こんにちは、ゲスト
上へ戻る

更新日:

メトホルミンは食事しない時に飲んでもいい?

メトホルミンは食事しない時に飲んでもいい?

メトホルミンは食事をしないとき胃の中に食べ物がないときに飲むと副作用が起こりやすくなるため、飲まないことをおすすめします。
したがって、メトホルミンとあわせてファスティングや断食などの方法も取り入れる予定がある人は注意が必要です。

また、メトホルミンと食事には深い関係があります。
そこで、この記事では食事による影響や食事で気を付けるべきポイントについて解説していきます。

メトホルミンはなぜ食事しない時に飲まない方がいいのか 

食事をとらずに、メトホルミンを飲むと副作用が起こりやすくなります。

特に下記のような副作用に注意が必要です。
・低血糖
・下痢や吐き気などの消化器症状

なお、これらの副作用は、食前または食後にメトホルミンを飲むことで起こりにくくなります。

しかし、メトホルミンとあわせてファスティングや断食を取り入れたい人もいるかもしれません。
そこで、メトホルミンと食事に関連するダイエット方法との相性を表にまとめました。

メトホルミンとの相性
ファスティング
断食(食事しない時)
水断食(水だけ飲む)
食事制限
デトックス
ジュースクレンズ

この表から、メトホルミンはファスティングや食事制限など食事内容や量は変えても、絶食はしない方法と相性がいいことが分かります。
そのため、メトホルミンを飲むときはジュースやゼリーでいいので何か胃の中に入れるようにしましょう。

また、シックデイなどで食事がとれない状態の人はメトホルミンを飲んではいけません。
この他にもメトホルミンを飲むときには避けなければいけない禁忌事項があります。
メトホルミンの禁忌については別の記事で詳しく解説しているので、あわせてお読みください。

シックデイとは

シックデイとは

シックデイとは糖尿病の人が治療中に発熱・下痢・嘔吐・食欲不振などによって食事や水分が取れず、脱水や血糖コントロールが不安定になる期間のことです。

シックデイのときは通常よりも高血糖になりやすく、この状態が続くと糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こす可能性があります。
糖尿病性ケトアシドーシスとは血糖値を下げるインスリンの不足が原因で血糖値が非常に高くなることによって起こる合併症のことで、悪化すると昏睡に陥ることもあります。

また、シックデイで食事ができていないときにいつも通りに血糖値を下げるための医薬品を使用すると低血糖になる可能性もあります。
ただ、糖尿病治療では人によって使用する医薬品が異なるため、シックデイのときの対応を事前に医師と相談しておくと安心でしょう。

ファスティングとメトホルミンの併用

ファスティングとメトホルミンの併用

ファスティング中にメトホルミンを飲むことは安全性が確立されていません。

ファスティングとメトホルミンの併用については、これまでに様々な研究がおこなわれてきました。ファスティングによって2型糖尿病が改善したという報告や、逆にファスティングは2型糖尿病の発症リスクを高めるという報告もありますが、いずれも小規模な試験であり安全性について結論付けることは難しいとされています。

このように、現状ではファスティングとメトホルミンの併用については安全性が確立されていません。そのため、ファスティング中にメトホルミンを飲む場合は体調への十分な注意が必要です。
もし、何か副作用が出て症状が重い場合は医療機関を受診して医師に相談してください。

メトホルミンと食事の影響

メトホルミンと食事の影響

メトホルミンは、今の生活を変えなくても生活の中に取り入れて継続的に飲み続けるだけでダイエット効果が期待できる医薬品です。

さらに、メトホルミンを飲むことに加えてバランスの良い食事と適度な運動をあわせておこなうと、筋トレにプロテインを取り入れることで効果的に筋肉が付くように相乗効果が期待できます。
これは2型糖尿病の治療でもダイエットでも共通して期待できる相乗効果です。

ただし、メトホルミンを生活に取り入れるだけでいいというのは今の生活に問題が無いことが前提です。

では、普段の生活においてどのようなことに気を付けるべきなのか、次の項目で例を挙げて詳しく解説していきます。

食事量と回数

食事量と回数

普段の生活で気を付けるべきことは食事の量と回数です。

健康のために推奨される食事量は「消費カロリー≧摂取カロリー」とされています。
まずは、自分の1日の消費カロリーを知るところから始めましょう。

食事の回数に関しては、1日の食事量が同じでも、3食に分けて少量ずつ食べるのと1食で大量に食べるのでは血糖値の上がり方が異なります。一気に大量に食べると血糖値が急上昇し、体がダメージを受けてしまうのです。このように、不規則な食生活は糖尿病やダイエットに悪影響を与えます。

