こんにちは、ゲスト
上へ戻る

痛風・高尿酸値

痛風や高尿酸値の症状に有効な治療薬の商品一覧です。

痛風・高尿酸値売れ筋ランキング

痛風・高尿酸値一覧

閲覧履歴

痛風・高尿酸血症とは

病気の症状には様々なものがあり、頭痛や風邪などは頭が重い、ズキズキする、ぼうっとする、発熱などの症状が現れます。

痛風とは、突然足の親指の関節や足首の関節が腫れて炎症が起こり、激痛が走る症状です。
症状は発作から24時間ほどで痛みのピークを迎え、3日~1週間ほどで痛みが引きます。

痛風が起こる原因として、尿酸値が高いことで発症する高尿酸血症があります。

高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が7.0㎎/dlの数値を超えた状態のことです。
症状が進行すると、痛風として辛い痛みが現れます。

痛風・高尿酸血症の原因

痛風・高尿酸血症の原因は、尿酸値が高くなってしまうことで起こります。

【尿酸値が高くなってしまう原因】

・体内の異常により、腎臓から尿酸が排泄されない
・尿酸のもととなるプリン体を過剰摂取する
(多量のアルコール摂取、肥満、過食など)
・体内に尿酸が多くなってしまう
(持続的なストレス、激しい運動や疲労、脱水など)

痛風・高尿酸血症の予防と治療方法

1.食生活に気を付ける

高カロリー・高脂肪・高たんぱく質を含む食事は、尿酸値を上げる原因になります。
栄養バランスの良い食事を摂ることで、痛風を防ぐことができます。

2.アルコールは適量に

尿酸になるプリン体を減らすためにも、アルコール摂取を控えましょう。

3.適宜な運動をする

全く運動をしない場合や、その反対に激しい運動をすると、尿酸値に影響を及ぼします。
運動をする場合は、20分間ウォーキングするなど軽い運動をすると良いでしょう。

4.ストレスを発散する

ストレスを溜めることは、尿酸値上昇に関わりがあります。
ストレスをため込まないように、適度にストレスを発散させましょう。

5.1日2リットル以上水を飲む

1日2リットル以上水を飲むことで、尿から尿酸を排出します。

痛風の辛い痛みが生じた場合は、専用の治療薬で痛みを緩和・軽減することができます。