こんにちは、ゲスト
上へ戻る

更新日:

メトホルミンは食前と食後のどっちがいい?違いについて比較解説

メイン

「メトホルミンは食前と食後で違いはある?」
「飲み忘れたけど食後どれくらいなら間に合う?」
「痩せる効果が高いのは食前?食後?」

このような疑問に対して、この記事ではあなたがメトホルミンをいつ飲むべきかを解説していきます。

メトホルミンは食前?食直前?食後?いつ飲むべきか

メトホルミンは食前、食直前、食後のどのタイミングに飲んでも、効果は同じです。
食前だと飲み忘れにくく、食後だと副作用が若干出にくいというメリットがあります。

メトホルミンと食事のタイミングについては以下の表をご覧ください。

食事のタイミング メトホルミン
食前 20~30分前
食直前 5分前~直前
食直後 食後5分以内
食後 食後30分以内
食間 食後2時間経過
起床時 起きてすぐ
就寝前 寝る30分前
頓服 症状が出たとき

メトホルミンは食事と一緒に飲むものと覚えておくとわかりやすいでしょう。

メトホルミンは「1日250㎎~500㎎の量を2~3回に分けて、食直前または食後に飲む」とされ、食直前、食後どちらに飲んでも、糖尿病とダイエットともに効果に違いが出ることはないです。
大体コップ半分程度(120ml)の水およびぬるま湯で飲んでください。

メトホルミンは「食前」「食直前」「食後」で何が変わるの?

メトホルミンは「食前」「食直前」「食後」で何が変わるの?

メトホルミンの食前、食直前、食後による違いは以下の通りです。

比較 食前 食直前 食後
効果 同じ
メリット 飲み忘れにくい 食前食後の中間 副作用が出にくい

効果は食事の前後であればいつ飲んでも変わりませんが、
飲み忘れしやすい人:食前
副作用が不安な人:食後

などメリットを生かしてメトホルミンを飲みましょう。

ここからは「食前」「食直前」「食後」の意味についてそれぞれ解説していきます。

食前とは

「食前」とは、食事を始める30分前に飲むことです。
食べ物が胃に入る前に飲むことで、食後に効果が出るため、胃酸の分泌を促して食欲を出す医薬品、消化器の働きを良くして吐き気などを抑える医薬品などを飲むときに使われます。

食直前とは

「食直前」とは、食事のすぐ前に飲むことで、「いただきます」の前に飲むイメージです。
一般的には食事の5~10分前とされているのでその間で飲んでも問題はないとされています。
食後の血糖値の上昇を抑える医薬品や、インスリン分泌を促進し食後の血糖値を下げる医薬品などを飲むときに使われます。

食後とは

「食後」とは、食事が終わった30分以内に飲むことです。
食べ物が入っていたほうが負担を減らせるため、胃に負担がかかる医薬品を飲むときに使われます。

飲み忘れた時の対処法は?

メトホルミンを飲み忘れてしまった場合、食後1時間程度しか過ぎていなければ飲んでも問題はありません。
ただし、食後から大幅に時間が経っていたり、次の飲むタイミングが近づいていたりした場合は、その1回分はあきらめて飛ばしましょう。
くれぐれも2回分を一度にまとめて飲むことはしないでください。

また、飲み忘れを防ぐことでメトホルミンは効果を最大限に発揮するため、自分にとって飲み忘れにくいタイミングを把握しておきましょう。
アラームのセットや食事の準備と一緒に出すなど、習慣にしてしまうのがおすすめです。

メトホルミンと他の医薬品を併用して飲むとき

メトホルミンと他の医薬品を併用して飲むとき

メトホルミンと他の医薬品を併用するメリットは以下の通りです。

・より高い効果が得られる
・副作用を打ち消せる
より高い効果を得るにはリベルサスやフォシーガとの併用、副作用を打ち消したい場合は整腸剤などと併用しましょう。

一方で、併用の注意点は以下の通りです。

・副作用が出やすい
・副作用の重症化
・併用禁忌の薬との飲み合わせ

誤った併用は、予期せぬ副作用などを招くため注意してください。

次の項目では糖尿病治療におけるメトホルミン以外の主な医薬品の飲むタイミングを紹介しています。
他の医薬品との併用を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

