こんにちは、ゲスト
上へ戻る

更新日:

ルネスタ(エスゾピクロン)が効かない時の対処法

ルネスタはエスゾピクロンを有効成分とし、効果が現れるのが早いことで知られています。

しかし、ルネスタを服用しているものの、あまり眠れないという方は意外と多くいらっしゃいます。

なぜルネスタを飲んでも効かないのか、それには体質や耐性、飲み方などさまざまな理由が考えられます。

この記事ではルネスタを飲んでも効かない原因や対処法について、詳しく解説していきます。

ルネスタ(エスゾピクロン)が効かない主な原因

ルネスタを服用しても効かない場合に考えられる主な原因を、3つに分けてご紹介します。

ご自身に当てはまる内容がないか、確認してみてください。

誤った服用をしているため

ルネスタの効果が実感しにくい原因として、まず服用方法を誤っている可能性が考えられます。

超短時間型に分類されるルネスタは、服用から約1時間で効果が現れます。

従って、就寝前に1回1錠が基本的な服用方法です。

また食後の服用や、カフェイン・アルコールと一緒に飲むことで効果が弱まることも明らかにされています。

ルネスタは寝床に就く前に、水やぬるま湯で飲むようにしてください。

体調や体質によって効き目が変化するため

ルネスタは、服用した方の体調や体質により効き目が違います。

一度服用して効果があった方でも、そのときの体調によってはルネスタの効き目が弱まる可能性もあります。

また医薬品の効果は体質による影響も大きく、人によってはルネスタを服用しても効果を感じられないこともあります。

何度か服用してみて、それでも効き目を感じられない場合は体質に合っていない可能性が考えられるため、他の睡眠薬に切り替えることも選択肢のひとつです。

睡眠薬の使い過ぎで耐性が生じるため

睡眠薬は使い続けると、その薬に対する耐性ができることがあります。

すると同じ量を服用していても、次第に効果が感じられにくくなります。

ルネスタは耐性が作られにくい睡眠薬ですが、耐性を生じる可能性はゼロではありません。

従って毎日服用するのではなく、どうしても眠れないときだけ服用したり、不眠の症状が改善され始めたら服用量を減らしたりすることがおすすめです。

ルネスタ(エスゾピクロン)が効かない時の対処法

ルネスタを服用しても効果が感じられない場合の対処法について、3つの方法をご紹介します。

ルネスタ1mgや2mgでは効果を感じない場合

ルネスタには、1mg・2mg・3mgと3種類の用量があります。

当サイトで販売しているルネスタジェネリックのハイプナイトは、1mg~3mgの3種類から選んで購入することができます。

  • ハイプナイト

    ハイプナイト

    ハイプナイトは、眠気が翌日まで残る心配が少なく、効果が軽いものを求める方、寝つきが悪い方、夜中に目が覚めてしまう方、翌日に眠気を残したくない方などにおすすめです。

現在1mgや2mgを服用している方で効果を感じられない場合、増量を検討することをおすすめします。

増量の際は一気に増やすのではなく、1mg→2mg、2mg→3mgと段階的に上げるようにしましょう。

用量の調節がしやすいため、ご自身の希望に合わせてお選びください。

ただし成人の方は1回3mg、高齢者の方は1回2mgを上限とし、これを超えないように注意が必要です。

またルネスタの服用方法は、1日1錠です。

1回に2錠服用することは推奨されていないため、基本的な服用方法は守るようにしてください。

ルネスタ3mgでも効果を感じない場合

ルネスタは、3mgが1日に服用できる最大量です。(高齢者の方は2mgが限度)

3mgを服用しても効果が感じられない場合は、ルネスタでは効果が期待できないため他の睡眠薬に切り替えることをおすすめします。

ルネスタと同じ「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」に分類される睡眠薬では、アモバンやマイスリーがあります。

3種類の睡眠薬の強さを比較すると、ルネスタ2.5mg=アモバン7.5mg=マイスリー10mgに換算されます。

アモバンなら最大10㎎まで服用できるため、ルネスタ3mgで効き目が物足りない方も十分な効果が期待できます。

グー薬局では、ルネスタ以外の睡眠薬も豊富に取り揃えています。

ルネスタ3mgから切り替えをお考えの方は上記の内容を参考にし、適した睡眠薬をお探しください。

睡眠薬の効果を高めるために生活習慣を見直す

ルネスタなどの睡眠薬の効果を高めるためには、服用方法や生活習慣などの見直しも大切です。

見直したいポイントは、次の4点になります。

・就寝の直前に服用する
・用法用量を守る
・アルコールやカフェインとの併用は避ける
・必要最低限の服用に留める

ルネスタは寝つきを改善する睡眠薬であり、服用から1時間ほどで効果が現れます。

就寝の直前に服用し、安全のためにも用法用量を守ることが重要です。

依存性や耐性のリスクが低いものの、使いすぎるとルネスタに頼りすぎてしまい、服用をやめられなくなる恐れがあります。

必要最低限の服用に留めながら使用するようにしてください。

またアルコールやカフェインとの併用は効果が弱まったり、副作用が起こりやすくなったりすることがあります。

服用の際はお酒やコーヒー、お茶などは控えることがおすすめです。

病院で効果の強い睡眠薬を処方してもらえない場合

病院を受診した場合、医師が処方する睡眠薬を決めるため自分の希望に沿わない場合もあります。

しかし、個人輸入代行サイトであれば、自分が希望している睡眠薬を購入することが可能です。

効果の強い睡眠薬もネット注文により、一般的な通販サイトと同様に自宅にいながら手軽に入手できます。

よくある質問

ここでは、ルネスタについてよくある質問をまとめています。

服用の際に疑問やお悩みがある方は、以下の内容を参考にしてみてください。

ルネスタが効かないので他の睡眠薬を併用しても大丈夫ですか?

ルネスタが効かないからといって他の睡眠薬を併用すると、思わぬ副作用が発生する可能性があります。 他の睡眠薬を試してみたい場合は、自己判断をせずに必ず医師にご相談ください。

ルネスタはどれくらいの頻度で服用すべきですか?

ルネスタを含む睡眠薬は、長期間服用し続けると耐性ができてしまい、効果を感じられなくなります。 従ってどうしても眠れない場合など、必要最低限の服用に留めることをおすすめします。

ルネスタはほかの睡眠薬と比較して効果が強いですか?

ルネスタは他の睡眠薬と比べると効果が穏やかで、副作用も少ないです。 安全性の高いルネスタですが、もしも効果が不十分だと感じた場合はより強い効き目のあるアモバン、マイスリーなどをおすすめします。 ただしアモバンやマイスリーは市販されておらず、入手するには病院で処方してもらう必要があります。

どれくらいの服用期間でルネスタは効かなくなりますか?

耐性のできやすさには、個人差があります。 ルネスタを服用しても最初から効果を感じられない方もいれば、半年ほど服用しても効果に満足している方もいらっしゃいます。