グー薬局

×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

紫外線対策は365日必要!

サングラスと帽子で紫外線対策をしている女性

だんだんと気温が高くなり、日差しも少しずつ強まってきた今、紫外線対策を意識し始めている方も多いと思います。

けれど、紫外線対策は日差しの強い夏の季節にだけ必要だと思っていませんか?
また、晴れている日や外出する時にだけ行うものと思っていませんか?

残念ながら、紫外線は季節や天気に関係なく、年中降り注いでいるものなのです。

しかも紫外線は窓を透過して入ってくるので、家の中にいても紫外線を浴びてしまいます。
そんな紫外線を何の対策もしないまま浴びていると、確実に肌へのダメージを受けてしまいます。
そのため、健康的で美しい肌を保つには紫外線対策を365日正しく行う必要があります。

このページでは、紫外線によるダメージ、正しい紫外線対策の方法、紫外線対策に役立つアイテムを詳しく紹介していきます。

そもそも、どうして紫外線は良くないのか?

紫外線

紫外線は、太陽光線の一つです。
紫外線を肌に浴びると、日焼けやシミ、しわ、たるみ、そばかすの原因になります。

また、紫外線は目からも入ってくるので、白内障の原因となったり、皮膚細胞を傷つけることから皮膚がんのリスクも高めてしまいます。

このように、紫外線は肌に与えるダメージがかなり多く、健康にも影響を与えるため、日常的に紫外線を防ぐ対策を行うことが欠かせません。

その一方で、紫外線はビタミンDを生成するために必要な要素でもあります。

ビタミンDは、骨の健康維持や骨粗しょう症の予防、免疫機能の強化に欠かせない栄養素です。
このビタミンDは、紫外線を浴びることで生成される栄養素でもあります。
ビタミンDは食事から取り入れることも可能ですが、食事で摂取できる量が少ないため、紫外線(太陽)を浴びることで足りない分のビタミンDを生成する必要があります。

そのため、WHO(世界保健機関)では1週間に2~3回、1日15分ほど日焼け止めを塗っていない状態で顔や手足を日光浴することが、ビタミンDの生成に役立つとされています。

ちなみに、ビタミンDはサプリメントでも取り入れることが可能です。

紫外線は何の対策もしないまま体に浴びてしまうと、体にダメージを与える厄介なものです。
しかし、少量の紫外線は体に必要な栄養素の生成に役立つという一面もあります。
そのため、サプリメントなどで必要な量を補いながらもしっかりと紫外線対策を行うことは、肌などの美容面や病気を防ぐ健康面でもとても重要です。

紫外線の種類

紫外線は地球に降り注ぐ太陽光線の1つであり、その種類はA波(UVA)・B波(UVB)・C波(UVC)の3つの種類に分けられます。

この3種類の内、C波は大気中にあるオゾン層によって吸収されるため、地球の地表に届くことはありません。わたしたちの肌や健康に影響を与えるのは、A波とB波です。

紫外線A波(UVA)

A波(UVA)は季節や天気に関係なく、1年中地上に降り注いでいる紫外線です。
A波は雲や窓ガラスも透過して肌に入ってくるため、「生活紫外線」とも呼ばれています。

A波はB波に比べると肌に与える作用は弱いのですが、肌の奥深くにまで入り込むという性質を持っています。そんなA波を肌に浴びると、肌に弾力を与えるコラーゲンなどが破壊されるため、しわやたるみを引き起こす原因になります。

また、メラニン色素を酸化させて肌を黒くするという作用もあります。

紫外線B波(UVB)

B波(UVB)は、A波よりも肌に与える作用が強い紫外線です。
主に屋外での日焼けの原因となるため、「レジャー紫外線」とも呼ばれています。

肌の表皮に炎症を起こすので日焼けやシミ、そばかすの原因となります。
また、皮膚がんや白内障を引き起こすこともあるため、人体に有害となる影響が大きいです。

本当に効果のある正しい紫外線対策

肌や健康に悪影響を与えることが多い紫外線は、誤った方法で対策を行っても意味がありません。
紫外線対策は、正しい方法でしっかりと行うことが必要不可欠です。

ここでは、紫外線対策に有効な方法を紹介します。

紫外線対策①日焼け止め

日焼け止めを塗って紫外線対策する女性の手

肌に降り注ぐ紫外線を防ぐのに有効なのが、日焼け止めです。
日焼け止めにはスプレータイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど様々な種類があります。

