、野牛肩、満月様顔貌、窒素負平衡、脂肪肝、ALT、AST、Al-Pの上昇、低カリウム性アルカローシス、浮腫、ナトリウム貯留、カリウム低下、眼球突出、網膜障害、白血球増多、紫斑、創傷治癒障害、ざ瘡、皮下溢血、脱毛、多毛症、色素沈着、発汗異常、皮膚線条、脂肪織炎、皮膚菲薄化・脆弱化、紅斑、発疹、そう痒、疲労感、発熱、体重増加、ステロイド腎症、仮性脳腫瘍、精子数及びその運動性の増減、易刺激性

上記の症状が現れた場合は、使用を中止した後に医師または薬剤師にご相談ください。

重篤な副作用

重篤な副作用として、以下の症状が現れる場合があります。

感染症、続発性副腎皮質機能不全、骨粗鬆症、骨頭無菌性壊死、胃腸穿孔、消化管出血、消化性潰瘍、ミオパチー、血栓症、脳梗塞、心筋梗塞、動脈瘤、痙攣、頭蓋内圧亢進、うつ状態、精神変調、糖尿病、後嚢白内障、緑内障、多発性後極部網膜色素上皮症、中心性漿液性脈絡網膜症、うっ血性心不全、心破裂、カポジ肉腫、食道炎、腱断裂、アナフィラキシー

これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

※参考サイト:KEGG|メドロール

飲み方・使い方

1日4~48mgを1~4回に分けて服用します。

水やぬるま湯と一緒に服用してください。

症状や年齢によって服用量や服用期間が異なるため、医師へ相談したうえで使用してください。

服用・使用時の注意点

・服用量を必ず守って服用してください。

・飲み忘れた場合は、気づいた時点で1回分を服用してください。

・飲み忘れた際に次回の服用時間が近い場合は、次回分から服用してください。

・2回分を1度にまとめて服用することは控えてください。

使用できない人

・メドロールの有効成分に対し、過敏に反応する既往歴のある人。

・デスモプレシン酢酸塩水和物を投与中の人。

使用に注意が必要な人

・有効な抗菌剤がない感染症、全身の真菌症の人
・憩室炎、消化性潰瘍の人
・精神病の人
・結核性疾患の人
・単純疱疹性角膜炎の人
・後嚢白内障の人
・緑内障の人
・高血圧症の人
・電解質異常の人
・血栓症の人
・最近内臓の手術を行い、手術創のある人
・急性心筋梗塞を起こした人
・感染症の人(有効な抗菌剤がない感染症、全身の真菌症を除く)
・糖尿病の人
・骨粗鬆症の人
・うっ血性心不全の人
・甲状腺機能低下のある人
・脂肪肝、脂肪塞栓症の人
・重症筋無力症の人
・潰瘍性大腸炎(膿瘍、切迫穿孔、他の化膿性感染症の疑いがある)人
・B型肝炎ウイルスキャリアの人
・腎機能障害(腎不全など)の人
・肝機能障害(肝硬変など)の人
・妊婦
・授乳婦
・小児等
・高齢者

上記に該当する方がメドロールを使用する場合は、必ず医師に相談してください。 また、上記以外に治療中の病気や服用中の薬がある方も、メドロールを使用する際には必ず医師に相談してください。

併用禁忌

生ワクチン、弱毒性ワクチン(乾燥弱毒生風しんワクチン、乾燥弱毒生麻しんワクチン、乾燥BGGワクチン等)
ワクチン株の毒性の復帰や、異常増殖が起こる恐れがあります。

デスモプレシン酢酸塩水和物
低ナトリウム血症が発現する恐れがあります。

併用注意

・シクロスポリン
メドロールの有効成分とシクロスポリンの血中濃度が上昇する恐れがあります。痙攣を起こす恐れがあります。
必要に応じて、メドロールまたはシクロスポリンを減らすなど用量に注意する必要があります。

・エリスロマイシン
・イトラコナゾール
・ミコナゾール
・キヌプリスチン
・ダルホプリスチン
・エストロゲン(経口避妊薬含む)
・アプレピタント
メドロールの作用が増強する恐れがあります。

・抗凝血剤(ワルファリンカリウム、パルナパリンナトリウム等)
抗凝血剤の作用を増強または減弱させる恐れがあります。

・非脱分極性筋弛緩剤(パンクロニウム臭化物、ベクロニウム臭化物等)
非脱分極性筋弛緩剤の作用を増強、または減弱させる恐れがあります。
併用する事で短時間でミオパチー(筋肉の疾患)が現れ、四肢麻痺に至る恐れがあります。

・非ステロイド性解熱鎮痛消炎剤(ジクロフェナク、サザピリン等)
消化器系の副作用(消化管出血、消化性潰瘍等)を起こす恐れが高くなります。

・カリウム排泄型利尿剤(トリクロルメチアジド、フロセミド、ヒドロクロロチアジド等)
低カリウム血症があらわれる恐れがあります。

・ジゴキシン
ジゴキシン中毒があらわれる恐れがあります。

・サリチル酸誘導体(アスピリン、サザピリン等)
サリチル酸中毒を起こす恐れがあります。

・バルビツール酸誘導体(フェノバルビタール等)
・フェニトイン
・リファンピシン
・カルバマゼピン
メドロールの作用が減弱する恐れがあります。

・糖尿病用剤(ビグアナイド系薬剤、スルホニルウレア剤、速効型インスリン分泌促進剤、α-グルコシダーゼ阻害剤、チアゾリジン系薬剤、DPP-4阻害剤、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害剤)
・インスリン製剤等

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。結露により性質が変わったり、コーティングが溶けてしまうことがあります。

・誤飲や性質変化の原因になるため、容器は入れ替えないでください。

・使用期限の過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

メチルプレドニゾロン(Methylprednisolone)8mg/16mg

メーカー

ファイザー

発送国

シンガポール

メドロールの口コミ

投稿された口コミはまだありません。

メドロール を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る