また、食事回数が少ないと間食で補ってしまいがちです。間食に選びやすいアメやチョコレートなどには糖質が多く含まれており、糖質の取りすぎにつながります。
とはいえ、糖質を完全にカットしていいかというとそうではありません。そこで、次の項目では食事のバランスについて解説していきます。

食事のバランス

食事のバランス

食事のバランスというのは炭水化物、たんぱく質、脂質の3大栄養素の比率のことで、推奨されているバランスは「炭水化物:たんぱく質:脂質=5:2:3」です。
それぞれの割合は、「炭水化物:たんぱく質:脂質=45~60%:10~20%:25~35%」程度とされています。

近年、糖質制限などが注目されていますが、糖質はエネルギーとしてある程度は必要な栄養素です。糖質を取らないなどの極端な偏食をするのではなく、適切な量でバランス良く栄養を摂取しましょう。

食事のとり方

食事のとり方では下記のポイントが大切になります。

・よく噛んで食べる
・早食いしない

食事は回数や量、栄養バランスだけでなく、よく噛んでゆっくり食べる事も大切です。
早食いせず、ゆっくり食べることで血糖値の上昇が緩やかになり、急いで食べるよりも臓器への負担も少なくなります。
そして、よく噛むことで満腹中枢が刺激され食欲が抑制されます。満腹感を得やすくなるため食べ過ぎも防止できるのです。

メトホルミンを飲むときは避けるべき食品

メトホルミンを飲むときに避けるべき食品は下記の通りです。
・アルコール
・まいたけ
・たらこ
・インスタントコーヒー
・落花生
・マグロ
・カツオ
・サバ
・レバー(牛・豚・鶏)など

上記のアルコール以外の食品にはニコチン酸(ナイアシン)が多く含まれています。ニコチン酸は血糖値を下げる働きを弱めるため、食べる場合は少量に控えましょう。

そして、上記の中で最も避けたいのはアルコールです。
基本的に糖尿病治療中やダイエット中はアルコール摂取を控えた方が良いとされています。

アルコールは肝臓が糖を貯蔵、放出する能力を損ない低血糖を引き起こしやすくなります。また、利尿作用によって脱水を起こしやすくなります。
なお、過度なアルコール摂取は乳酸アシドーシスを引き起こすリスクが高まるため、メトホルミンの禁忌とされています。

メトホルミンを飲むときのアルコール摂取については別の記事で解説しています。こちらもあわせてお読みください。

まとめ

ここまでにお伝えしたメトホルミンと食事の関係性についてのポイントをまとめました。

  • 食事をしない時はメトホルミンを飲まない
  • 脱水を避けるためにこまめに水分補給をする
  • 規則正しく栄養バランスのとれた食事を心がける
  • 適度な運動も取り入れる

メトホルミンをダイエットに活用する際はこれらのポイントに気を付けて、しっかり効果を得られるようにしましょう。

なお、グー薬局でもメトホルミンを取り扱っています。商品の詳細やご購入については下記のリンクからご確認ください。

Q&A

Q&A

最後に、メトホルミンと食事についてのよくある質問にお答えしていきます。

Q.メトホルミンは間食に効く?

A. メトホルミンには食欲を適切に抑える効果満腹感を持続させる効果があります。
これらの効果によって間食を減らすことができると考えられます。

なお、規則正しく栄養バランスの取れた食事や、適度な運動とあわせてメトホルミンを飲むことで、より効果を実感しやすくなります。

Q.メトホルミンを飲んで食事しないとどうなる?

A. メトホルミンを飲んで食事をしないと、低血糖などの副作用が起こるリスクが高まります。

ゼリーやフルーツなど何か少しでも食べてからメトホルミンを飲めば、メトホルミンによる副作用のリスクを下げられます。
食事を取る時間がない場合でも、メトホルミンを飲んで食事をとらないといった状況は避けましょう。

Q.メトホルミンを飲むだけで痩せる?

A. 普段の食生活や運動習慣に問題がなければ、メトホルミンを飲むだけでもダイエット効果が期待できます。
しかし、不規則で栄養の偏った食生活、運動を全くしないなど普段の生活に問題がある場合は、メトホルミンを飲むだけではダイエット効果を実感しにくいです。

メトホルミンによるダイエット効果は、メトホルミンを継続して飲むこと、食事の改善、適度な運動を取り入れることで実感しやすくなります。
メトホルミンはあくまでダイエットのサポートという認識を持ち、医薬品の力だけに頼らない心がけが大切なのです。