日焼け止めは毎日使用するものなので、自分にとって使い心地の良いタイプを選びましょう。
ちなみに、日焼けは肌のタイプによって大きく3種類に分かれています。

■日焼けをすると赤くなり、それから黒くなるタイプ
■わずかに赤くなってから、すぐに黒くなるタイプ
■すぐに赤くなり、黒くならずに元に戻るタイプ


その中でも赤くなって黒くならない肌のタイプの人は、紫外線に対する抵抗力が弱いため、日焼け止めで十分な紫外線対策を行いましょう。

もちろん、それ以外の肌のタイプの人も紫外線対策が必要ない訳ではないので、しっかり対策を行ってください。

なお、敏感肌などで肌が弱い人の場合、日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤によってアレルギーを起こすことがあります。

そのため、肌が弱い人は紫外線吸収剤が配合されていない、ノンケミカルタイプの日焼け止めを使用することをお勧めします。

※日焼け止めに表示されるSPFとPAについて

日焼け止めには、「SPF」と「PA」という文字が表示されています。
この表示には、それぞれ以下の意味があります。

■SPF(Sun Protection Factor)
SPFは、紫外線B波の防御効果を表している数値です。
日焼けや炎症、シミ、そばかすの原因となる紫外線B波を防ぎます。

SPFには2~50の数値があり、示されている数字が大きいほど防御効果が高くなります。
SPFの最大の数値は51以上の防御効果を示す「SPF50+」です。

レジャー紫外線とも呼ばれる紫外線B波による屋外での日焼けを防ぎたい時には、SPFの数値が高い日焼け止めを選びましょう。

■PA(Protection Grade of UVA)
PAは、紫外線A波の防御効果を表している数値です。
しわやたるみを引き起こす原因となる紫外線A波を防ぎます。

PAにはPA+、PA++、PA+++、PA+++と4段階の数値があります。
その中でも「PA++++」が最も防御効果が高くなっています。

生活紫外線とも呼ばれる紫外線A波による日常的な日焼けを防ぐためには、PAの+の数値が多い日焼け止めを使用しましょう。

■※シーンに合わせて使い分けたいSPFとPAの数値目安
・日常生活や屋内での活動…SPF20、PA+~PA++
・外出時や屋外での活動…SPF30~40、PA+++
・屋外でのスポーツや海水浴など、日差しの強い場所での活動…SPF50~50+・PA++++

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを塗る女性

日焼け止めを使用する時は、顔や体にそれぞれしっかりと塗っていきましょう。

顔に塗る時は、額、両頬、鼻、あごの5か所にのせ、少しずつ広げるようにして顔全体になじませます。

その後、同じ塗り方でもう1度重ねづけしてください。日に当たりやすい頬や気になる部分には、多めに塗っても大丈夫です。

体に塗る時は、日焼け止めの容器から直接肌の上に線を描くように塗ります。
その後、円を描くようにして優しく塗り広げてください。
この時、塗り残しがないよう肌全体に塗ることが大切です。

また、日焼け止めを塗る際に忘れがちなのが耳、首、デコルテの部分です。
うっかり焼けしやすい部分だからこそ、絶対に塗り忘れないよう気をつけてください。

なお、日焼け止めを塗る際は少量ではなく、顔や体全体をケアできる量をしっかりと塗ってください。1度塗っただけでは汗や水で流れてしまうので、2時間おきに塗り直すことで、日焼け防止の効果を持続できます。

ちなみに、日焼け止めは肌になじんで効果を発揮するまでに、15分程度かかるとされています。
そのため、外出時や屋外での活動時に日焼け止めを使用する際には、外出・活動の15分前に塗っておくことをお勧めします。

紫外線対策②日傘や帽子

日傘と帽子

紫外線対策を行う上で、日傘や帽子の使用はとても役立ちます。日傘を選ぶ時には、UVカットの機能が施されている日傘を選んで使用しましょう。

色は黒色など、色の濃い物の方が紫外線の防御効果が高くなります。

紫外線対策③サングラス・マスク

サングラスをかけた女性

サングラスも、おしゃれに紫外線対策が行えるファッションアイテムです。サングラスを使用する際は、日傘と同じくUVカットの加工が施されているものを選びましょう。

また、最近はマスクも紫外線対策のアイテムとして人気を集めています。サングラスと同様、UVカットが施されているマスクを使用することで、顔の日焼けを防ぐのに役立ちます。

