グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る
更新日:2019/12/02

クラミジアの治療薬

クラミジアの症状改善に効果がある治療薬です。グー薬局では、外用薬(クリームタイプ)、内服薬(錠剤、カプセル)を取り扱っています。

クラミジア売れ筋ランキング

クラミジア一覧

閲覧履歴

クラミジアとは

クラミジアとは、「クラミジア・トラコマチス」という細菌による感染症です。
日本国内で最も多い性病で、特に若年層で感染率が高いということがわかっています。

避妊具(コンドーム)を使わずに性行為して感染するのが、半数以上と言われています。

必ずしも性器同士が擦れ合うことだけが感染するとは限りません。
次のような行為でも、クラミジアに感染することがあります。

  • オーラルセックス
  • アナルセックス
  • 妊娠中に感染し、出産時に新生児へ感染

また、感染しても症状に気づかないことが多いため、特定のパートナーや不特定多数のパートナーがいる場合は、性行為をした人への感染リスクも高まります。

もしご自身がクラミジアに感染した場合や、パートナーが感染した場合は、なるべく一緒に検査をして治療することが大事です。

クラミジアの症状

クラミジアは、男性と女性で症状が異なります。

男性がクラミジアに感染した場合、1~3週間の潜伏期間を経て尿道のかゆみ、違和感、不快感、排尿時の痛み、白っぽい膿が出るなどの症状が現れます。

副睾丸の腫れや痛み、発熱などの症状が起こることもあります。

女性がクラミジアに感染した場合、1~3週間の潜伏期間を経ておりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交痛、頻尿といった症状が現れます。

また、クラミジアは性器だけでなく、咽頭(のど)や直腸、目に感染する場合もあります。

ちなみに、クラミジアは感染しても自覚症状があまりない、またはほとんどないという特徴があります。

実際、クラミジアに感染した人のうち男性は50%、女性は80%が無症状であるため、感染を自覚しにくいという問題があります。

そのため、自分でも気づかないままパートナーに感染させてしまう危険性があります。

さらに、女性の場合は感染を放っておくと不妊症や子宮外妊娠、流産を引き起こしてしまう可能性があります。

クラミジアは自覚症状がないために放置してしまうことが多いため、早期発見・早期治療が重要になってきます。

クラミジアの検査について

クラミジアは自覚症状がほぼないため、なかなか自分自身で感染に気づかないことが多いです。

そのため、「おりものが増えた」「排尿時にペニスが痛む」などといった異変を少しでも感じたら、すぐにクラミジアの検査を行いましょう。

クラミジアの検査は病院や保健所で受けることができ、検査結果は早ければ即日、または2~3日で知ることができます。

また、病院での検査に抵抗がある場合は、クラミジアの検査キットを使うことで感染しているかどうかが確認できます。