グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る

エブラ(避妊パッチ)

更新日:
効果・効能避妊 生理痛軽減 生理周期安定
カテゴリ 避妊具
商品到着目安 今購入すると、
8月18日~8月25日前後(予定)
口コミ評価 (0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK 梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
エブラ(避妊パッチ) 3枚
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1箱あたり 購入
1箱 10%OFF 定価4,000円 3,600円 108ポイント 3,600円 カートに入れる
2箱 19%OFF 定価8,000円 6,480円 194ポイント 3,240円 カートに入れる
3箱 24%OFF 定価12,000円 9,180円 275ポイント 3,060円 カートに入れる

よく一緒に購入されている商品

商品詳細

エブラは、ホルモン含有量の少ない低用量ピルと同様の避妊効果が得られる貼るタイプの避妊薬です。

日本国内では未承認ですが、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)では認可を受けている人気の避妊薬です。

1週間に1度、皮膚に貼るだけで有効成分を簡単に体内に吸収できるので、ピルのように毎日飲むという手間がかからず、飲み忘れの心配もなくなります。

特徴

・エブラはアメリカのJonson&Jonson社のグループ会社、ヤンセン・シラグが開発した避妊薬。

低用量ピルと同様の避妊効果や、生理時の症状の緩和効果が得られる。

・薄い肌色で貼っていても目立ちにくい。

・水に強い素材のため、汗やシャワーなどでも剥がれにくい設計となっている。

1度貼ったら1週間はそのままで良いので、ピルで起こりやすい飲み忘れの心配がない。

・当サイトでは1箱3枚入り(ノルエルゲストロミン150mcg/エチニルエストラジオール20mcg)の購入が可能。

エブラはこんな人にオススメ

・錠剤が苦手な人
・確実に避妊したい人
・ピルをよく飲み忘れてしまう人
・ピルよりも手軽な避妊薬を探している人
・生理痛やPMS(月経前症候群)に悩んでいる人

効果

  • 排卵の抑制
  • 精子の侵入阻止
  • 受精卵の着床阻害
  • 生理痛の軽減
  • 経血量の減少
  • 生理周期の安定化

エブラの主成分ノルエルゲストロミンとエチニルエストラジオールは排卵を抑制し、子宮頸管粘液の変化による精子の子宮侵入阻止や、子宮内膜変化による受精卵の着床を阻害する働きによる高い避妊効果があります。

また、排卵を抑制することで痛みの原因となる物質の産生が抑えられるため、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期の安定化などの効果も得られます。

その他に、生理前から生理時にかけて起こる下腹部や腰の痛み・イライラ感・脱力感・憂鬱といったPMS(月経前症候群)の症状緩和にも効果があると言われています。

副作用

エブラは副作用が少ないと言われていますが、以下の症状が現れる場合もあります。

・頭痛
・腹痛
・吐き気
・月経不順
・乳房の圧痛
・気分の変化
・パッチを貼った部位のかゆみ、かぶれ

副作用の症状は服用を続けていく内に軽減しますが、症状が長引く、つらいといった場合は無理せず医師に相談してください。

なお、重篤な副作用としてまれに血栓症(※1)が起こる場合があります。
血栓症と思われる症状が出た場合は、すぐに服用を中止して医師に相談してください。

(※1)血栓症とは・・・
血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞することです。
四肢や肺、心臓、脳、網膜などに現れます。
下肢の急激な疼痛、腫脹、突然の息切れや胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力、麻痺、構語障害、急性視力障害などの症状があります。

