こんにちは、ゲスト
上へ戻る

セディール

更新日:
  • セディール
  • セディール
※取り扱い終了
効果・効能神経症における抑うつ、恐怖 心身症における身体症候 不安 焦燥 睡眠障害
カテゴリ抗不安薬
睡眠薬・睡眠導入剤
使用のタイミング1日3回
商品到着目安今購入すると、
6月24日~6月28日前後(予定)
発送国香港
口コミ評価(0件/平均:0点)
銀行振込、コンビニ決済、クレジット決済OK、梱包商品名記載なし、メーカー正規品保証、郵便局留め対応
セディール 10mg
内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 購入 お気に入り
42錠 10
OFF

定価6,500円 5,850円(1錠あたり)
139円

175ポイント 在庫なし

商品詳細

取り扱い一時停止

セディールは、タンドスピロンを主成分とするセロトニン作動性抗不安薬で、以下のような症状の治療に使用されます。

・神経症における抑うつや恐怖
・心身症(自律神経失調症、本態性高血圧、消化性潰瘍)における身体症状ならびに抑うつ、不安、焦躁、睡眠障害

セディールは新しいタイプの抗不安薬で、セロトニンの働きをよくすることによって不安や緊張感を和らげたり、寝つきが良くなることが期待できます。

抗不安薬としてよく使われるベンゾジアゼピン系の医薬品と比較して、効果が緩やかな反面、依存性が低いことが特徴です。

セディールがおすすめの人
  • 神経症における抑うつや恐怖に悩んでいる人
  • 心身症による睡眠障害に悩んでいる人
  • 新しい抗不安薬を試してみたい人

特徴

・セロトニン作動性抗不安薬

・セロトニンの働きを調整することで、抗うつ作用や抗不安作用を発揮する

・新しいタイプの抗不安薬で、副作用が少なく依存性も低い

セディールの有効成分、タンドスピロンがセロトニン受容体(5-HT1A)に作用し、セロトニンの働きを調整することで抗うつ作用、抗不安作用を発揮します。

抗不安薬としてよく使用される、ベンゾジアゼピン系の医薬品とは違った方法で不安症状を和らげる、新しいタイプの抗不安薬です。
効果が緩やかな反面、副作用が少なく、依存性が低いことが特徴です。

効果

セディールは、脳内の神経伝達物質セロトニンの働きを調整することによって以下の症状を和らげます。

  • 神経症における抑うつ、恐怖
  • 心身症(自律神経失調症、本態性高血圧症、消化性潰瘍)における身体症状ならびに抑うつ、不安、焦躁、睡眠障害

セディールを服用してから、効果が現れるまでの時間は約1時間です。
効果はその後約1.5時間持続します。

投与量 投与条件 Tmax(hr) Cmax(ng/mL) AUC(ng・hr/mL) T1/2(hr)
20mg 絶食 0.8±0.1 3.2±0.6 8.2±2.1 1.2
食後 1.4±0.3 2.9±0.7 11.5±3.1 1.4

tmax(hr):ピーク時間 / t1/2(hr):半減期

※参考サイト:KGG 医療用医薬品 : セディール

副作用

セディールの服用では、以下の副作用が現れることがあります。
体調をよく観察して、異常が認められた場合には服用の中止等の適切な処置をおこなう必要があります。

・肝機能障害、黄疸
 AST、ALT、ALP、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがある。

・セロトニン症候群
 興奮、ミオクロヌス(筋肉に起こる電撃的な収縮)、発汗、振戦、発熱等を主症状とするセロトニン症候群があらわれることがある。
これらの症状が出現した場合には、服用を中止し、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。

・悪性症候群
 抗精神病薬、抗うつ薬等との併用、あるいはセディールの急激な減量・中止により、悪性症候群があらわれることがある。
発熱、意識障害、強度の筋強剛、不随意運動、発汗、頻脈等があらわれた場合には、体冷却、水分補給等の適切な処置を行うこと。
発症時には、白血球の増加や血清CKの上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある。

