こんにちは、ゲスト
上へ戻る

更新日:

メトホルミンとゼニカルは併用できる?それぞれを比較解説!

ゼニカルとメトホルミンは併用できる?それぞれの効果や特徴についても解説

メトホルミンとゼニカルは併用可能です。
それぞれを単体で飲んでも独自のダイエット効果が期待できますが、2つを併用することによって肥満を抑制・防止する抗肥満作用が高まることが認められています。

この記事では、併用によって得られる効果やゼニカルとメトホルミンそれぞれの効果や飲み方などについて解説していきます。

併用するか悩んでいる人や、効果的なダイエットを目指している人は是非最後までご覧ください。

ゼニカルとメトホルミンの併用で得られる効果

ゼニカルとメトホルミンの併用で得られる効果

ゼニカルとメトホルミンを併用すると、脂質と糖質両方の吸収を抑制する効果が得られます。

ゼニカルの脂質の吸収を抑える働きによって摂取カロリーが減り、メトホルミンの糖質の吸収を抑える働きでは体に糖を蓄積にしにくくなるのです。
また、メトホルミンには食欲を抑制する働きもあり自然に食事量が減らせます。

これらすべての働きが体重減少につながるため、2つを併用することでより高いダイエット効果が期待できると考えられています。

このようなダイエット効果が期待できるゼニカルとメトホルミンとはどのような医薬品なのでしょうか。次の項目でそれぞれの共通点や違いを比較しながら解説していきます。

ゼニカルとメトホルミンの比較

では、ゼニカルとメトホルミンの共通点と違いについて解説していきます。

まず、2つの共通点はどちらもダイエット効果が期待されていることです。
また、違う点は下記の通りです。

ゼニカルとメトホルミンの比較
ゼニカル メトホルミン
分類 脂肪吸収阻害薬(リパーゼ阻害薬) ビグアナイド薬
適用 肥満症 2型糖尿病
作用機序
  • ・リパーゼ(消化酵素)の働きを阻害し、脂肪を体内に吸収されにくくする
  • ・分解できなかった脂肪は体内に吸収せず、便として排出する
  • ・肝臓での糖新生を抑制と余分な糖の排泄を促すことで血糖値を下げる
  • ・脂肪燃焼を促進する
  • ・GLP-1ホルモンの分泌量増加によって過剰な食欲を抑制する
効果 脂肪の吸収を抑制する ・血糖値を下げる
・代謝を上げる
・食べ過ぎを防止する
主な
副作用
・油漏れ
・放屁増加
・脂肪便
・排便回数の増加
・便意をコントロールできない
・ビタミン不足
・下痢
・吐き気
・食欲不振
・腹痛
重大な
副作用
・重い肝機能障害
・腎機能障害
・胆石症
・乳酸アシドーシス
・低血糖
・重い肝機能障害、黄疸
・横紋筋融解症

ゼニカルとメトホルミンの主な違いは作用機序、効果、副作用の3点です。

ゼニカルは脂肪吸収を抑制し、分解されなかった脂肪を便として排出することで摂取カロリーが抑えられます。
そして、メトホルミンは血糖値を下げる効果と代謝を上げる効果によって体に糖を蓄積しにくくなります。さらに、食欲を抑制する働きによって食事量が減ることで体重減少につながると考えられています。

このように異なる効果と作用機序によってダイエット効果が期待できるのです。

どちらの方が痩せる?

ゼニカルとメトホルミンをそれぞれ単体で飲む場合、ゼニカルの方が高いダイエット効果があると考えられます。

海外の試験において、ゼニカル120mgを1年間継続して飲んで6.1kgの減量に成功したという結果があります。この試験を受けた1,561人のうち元の体重から5%以上減った人は45.3%、10%以上減った人は20.2%でした。また、ゼニカルは飲み始めて2~3週間程度で体重が減少し始めると言われています。

一方、メトホルミンは国内の試験において飲み始めてから26週で有意な体重減少が認められ、54週間(約1年)継続して飲んで1.2kg体重減少したという結果があります。

以上の結果からゼニカルの方が短期間で体重減少が望めることが分かります。
ただし、どちらも効果の実感には個人差があります。そのため、一定の期間継続して飲むことが必要です。

ゼニカルはこんな人におすすめ

ゼニカルはこんな人におすすめ

ゼニカルは短期間で体重を減らしたい人普段から脂質の多い食事をしている人におすすめです。
ゼニカルによって脂肪の吸収を抑えることで体重減少や体型維持の効果が期待できます。

なお、ゼニカルは肥満治療薬ですが、健康な人でも飲める医薬品です。
また、他の減量で使われる医薬品と異なり、便の様子が変わるという特徴的な副作用以外は心身への影響が少なく、副作用も少ないといわれています。

