グー薬局

×
上へ戻る
更新日:2019/12/05

ヘルペスの治療薬

ヘルペスは小さい水膨れやかゆみ、痛みなどを伴ったウィルス感染症です。
ヘルペスには主に2種類あり、「口唇ヘルペス」「性器ヘルペス」が有名です。
どちらも感染力が強く、再発しやすい病気ですが、早めに治療薬を飲むことで症状を軽減させることができます。

ヘルペス売れ筋ランキング

ヘルペス一覧

閲覧履歴

閲覧履歴

ヘルペスとは

ヘルペスは、単純ヘルペスウィルスというウィルスに感染することで起きる病気です。
単純ヘルペスウイルスには1型、2型と2種類あり、1型は口唇の近くに症状が出る「口唇ヘルペス」など上半身に症状が現れます。

2型は性器やお尻の周囲に症状が出る「性器ヘルペス」です。

1型のヘルペスは、70~80%の人が感染しているといわれており、とても一般的な病気です。
2型のヘルペスは10%前後です。

どちらも日常生活で症状が現れないという人も多く、体調不良やストレスなどで症状が現れ再発することもあります。

口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスは、口唇付近にこのような症状が現れます。

  • 水ぶくれ
  • かゆみ
  • 痛み
  • 赤くはれる

また、唇だけでなく、場合によっては鼻の周り、ほほ、目の周辺などに症状が出ることもあります。
人によってはストレスや体調不良などが引き金となり、1年に何度も再発するということもあります。

口唇ヘルペスは、抗ウイルス薬という呼ばれる種類の外用薬や内服薬などを用いて治療していきます。

抗ウイルス薬は、ウイルスの増殖を抑制し、症状を抑えるという働きがあります。

口唇ヘルペスになりやすいという人は、事前に薬を用意しておくと、早めに対策することが可能です。

また、口唇ヘルペスの症状が出ている状態でキスや性行為を行うと、パートナーに口唇ヘルペス・性器ヘルペスを移すことがあります。

口唇ヘルペスの症状が出た場合、しっかり抗ウイルス薬で治療を行い、その間はパートナーに移さないように行為を控えることが大切です。

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスは、2型(HSV-2)と呼ばれるウイルスが原因で発症します。

性器以外にも、臀部に症状が現れたり、ヘルペス性の髄膜炎などの原因になることもあります。

性器ヘルペスは一度かかると、再発する人も多い病気です。

年に1~2度症状が出るという人もいれば、毎月のように再発する人もいたりします。

また、症状が軽い場合、自分でも気づいていないということも多く、パートナーに移してしまうことも多い病気です。

気づかずに性行為を行い、パートナーが感染し、初めて気が付いたというケースもあります。

なお、この病気は潜伏期間もあるので、感染元が特定しにくいという病気でもあります。

性器ヘルペスも抗ウイルス薬を使って治療を行っていきます。

内服薬や外用薬を使い、ウイルスを抑制していくことで症状を抑えることが可能です。