こんにちは、ゲスト
上へ戻る

アクトス

更新日:
  • アクトス
新入荷商品
効果・効能2型糖尿病の改善
カテゴリ 糖尿病
使用のタイミング朝食前、または朝食後に服用
商品到着目安 今購入すると、
11月18日~11月25日前後(予定)
発送国 香港・シンガポール
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK、梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
アクトス 15mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入
28錠 10
OFF

定価3,000円 2,700円(1錠あたり)
96円

81ポイント カートに入れる
56錠 19
OFF

定価6,000円 4,860円(1錠あたり)
86円

145ポイント カートに入れる
アクトス 30mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入
28錠 10
OFF

定価3,500円 3,150円(1錠あたり)
112円

94ポイント カートに入れる
56錠 19
OFF

定価7,000円 5,670円(1錠あたり)
101円

170ポイント カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

特徴

・アクトスは、2型糖尿病(※1)を改善する治療薬。

・インスリン抵抗性改善薬と呼ばれる、新しいタイプの糖尿病治療薬。

・日本国内でも、糖尿用治療薬として処方されている。

・有効成分のピオグリタゾン塩酸塩には、血糖値を下げる働きがある。

・他の糖尿病治療薬との併用が認められている。

(※1)2型糖尿病とは・・・インスリンの分泌や働きが不足して起こる病気。
遺伝やストレス、肥満、運動不足、暴飲暴食などが原因で発症すると考えられている。
日本人の糖尿病患者のうち、約9割以上が2型糖尿病と言われている。
「生活習慣病」と呼ばれるタイプの糖尿病は、2型糖尿病のことを指している。

こんな人にオススメ

  • インスリン抵抗性の糖尿病の人
  • 他の糖尿病治療薬と併用できる薬を探している人

効果

  • 2型糖尿病の改善

※以下の治療を行っても十分な改善効果が得られず、インスリン抵抗性が推定される2型糖尿病の場合に限ります。

・食事療法、運動療法のみの治療
・食事療法と運動療法に加えて、スルホニルウレア剤を服用
・食事療法と運動療法に加えて、α-グルコシダーゼ阻害剤を服用
・食事療法と運動療法に加えて、ビグアナイド系薬剤を服用
・食事療法と運動療法に加えて、インスリン製剤を服用

アクトスは、インスリンの働きが低下しているインスリン抵抗性の糖尿病の人にお勧めの治療薬です。

アクトスの有効成分ピオグリタゾン塩酸塩には、インスリンの働きを高める作用があります。

筋肉や脂肪組織が糖を取り込む力を改善し、肝臓から糖が放出されるのを抑えることで、インスリンの働きを高めます。

この働きによって血糖値が下がることで、高血糖を改善できます。

副作用

主な副作用として、以下の症状が現れることがあります。

・貧血
・血圧上昇
・動悸
・胸部の圧迫感
・顔面潮紅
・発疹
・かゆみ
・吐き気や嘔吐
・胃部不快感
・胸やけ
・腹痛
・腹部膨満感
・下痢
・便秘
・食欲亢進や食欲不振
・めまいやふらつき
・頭痛
・眠気
・倦怠感や脱力感
・しびれ
・体重増加
・糖尿病性網膜症の悪化
・息切れ

これらの症状が現れたり、体に何か異常を感じた場合は、服用を中止して医師にご相談ください。

重大な副作用

重大な副作用として、以下の症状が現れることがあります。

・心不全
・むくみ
・急激な体重増加
・肝機能障害
・黄疸
・低血糖
・横紋筋融解症
・間質性肺炎
・胃潰瘍の再燃

これらの症状が現れたり、体に何か異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して医師にご相談ください。

飲み方・使い方

・食事療法、運動療法のみを行って糖尿病が改善されない場合
食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤やα-グルコシダーゼ阻害剤、ビグアナイド系薬剤を服用しても糖尿病が改善されない場合

1日1回、15~30mgを朝食前か朝食後に服用してください。

年齢や性別、症状によって服用量は調節できますが、1日に服用できる量は最大45mgまでとなっています。

・食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を服用しても糖尿病が改善されない場合
1日1回、15mgを朝食前か朝食後に服用してください。