・その他の副作用

発現頻度 1%以上 0.1〜1%未満 0.1%未満 頻度不明
精神神経系 眠気 めまい、ふらつき、頭痛、頭重、不眠 振戦、パーキンソン様症状 悪夢
肝臓 AST、ALT、γ-GTPの上昇 ALPの上昇
循環器系 動悸 頻脈、胸内苦悶
消化器系 悪心、食欲不振、口渇、腹部不快感、便秘 嘔吐、胃痛、胃のもたれ、腹部膨満感、下痢
過敏症 発疹、じん麻疹、そう痒感
その他 倦怠感、脱力感、気分不快、四肢のしびれ、目のかすみ 悪寒、ほてり(顔面紅潮、灼熱感等)、多汗(発汗、寝汗等)、BUNの上昇、尿中NAGの上昇、好酸球増加、CKの上昇 浮腫

※参考サイト:KGG 医療用医薬品 : セディール

服用・使用方法

通常、成人にはタンドスピロンクエン酸塩として1日30mg3回に分け経口投与する。
なお、高齢の方は低用量(例えば1日15mg)から開始するなどの注意が必要。

また、年齢・症状により適宜増減するが、1日の最大量は60mgまでとする。

服用・使用時の注意点

・本剤の使用にあたっては、高度の不安症状を伴う患者の場合効果が現れにくいので、慎重に症状を観察する等注意すること。

・眠気・めまい等が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

・ベンゾジアゼピン系誘導体とは交差依存性がないため、ベンゾジアゼピン系誘導体から直ちに本剤に切り替えると、ベンゾジアゼピン系誘導体の退薬症候が引き起こされ、症状が悪化することがあるので、前薬を中止する場合は徐々に減量する等注意すること。

・神経症の罹病期間が長い(3年以上)例や重症例あるいは他剤(ベンゾジアゼピン系誘導体)での治療効果が不十分な例等の治療抵抗性の患者に対しては効果があらわれにくい。
1日60mgを投与しても効果が認められないときは、漫然と投与することなく、中止すること。

使用に注意が必要な人

  • 脳に器質的障害のある患者
  • 中等度又は重篤な呼吸不全のある患者
  • 脱水・栄養不良状態等を伴う身体的疲弊のある患者
  • 腎機能障害患者
  • 肝機能障害患者
  • 妊婦または妊娠している可能性がある人
  • 授乳婦
  • 小児等
  • 高齢者

併用禁忌

特にありません。

併用注意

ブチロフェノン系薬剤(ハロペリドール、ブロムペリドール、スピペロン等)
錐体外路症状を増強することがあります。

カルシウム拮抗剤(ニカルジピン、アムロジピン、ニフェジピン等)
降圧作用を増強するおそれがあります。

セロトニン再取り込み阻害作用を有する薬剤(フルボキサミン、パロキセチン、ミルナシプラン、トラゾドン等)
セロトニン症候群があらわれることがあります。

保管方法

・高温多湿を避けて、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。

・子供の手の届かないところに保管してください。

・1錠を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・他の薬と混ぜないように保管してください。
成分が作用し合い、性質が変化したり形状が崩れる可能性があります。

・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。
どうしてもの場合は飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・期限の過ぎた商品の服用、使用はしないでください。

有効成分

タンドスピロン(tandospirone) 10mg

参考サイト

セディールの詳細は、下記サイトを参考に正確な情報提供を努めております。

【医薬品情報サイト】
KEGG
KEGG DRUG は、日本、米国、欧州の医薬品情報を化学構造と成分の観点から一元的に集約したデータベースとなっています。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

【医薬品の個人輸入に関して】
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について
グー薬局では、厚生労働省のサイトを参考に医薬品の個人輸入の情報を提供しております。 厚生労働省によると、個人の使用に限り個人輸入は認められております。また、医薬品又は医薬部外品は輸入できる数量が制限されております。あらかじめご確認ください。

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。

メーカー

大日本住友製薬社

発送国

香港

セディールの口コミ

投稿された口コミはまだありません。

セディール を使った感想を書いてみませんか?

名前:
年齢:
評価:
目次へ戻る