グー薬局

×
こんにちは、ゲスト
上へ戻る
更新日:2020/04/21

インフルエンザ

インフルエンザは、感染初期の段階で治療薬を服用することにより、症状の早期改善・回復が期待できます。

当サイトでは、インフルエンザの症状改善や予防効果がある治療薬を取り扱っています。

インフルエンザ・風邪売れ筋ランキング

インフルエンザ・風邪一覧

  • アンチフル(タミフルジェネリック)

    アンチフルは、A型・B型インフルエンザウイルスの治療・予防薬です。

    インフルエンザウイルスの増殖を阻止する働きによって、症状を改善します。

    在庫あり
    (1件)

    1錠363円~

  • オセフル(タミフルジェネリック)

    オセフルは抗インフルエンザ薬です。

    A型・B型インフルエンザウイルスの増殖を阻止して、症状を改善・治癒します。

    在庫あり
    (6件)

    1錠196円~

  • タミフル

    タミフルは世界で初めて開発された抗インフルエンザ薬です。

    A型・B型インフルエンザウイルスの増殖を阻止して、症状を改善・治癒します。

    在庫あり
    (0件)

    1錠1,035円~

  • アマントレル

    アマントレルは、A型インフルエンザウイルスの治療薬です。

    日本国内で承認されているインフルエンザ薬、シンメトレルのジェネリック医薬品です。

    在庫あり
    (0件)

    1カプセル55円~

  • コルタリン

    コルタリンは頭痛・発熱・鼻水など風邪の諸症状を緩和する総合風邪薬です。

    花粉症やアレルギーによる諸症状を緩和させる効果もあります。

    在庫あり
    (0件)

    1錠83円~

  • アマンタジン

    アマンタジンは、日本国内で承認されているインフルエンザ薬、シンメトレルのジェネリック医薬品です。

    A型インフルエンザウイルスの増殖を抑えて症状を軽減し、治癒までの期間を早めます。

    在庫あり
    (1件)

    1錠62円~

  • コルタリンGP

    コルタリンGPは頭痛・発熱・鼻水・咳など風邪の諸症状を緩和する総合風邪薬です。

    花粉症やアレルギーによる諸症状を緩和させる効果もあります。

    在庫あり
    (1件)

    1錠79円~

閲覧履歴

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こる感染症です。

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型 の3種類があり、季節性インフルエンザとして主にA型、B型が毎年流行しています。

日本では毎年11月下旬から12月上旬にかけて発生し、1月~3月に流行のピークを迎えます。

インフルエンザは重症化することもあり、毎年一定の死者も出ている病気のため、もし感染した場合は早期の治療が重要になります。

※参考サイト:Wikipedia| インフルエンザ

インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路は、主に3つです。

①飛沫感染
感染の1番の原因とされているのが、飛沫感染です。
インフルエンザウイルスを含んだ咳やくしゃみが飛び散ると、それを吸い込むことによって感染します。

②接触感染
ドアノブや電気のスイッチにウイルスが付着していた場合、その部分に触れた手で鼻や口を触ることによって感染します。

③空気感染
換気されていない締めきった空間では、インフルエンザウイルスに感染した人の呼吸によってウイルスが周囲に拡散し、感染します。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルスに感染すると、1日~3日ほどの潜伏期間を経て、発熱、鼻水や鼻づまり、咳、悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛、食欲普通、体のだるさなど全身に様々な症状が現れます。

特に発熱は38度以上の高熱が出ることも多く、一般的な風邪に比べると症状が重くなります。

一般的に、インフルエンザによる症状は約1週間ほどで落ち着きます。

ただし、小児や高齢者、免疫力が低下している人が感染した場合は症状が重症化したり、肺炎などの合併症を生じる場合があるため注意が必要です。

インフルエンザの対処法

インフルエンザウイルスに感染した場合、発症から48時間以内にインフルエンザ治療薬(抗ウイルス薬)を服用することで、早期の改善・回復が期待できます。

インフルエンザ治療薬を服用した後は安静にし、睡眠を十分にとり休養してください。

また、高熱による脱水症状を防ぐためにもお水やお茶、ミネラル分が含まれるイオン飲料など水分を多く摂るようにしてください。

なお、体力を回復するためにも食事はゼリーやおかゆ、うどんなど、食べやすいものを食べるようにしてください。

もし何も食べられない、食べても吐いてしまうという場合は、病院で点滴を受けることもできます。

インフルエンザの予防法

インフルエンザは毎年流行するものですが、日常生活において予防することが可能です。

効果的な予防法は、以下の5つです。

①ワクチンの接種

インフルエンザワクチンの接種は、インフルエンザウイルスに対して有効な予防法です。

受ける時期としては、インフルエンザ流行時期の1~2ヵ月前(12月の中旬前までに)までの接種が望ましいとされています。

ワクチンを接種すれば必ずインフルエンザにかからない、という訳ではありませんが、仮に感染した場合、症状を抑えたり重症化を防ぐ効果が期待できます。

②予防薬を服用する

インフルエンザ治療薬には、予防薬としての効果を発揮する薬もあります。

家族がインフルエンザにかかってしまった、など身近な人に感染者が出た場合は、予防薬を服用することでインフルエンザを予防できます。

③マスクの着用と手洗い・うがいの徹底

インフルエンザは、飛沫感染や接触感染が主な原因となって感染します。

そのため、外出時はマスクを着用し、こまめな手洗いやアルコール消毒、うがいを行うことで、飛沫感染や接触感染を防ぐことができます。

また、日頃から手洗いや消毒を行うことは、インフルエンザ以外の風邪や病気の感染予防にも繋がります。

④人混みを避ける

人混みでは、インフルエンザの飛沫感染や接触感染の可能性が高くなります。

インフルエンザが流行する時期は、人が混み合う繁華街やショッピングモールなどへの外出は避けましょう。

どうしても外出する場合は、マスクの着用と手洗い・うがいを徹底してください。

⑤こまめな換気と湿度調整

インフルエンザウイルスの空気感染を防ぐために、1~2時間に1回、必ず部屋の空気を換気しましょう。

また、インフルエンザウイルスは湿気に弱いため、加湿器などを使って室内の湿度を50~60%に保つことを心がけてください。