服用・使用方法

生理開始から24時間以内に、1枚目のパッチを貼ってください。

パッチは成分の浸透が良い下腹部、上半身(乳房以外)、お尻のいずれか1箇所に貼ってください。

1枚目のパッチは1週間そのまま貼り続けてください。

1週間が経過したら、2週目は新しいパッチに張り替えてください。同様のことを3週間行います。

3週間が経過して3枚のパッチを使い終えたら、1週間の休薬期間(パッチを貼らない期間)を取ってください。

休薬期間を終えたら、また新しいパッチを貼ってください。

エブラは3週間のパッチを貼る期間と、1週間の休薬期間の合計4週間(28日間)を1周期としています。
避妊を希望している間は、パッチの使用を継続してください。

服用・使用時の注意点

・清潔で乾いた皮膚に貼り付けてください。

・傷がある部位や赤みがある部位には使用しないでください。

・炎症がある部位や乳房などの肌が敏感な部位には使用しないでください。

・かゆみやかぶれなどの肌荒れを防ぐためにも、貼る部位は毎回変えるようにしてください。

・連続して使用することで避妊効果が得られるため、パッチの交換を忘れると避妊効果が低下する可能性があるので注意してください。

・パッチを貼る部位にはローションやクリーム、オイル、パウダーを使用しないでください。

・使用中にパッチが剥がれてしまった場合、剥がれてから24時間以内にすぐに新しいパッチを貼り直してください。

・使用済みのパッチは再度使用しないでください。

・避妊薬のため、性病を防ぐ効果はありません。性病を防ぐためにも、エブラ(避妊パッチ)とコンドームの併用を推奨しています。

エブラが使用できない方

・エブラに含まれる成分に過敏症の既往歴がある方
・乳がんの方、またはその疑いのある方
・子宮がんの方、またはその疑いのある方
・診断の確定していない異常性器出血のある方
・血栓性静脈炎のある方
・肺塞栓症のある方
・脳血管障害のある方
・冠動脈疾患のある方
・心臓弁膜症の方で肺高血圧症や心房細動のある方
・心臓弁膜症の方で過去に亜急性細菌性心内膜炎になったことがある方
・糖尿病の方で糖尿病性腎症・糖尿病性網膜症のある方
・抗リン脂質抗体症候群のある方
・肝臓に重篤な障害のある方
・腎臓に重篤な障害・腫瘍のある方
・脂質代謝に異常のある方
・高血圧の方
・妊娠中の方
・授乳中の方
・妊娠の可能性がある方
・耳硬化症のある方
・血栓ができやすい体質の方
・35歳以上で1日15本以上喫煙する方
・骨の成長が終了していない可能性がある方
・妊娠中に黄疸持続性そう痒症、妊娠ヘルペスの既往歴がある方
・前兆(視界にチカチカした光が現れるなど)を伴う片頭痛のある方
・長期間安静状態(手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内)の方

エブラの使用に注意が必要な方

・肥満の方
・喫煙している方
・糖尿病のある方
・耐糖能に異常のある方
・軽い高血圧のある方
・心臓弁膜症の方
・鎌状赤血球病の方
・ポルフィリン症の方
・肝臓・胆嚢に障害のある方
・乳房にしこりのある方
・遺伝性の血管浮腫のある方
・前兆のない片頭痛のある方
・過去に乳癌と診断された方
・血縁に乳癌・血栓症になった方がいる方
・皮膚に黄褐色の色素沈着がある方
・妊娠中に高血圧になったことのある方
・クローン病、または慢性炎症性腸疾患のある方
・血液中の脂肪の重度の高レベルまたは低レベルの方
・胆汁うっ滞に関連する黄疸、または皮膚のかゆみのある方
・高コレステロール、またはトリグリセリド(中性脂肪)のある方
・全身性エリテマトーデス(全身の皮膚に影響をおぼす病気)のある方
・溶血性尿毒症症候群(腎臓の機能不全を引き起こす血液凝固障害)の方
・心臓病や腎臓病のある方または過去にこれらの病気になったことのある方
・多嚢胞性卵巣症候群、月経不順および過剰な育毛を引き起こし得るホルモン状態の方
・高ホモシステイン血症、血液中のアミノ酸ホモシステインの高レベルを特徴とする状態の方
・妊娠中、または女性ホルモン使用時に難聴・ヘルペス妊娠症・ポルフィリン症・シデナム舞踏病と診断されたことがある方

上記の他にも、治療中の病気や服用中の薬がある方でエブラの使用を希望される場合は、必ず医師に相談してください。

併用禁忌

エブラと相性が悪く、併用できない薬には以下のものがあります。

・オムビタスピル水和物
・パリタプレピル水和物
・リトナビル配合剤(ヴィキラックス配合錠)

肝機能値が悪化する恐れがあるため、これらの薬との併用は避けてください。

併用注意

エブラと併用するにあたって、以下のものには注意が必要です。

・グレープフルーツジュース
・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

保管方法

・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。

・子供の手の届かない場所に保管してください。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。
性質が変化してしまう可能性があります。

・使用期限の過ぎた商品は使用しないでください。

有効成分

ノルエルゲストロミン(Norelgestromin) 150mcg
エチニルエストラジオール(Ethinylestradiol) 20mcg

関連トピック

女性ホルモンとは

生理不順の全て

メーカー

ヤンセン・シラグ 

発送国

シンガポール

エブラ(避妊パッチ)の口コミ

投稿された口コミはまだありません。

エブラ(避妊パッチ) を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:

新入荷商品

目次へ戻る