紫外線対策④UVカット機能のある服

カーディガンを着ている女性

最近はUVカット機能が施されたパーカーやラッシュガード、カーディガンが増えているので、おしゃれを楽しみながら紫外線策を行えます。

服だけでなくアームカバーやネックカバーなど、手軽に使用できるアイテムも増えているので、シーンに応じて使い分けてみてください。

紫外線を浴びてしまった時にやるべき対策

顔に化粧水をかけている女性

「日焼け止めを塗り忘れてしまった」
「急な外出で紫外線対策ができなかった」

そういった予想外に紫外線を浴びてしまった時には、後からできる対策を行うことが重要です。

紫外線を浴びた肌、つまり日焼けした肌はやけどと同じような状態なので、まずはしっかりと冷やしてください。
タオルやローションを使用して、日焼けした部分の熱をしっかり取りましょう。

顔を日焼けした場合は、熱を取った後、いつも以上に丁寧なスキンケアを心がけてください。
洗顔で汚れを落とした後、たっぷりの化粧水で水分を補い、乳液やクリームを使ってしっかり保湿しましょう。

体を日焼けした場合も同様に、汚れを落とした後に化粧水で水分補給し、ボディクリームなどで油分を与えて肌を保護しましょう。

「日焼けをしてしまったからもう手遅れ」といって何も対策をしないままだと、シミやしわなどのダメージも大きくなります。

そのため、紫外線を浴びてしまっても後からできる対策を行うことで、ダメージを最小限に抑えることができます。

紫外線対策に役立つアイテム

紫外線対策は、日焼け止めだけでなく複数のアイテムを使用することで、より肌や健康を守ることができます。

当サイト(グー薬局)で取り扱っている紫外線対策に役立つ人気アイテムを紹介していきます。

「医療機関処方のハイクオリティ!」ヘリオケアウルトラジェルSPF90

ヘリオケアウルトラジェルSPF90

■値段:4,050円
■内容量:50ml
■日焼け防止効果:SPF90(SPF50+)

ヘリオケアウルトラジェルSPF90は、世界約50ヵ国の医療機関で提供されているジェルタイプの日焼け止めです。

高い日焼け止め効果がありながら、オイルフリーで肌に優しいため、肌が弱い人でも安心して使用できます。

「人気上昇中!塗る手間いらず」サンセーフRX

サンセーフRX

■値段:5,400円
■内容量:60錠
■日焼け防止効果:紫外線予防、アンチエイジング

サンセーフRXは、紫外線予防効果のある「飲む日焼け止め」です。

塗るタイプの日焼け止めにありがちな塗り忘れや、面倒な塗り直しが必要ないため、手軽に紫外線対策が行えるアイテムとして人気を集めています。

紫外線予防だけでなく、アンチエイジングにも効果が期待できる日焼け止めサプリメントです。

「貼るだけで紫外線ブロック!」サンアウェイプラス

サンアウェイプラス

■値段:4,090円
■内容量:30パッチ
■日焼け防止効果:紫外線からの肌の保護、シミ・しわ予防

サンアウェイプラスは、パッチタイプの「貼る日焼け止め」です。体にパッチを貼るだけで、紫外線による肌ダメージを防ぐ効果があります。

塗るタイプの日焼け止めの匂いや感触が苦手な方や、飲む日焼け止めをうっかり飲み忘れてしまう方に人気のアイテムです。

「紫外線に負けない美肌作り」BIHAKUENデイクリームSPF30

BIHAKUENデイクリームSPF30

■値段:7,500円
■内容量: 50g
■日焼け防止効果:SPF30

BIHAKUENデイクリームSPF30は、紫外線対策も行える美容クリームです。

豊富な天然成分配合で高い保湿力があり、紫外線によるダメージから肌を守ります。

普段のスキンケアに取り入れることで、紫外線対策を行いながら美肌も同時に目指せます。

「紫外線対策の最強ケア」(マヌカドクター)イリュージョニストラピッドリフトマスク

(マヌカドクター)イリュージョニストラピッドリフトマスク

■値段:6,800円
■内容量: 40ml
■日焼け防止効果:抗炎症作用 高保湿

(マヌカドクター)イリュージョニストラピッドリフトマスクは、塗るタイプのフェイスマスクです。

高い抗炎症作用を持つビーベノム(蜂毒)と、保湿効果が高いニュージーランド産の高級はちみつを使用しています。

紫外線を浴びてしまった日のスキンケアに取り入れることで、肌に潤いを与え、紫外線のダメージから肌を守ります。

まとめ

紫外線対策は、1日だけ行えば大丈夫というものではありません。

紫外線は季節や天気、場所に限らずいつでも降り注いでいるため、紫外線対策は毎日行う必要があります。

なお、紫外線対策はちゃんと行っていれば、美肌や健康を維持することにとても役立ちます。

今は日焼け止めの種類もたくさんあり、紫外線対策に役立つアイテムも数多くあります。

自分にとって使いやすい、そして続けやすい方法で紫外線に負けない日々を過ごしましょう。