グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る
更新日:2019/12/12

アメーバ赤痢の治療薬

感染症「アメーバ赤痢」の症状改善に効果がある治療薬です。
グー薬局では、内服薬を取り扱っています。

アメーバ赤痢売れ筋ランキング

アメーバ赤痢一覧

  • フラジール

    フラジールはトリコモナス症やアメーバ赤痢の治療に使われる抗菌薬です。即効性があり、胃潰瘍や胃炎で利用されることもあります。

    在庫あり
    (2件)

    1錠90円~

閲覧履歴

アメーバ赤痢とは

「アメーバ赤痢」とは、寄生虫の赤痢アメーバが大腸や肝臓などに感染して生じる病気のことです。

潜伏期間は2~3週間ほどで、断続的な下痢や便秘、腸内ガスの増加などがアメーバ赤痢の症状ですが、数年経っても症状が現れない人もいます。

アメーバ赤痢は発展途上国など衛生状態が悪い地域での感染率が高く、主に食べ物や水を通して細菌が体内に侵入してきます。

日本国内では、口と肛門を接触させる性行為や、男性同士の性行為による感染が多く報告されているそうです。

この病気は5類感染症に定められているため、感染が発覚した場合は1週間以内に最寄りの保健所へ届け出なくてはいけません。

しかし、初期症状で風邪やインフルエンザなどと誤診されることもあるので、症状が改善しない場合はセカンドオピニオンも検討しておきましょう。

症状

アメーバ赤痢に感染した場合の症状は、感染者の10~20%の人に現れます。

感染後、通常2~4週間で下痢や粘血便、しぶり腹、排便時の下腹部痛や不快感などの症状を起こします。

アメーバ赤痢は血液にのって大腸以外の臓器に侵入することがあり、特に肝臓に膿がたまることがあります。

肝臓に膿がたまると、38℃以上の高熱、右わき腹の痛み、肝臓の腫れや吐き気、寝汗、体重減少、倦怠感などの症状が現れます。

アメーバ赤痢の検査

検査方法として、便や膿瘍液、感染組織検体を採取して行う方法と、血液を採取する方法があります。

治療薬

メトロニダゾールを含む薬による治療が一般的です。

重篤な場合や、内服薬を飲むことができない人に対しては、注射による投薬が用いられることもあります。

メトロニダゾールと同系統の薬剤としてチニダゾールも使用されています。

アメーバ赤痢治療薬の売れ筋商品

アメーバ赤痢の治療に有効的な成分メトロニダゾールを含む医薬品として、フラジール

チニダゾールを含む治療薬としては、チニバ(チニダゾール)が海外では使用されています。

アメーバ赤痢の予防と再発防止

アメーバ赤痢を予防するために、トイレの後や調理・食事の前には必ず手を清潔に洗いましょう。

発展途上国など衛生面に問題のある地域では、生水や生野菜、果物などの食品を摂取しないようにしましょう。

また、食品だけではなく、食器や調理器具から感染することもあるのでじゅうぶん注意してください。