グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る
更新日:2019/12/06

淋病

淋病は淋菌による感染症で、性病の中でもかかる人の多い病気として知られています。 男性だと尿道炎を発症し、膿や痛みが出てきます。
女性の場合、子宮頸管炎が起き、おりものが増加します。
淋菌感染している場合に性行為を行うと、感染伝達率は30%とかなり感染力が高い病気です。

淋病売れ筋ランキング

淋病一覧

閲覧履歴

淋病とは

淋病とは、淋菌に感染したことで起こる性感染症です。
近年感染が増加している病気で、年間1万人程度感染しているといわれています。
自覚症状が全くないことも多く、自分が感染していると知らないままパートナーと性行為を行い感染が拡大しているというケースが増えています。

男性は感染から1週間以内に尿道炎をおこし、膿性の分泌物が出てきます。
女性の場合は、子宮頸管炎が起き、おりものが増加しますが、人によっては症状がないということもあります。

淋病は、咽頭にも感染し、オーラルセックスから感染することも多い病気です。
咽頭に感染した場合、自覚症状がない人が多いことから、知らぬ間に広がりやすい病気です。
淋菌が付いた手で目をこすったりした場合、淋菌性角結膜炎を発症することもあります。