ゼニカルの飲み方

ゼニカルの飲み方

ゼニカルは1錠(120mg)を1日3回、食事中または食後1時間以内に飲みます。

食事の内容に合わせて飲めるため、脂質が少ない食事のときは飲まなくても問題ありません。食事内容から飲むか判断するようにしましょう。

ただし、1回に120mg以上飲んでも追加の効果は期待できません。
飲み過ぎは副作用も懸念されるため1回の用量以上は飲まないでください。なお、1日の最大量は3錠までです。

ゼニカルを飲むときの注意点

ゼニカルを飲むときの注意点はビタミン不足になりやすいことです。

これは、ゼニカルの脂肪の吸収を抑制する効果によって、脂溶性ビタミンの吸収まで阻害されてしまうためです。ビタミンが不足するとビタミン欠乏症を引き起こす可能性があるため注意が必要です。マルチビタミンを飲むなどの対策をとりましょう。

そして、下記の状態に該当する人は禁忌のためゼニカルを飲めません。

  • ・ゼニカルに含まれる成分に過敏症の既往歴がある
  • ・慢性吸収不良症候群
  • ・胆汁うっ滞
  • ・甲状腺機能低下症
  • ・妊娠中

また、下記の医薬品は併用注意薬に指定されています。

  • ・シクロスポリン
  • ・レボチロキシン
  • ・ワーファリンなどの抗凝固薬
  • ・アミオダロン
  • ・抗てんかん薬
  • ・抗レトロウィルス薬(HIV治療薬)

これらの医薬品とゼニカルを併用する場合は注意が必要です。もし何か気になる症状が出た場合は医師に相談してください。

メトホルミンはこんな人におすすめ

メトホルミンはこんな人におすすめ

メトホルミンは時間をかけて体重を減らしたい食欲を抑えたい副作用を少なくしたいという人におすすめです。

また、メトホルミンは健康な人でも飲める医薬品です。インスリンの分泌を増加させないため、単体で飲む場合は低血糖が起こりにくいとされています。そのほかの副作用も重大なものが少ないというメリットがあります。

なお、メトホルミンのダイエット効果については別の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせてお読みください。

メトホルミンの飲み方

メトホルミンの飲み方

ダイエット目的の場合は、1回250mgから始めて1日2回食前または食後に飲みます。飲み始めてから1ヶ月程度経過したら少しずつ増量していきます。維持量としては1回500mgを1日2回、食前または食後に飲む人が多いです。なお、1日に飲める最大量は2,250mgです。

また、メトホルミンは糖尿病治療とダイエット目的の場合で飲み方が異なります。糖尿病治療の場合は人によって飲む量や回数が異なるため、医師から処方された飲み方に従いましょう。

そして、飲むタイミングは食前と食後どちらでも問題ありません。しかし、食事をとらないときに飲むと副作用が起こるリスクが高まるため控えてください。

メトホルミンを飲むときの注意点

メトホルミンを飲むときの注意点は1日の最大摂取量である2,250mg以上飲まないことです。1日に2,250mg以上飲んでしまうと、副作用を引き起こすリスクが高まります。

また、メトホルミンにも禁忌事項があります。特定の疾患や症状がある人、過度のアルコールを摂取したときは禁忌となるためメトホルミンを飲めません。
該当する疾患や症状など、メトホルミンの禁忌については別の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせてお読みください。

まとめ

ここまでにお伝えしたことのポイントをまとめました。

  • ゼニカルとメトホルミンは併用することでより高いダイエット効果が期待できる
  • どちらも体重減少効果が期待できるためメディカルダイエットに活用されている
  • ゼニカルとメトホルミンの効果を実感するまでにかかる時間には個人差がある
  • 体重減少効果を実感するためには用法用量を守って一定期間継続して飲むことが大切

メトホルミンに関するQ&A

Q&A

ゼニカルとメトホルミンについてのよくある質問にお答えします。

Q.ゼニカルの「油漏れ」とは?

A.油漏れはゼニカルの副作用のひとつです。

油漏れとは体内で吸収されなかった脂肪が漏れてしまう症状のことです。無意識に排泄されるため、完全に防ぐことは難しいとされています。

対策としては、油漏れの量を減らすために脂質の少ない食事を選ぶ、油を吸収できる紙おむつやナプキンを使用するなどが挙げられます。

Q.メトホルミンはダイエット薬?

A.メトホルミンはダイエット薬ではありません。

メトホルミンは2型糖尿病の治療薬です。
食べ過ぎを防止する、血糖値を下げる、代謝が上がるといった効果が体重減少につながると考えられるため、ダイエット効果が期待されています。

なお、ダイエット目的でメトホルミンを飲む場合は保険適用外で自由診療になります。