こんにちは、ゲスト
上へ戻る

更新日:

メトホルミンを処方してもらうには?処方以外の方法も紹介

メトホルミンを処方してもらうには?処方以外の方法も紹介

メトホルミンを処方してもらうには、医療機関を受診して医師の診察を受ける必要があります。
また、飲む目的によって保険適用と自由診療で分かれており、受診方法も来院とオンライン診療の2種類あります。
「処方してもらうには条件がある?」
「費用はどのくらい?」
わかりやすく解説しながら、このような疑問にもお答えしていきます。
メトホルミンを通販で購入する方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

メトホルミンを処方してもらうには

医療機関を受診してメトホルミンを医師から処方してもらう場合、飲む目的によって保険診療自由診療に区別されます。

以下の表は、メトホルミンを処方してもらえる方法を簡単にまとめたものです。

保険診療 自由診療 オンライン診療
ダイエット
アンチエイジング
糖尿病
不妊治療
肥満

メトホルミンの処方において、どのような基準で保険診療、自由診療に分けられるのか詳しく解説していきます。

• 保険診療
医師から、2型糖尿病多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された場合保険適用となります。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、不妊の原因となる病気のひとつです。

なお保険が適用される場合、検査が必要なのでオンライン診療は利用できません。

• 自由診療
ダイエットアンチエイジング目的でメトホルミンを飲む場合は自由診療となり、美容クリニックや肥満外来、内科、婦人科などで処方してもらうことができます。
自由診療の場合、検査が必要なければオンライン診療でメトホルミンを処方する医療機関もあります。

ただし、すべて保険適用外のため、保険が適用された場合と比べて費用が高額になります。

メトホルミンのアンチエイジング効果についてはこちらで詳しく解説しています。

オンライン診療で処方してもらうには

ダイエットやアンチエイジング目的であれば、オンライン診療でメトホルミンを処方する医療機関もあります。

オンライン診療と聞くと、カメラを使って診察というイメージがありますが、LINEのチャット機能や電話で顔を出さずに診察してもらえるケースもあります。

なお、診療後は自宅にメトホルミンが届けられます。
診察から処方まで病院に行くことなく完結することから、遠方に住んでいる人や外出しにくい人でも便利に利用できる受診方法です。

ただし、デメリットとして、診察料に加えて送料もかかるため通常よりもコストがかかってしまうことが挙げられます。

オンライン診療のメリット・デメリット

メトホルミンを通販で購入するには

メトホルミンを通販で購入するために、個人輸入代行サイトを使うという方法があります。
個人輸入代行サイトとは、海外の医薬品などを販売する通販サイトのことで、購入から発送までの手続きを代行する役割をしています。

個人輸入代行サイトでメトホルミンを購入する場合、処方箋も医療機関の受診も不要です。
そのため、病院に行く時間が取れない人でも気軽に購入することができます。
また、自由診療のクリニックよりも安く購入できることが多いです。

個人輸入代行サイトのメリット

なお、メトホルミンは市販されていません。 ドラッグストアや一般的な通販サイトでは購入できないため注意してください。

費用はどのくらいかかる?

メトホルミンを購入するときの費用を、保険診療自由診療個人輸入の場合それぞれでまとめました。

• 保険診療
二型糖尿病や多嚢胞性卵巣症候の治療としてメトホルミンを処方してもらう場合、公的医療保険が適用されます。
費用は、年齢や所得に応じて合計費用の1~3割負担となります。

• 自由診療
ダイエットやアンチエイジングが目的でメトホルミンを処方してもらう場合は、保険適用外となります。
価格設定は医療機関側が行うため、具体的な金額は受診する医療機関によってかなり異なります。

• 個人輸入
個人輸入代行サイトでメトホルミンを購入する場合も、サイトによって価格は異なります。
法外な価格で売られている、偽物が出回っているなどの危険性もあるので、安全なサイトを見極めることが大切です。

グー薬局では、メトホルミンを1錠42円~取り扱っています。

まとめ

ここまでの記事で解説したことをまとめました。

  • 医療機関を受診して医師からメトホルミンを処方してもらう場合、保険診療か自由診療に区別される
  • 保険診療は2型糖尿病や多嚢胞性卵巣症候群と診断された場合
  • 自由診療はダイエットやアンチエイジング目的の場合
  • 個人輸入であれば医療機関を受診することなく、処方箋なしでメトホルミンを購入できる
  • 費用は保険診療であれば1~3割負担、自由診療は医療機関によってさまざま
  • 個人輸入の場合も、金額は購入サイトによって異なる

メトホルミンに関するQ&A

Q&A

メトホルミンの処方に関連してよくある質問にお答えしていきます。

Q.メトホルミンが処方されたのに処方箋に違う名称が記載されていました

A.処方箋には「商品名」で記載される場合と、医薬品の有効成分である「一般名」で記載される場合があります。
メトホルミンは一般名のため、この場合メトグルコなど商品名で記載されていたと考えられます。

Q.処方箋がなくても購入できますか?

A.調剤薬局でメトホルミンを購入する場合、必ず処方箋が必要です。
ただし、個人輸入の場合は処方箋も診療もなしで購入が可能になります。

Q.不妊治療でも保険適用されますか?

A.不妊治療では保険適用外だったメトホルミンが、2022年4月より保険適用になりました。

多嚢胞性卵巣症候群という排卵が起こりにくくなる病気に有効とされ、排卵誘発剤と併用して投与されています。

なお、メトホルミンは妊婦又は妊娠している可能性のある女性は禁忌です。
不妊治療に十分な知識と経験のある医師のもとで使用してください。

Q.個人輸入する場合、送料はいくらかかりますか?

A.メトホルミンを個人輸入する場合の送料は、購入サイトによって異なります。
当サイトの送料は、全国一律1,000円です。
また、1回のお買い物金額が10,000円以上に達した場合は送料無料となります。
郵便局の書留郵便で発送していますが、商品によっては別の宅配便会社で配送する場合もあります。