食直前に飲む医薬品

・aグルコシダーゼ阻害薬(アカルボース、ボグリボース、ミグリトールなど)

糖質の吸収を遅らせ、食後の血糖上昇をゆるやかにする医薬品です。
もし食事中に飲み忘れに気がついたらすぐに飲みましょう。
食後に飲み忘れに気がついたら、その1回分は飛ばしてください。

・即効型インスリン分泌促進薬(ナテグリニド、ミチグリニド、レパグリニドなど)

素早くインスリン分泌を促進することで、食後の血糖値を下げる医薬品です。
食事開始後に飲み忘れに気がついたらその1回分は飛ばしてください。

食前または食後に飲む医薬品(どちらでも可能)

・スルホニル尿素薬=SU薬(グリベンクラミド、グリクラジド、グリメピリド)

インスリン分泌を促進することによって血糖値を下げる医薬品です。
食後1時間以内程度であれば飲んでも問題はありません。
ただし、かなり時間が経っていた場合その1回分は飛ばしてください。
飲み忘れたからと言って、2回分を1度にまとめて飲むことはしないでください。

・DPP4阻害薬(シタグリプチン、ビルダグリプチン、アログリプチンなど)

インスリン分泌を調整し、血糖値を下げるは働きがある医薬品です。SU薬と対処法は同じです。

また、SGLT2阻害薬という医薬品もあります。
そのひとつであるフォシーガは、飲むタイミングは決められておらず1日1回ですが、副作用として飲んだ後の尿量が増えることがあるため、飲むタイミングに注意してください。

メトホルミンは食事しない時に飲んでもいい?

メトホルミンは食事しない時に飲んでもいい?

食事をしない時はメトホルミンを飲まないほうがいいです。
理由は、食事を摂れない時にメトホルミンを飲むと、脱水や内臓機能の低下が起こる可能性があるからです。さらに、乳酸アシドーシスを発症するリスクも高くなり、最悪の場合は命にかかわります。

また、メトホルミンは「シックデイ」と呼ばれる、食事が摂れないほど体調が悪いときには飲むことをやめるべきとされています。
シックデイにかかわらず、空腹時にメトホルミンを飲むと上記に挙げた副作用を起こしやすくなるので、食事をしない時は飲まないようにしてください。

まとめ

まとめ
  • メトホルミンは食前でも食後でも効果は同じ
  • 食後に飲むと副作用が若干出にくい
  • 食前に飲むと飲み忘れを防止できる
  • メトホルミンは食事と一緒に飲むものと覚えておくといい
  • 飲み忘れても食後1時間以内に飲めばセーフ
  • 忘れていたからといって2回分を1度にまとめて飲んではいけない
  • 他の医薬品と併用する場合は飲み方の違いに注意する
  • 食事をしない時は飲まないほうがいい

メトホルミンを正しく安全に活用して、より高い効果へとつなげましょう。

Q&A

Q&A

メトホルミンと食事の影響に関連してよくある質問にお答えします。

Q.メトホルミンの効果がより出る飲み方はありますか?

A.少しずつ様子を見ながら維持量へと増量してみましょう。
また、メトホルミンの服用を続けながら、食べ過ぎないように意識する、適度な運動を取り入れるなど、薬剤の力だけに頼らない心がけが大切です。
食事療法と運動療法を続けながらメトホルミンを使用してください。

Q.メトホルミンを飲んではいけないタイミングはありますか?

A.シックデイや食事を摂らなかったときに飲むことはやめましょう。
ヨード造影剤を使った検査前または造影時は飲まないでください。
投与後48時間はメトホルミンの服用を再開しないでください。
また、低血糖の症状が出る可能性があるため高所作業など危険を伴う作業をする前はできるだけ飲まないようにするなどの注意が必要です。
自転車や自動車を運転している際も危険ですので症状が出た際は運転をやめ、ブドウ糖や砂糖を摂取するなどの対処をしましょう。

Q.メトホルミンを間違えて飲みました。どうすればいいですか?

A.誤って多く飲んでしまったということであれば、すぐに医師または薬剤師に相談してください。
そのとき、どのくらい多く飲んでしまったのかを確認しておきましょう。