年齢や性別、症状によって服用量は調節できますが、1日に服用できる量は最大30mgまでとなっています。

当サイトでは、1錠に有効成分ピオグリタゾン塩酸塩15㎎配合のものと、30㎎配合のものを取り扱っています。

※アクトスを服用する期間は、それぞれの症状に合わせて、医師にご相談ください。

服用・使用時の注意点

・女性の場合、服用することでむくみが生じることが多いため、1日15mgからの服用が推奨されています。

・高齢者は生理機能が低下しているため、1日1回、15mgの服用が推奨されています。

・服用量を1日1回、30mg~45mgに増量した後に、むくみが現れた例が多くあります。
そのため、服用量を45mgに増量する場合は、むくみの症状に注意してください。

・飲み忘れた場合は、お昼までであれば、できるだけ早く飲み忘れた分を服用してください。

・2回分を一度にまとめて服用するのは、避けてください。

・激しい運動をした後や、空腹時には服用を控えてください。

・服用中にむくみが現れたり、急激な体重増加などの異常が見られた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

・服用中に低血糖の症状を起こす場合があるため、自動車の運転や危険を伴う高所での作業は、行わないよう十分注意してください。

・服用中に低血糖症の症状(震え、冷や汗、気が遠くなるなど)が現れた場合は、すぐに糖分を摂取してください。
吸収の良い砂糖や、糖分の多いジュースなどがおすすめです。

・食事療法や運動療法を行っている場合は、アクトスを服用中も続けるようにしてください。

使用できない人

・本剤の成分に対して、過敏症の既往歴がある人
・心不全がある人
・心不全の既往歴がある人
・重症ケトーシスの人
・糖尿病性昏睡、または前昏睡の人
・1型糖尿病の人
・重篤な腎機能障害がある人
・重篤な肝機能障害がある人
・重症感染症がある人
・手術前後の人
・重篤な外傷がある人
・妊娠中、妊娠している可能性がある人
・授乳中の人

使用に注意が必要な人

・合併症や既往歴がある人
・心不全発症の恐れがある心筋梗塞の人
・狭心症がある人
・心筋症がある人
・高血圧性心疾患などの心疾患がある人
・脳下垂体機能不全の人
・副腎機能不全の人
・栄養不良状態の人
・飢餓状態の人
・不規則な食事摂取をしている人
・食事摂取量が不足している人
・衰弱状態の人
・激しい筋肉運動をしている人
・過度のアルコールを摂取している人
・腎機能障害がある人
・肝機能障害がある人
・高齢者
・小児

上記に該当する人が服用を希望される場合、服用前に必ず医師にご相談ください。

併用注意

以下の薬は、アクトスと併用するにあたって注意が必要です。

・スルホニルウレア系薬剤
・ビグアナイド系薬剤
・速効型インスリン分泌促進薬
・α-グルコシダーゼ阻害剤
・DPP-4阻害剤
・GLP-1アナログ製剤
・インスリン製剤
糖尿病薬と併用することで、低血糖のリスクが増加する恐れがあります。

・β-遮断剤
・サリチル酸剤
・モノアミン酸化酵素阻害剤
・フィブラート系の高脂血症治療剤
・ワルファリン等
併用することで、糖尿病用薬の血糖降下作用を増強する恐れがあります。

・アドレナリン
・副腎皮質ホルモン
・甲状腺ホルモン等
併用することで、糖尿病用薬の血糖降下作用を減弱する恐れがあります。

・リファンピシン等のCYP2C8を誘導する薬剤
アクトスの代謝が促進されると考えられています。

※参考サイト:医療用医薬品 : アクトス

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。品質が変化してしまう可能性があります。

・消費期限の過ぎた商品は、使用しないでください。

有効成分

ピオグリタゾン塩酸塩15㎎、30㎎

関連トピック

糖尿病とは

糖尿病の治療法

メーカー

Takeda Ireland Limited

発送国

香港・シンガポール

アクトスの口コミ

投稿された口コミはまだありません。

アクトス を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る